makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【コロナ騒動の話】ジャニーズWEST「中間淳太」氏の炎上は、本当に炎上なのか?(後編)

前回記事の続きになります。テーマは、「コロナウイルス騒動」について。

ちなみに、前回記事は以下。

tenamaka26.hatenablog.com

 

世界中で病気蔓延の話が湧いてきて、既に3年目に突入。あと半年もしないうちに4年目に突入するのですが…

世界の中でも、日本は「かなり取り残された状態」に陥っている。そう見えます。

 

その取り残され具合について、先日の大阪ABCテレビ『正義のミカタ』が特集を組み、解説を流していました。

www.asahi.co.jp(2022/7/31閲覧)

 

この特集の中で、出演者のひとりである「ジャニーズWESTの中間淳太」氏が、「僕、最早コロナは、心の病気だと思います」と発言。これが一部ネット民の怒りに触れ、ツイッターを中心にプチ炎上していた模様です。

まぁ、トレンド上位に食い込むこともなく、どこかのネットニュースで取り上げられたワケでもない。積極的に扱うのは「粗悪トレンドブログ」くらいのもので、炎上という言葉が適当かどうかも分からない程度のものでしたねぇ。

念の為、「中間淳太 コロナ」というワードでニュース検索してみました。結果は以下。見事にスルー状態です。炎上として扱う意味がない為、各社も触れなかったと思われます。

www.google.com(2022/7/31閲覧)

 

------------------------------------------

 

では、なぜそんな下火で終わったのか?

 

その詳しい理由は、前回の当ブログ記事で解説しています。

簡単に説明すると、「番組をきちんと視聴していれば、中間氏の言いたいことが理解できる」「怒っている者の多くは、切り取り情報だけを見て反応しており、安直である」というもの。

「心の病気」という”噛みつかれ易い言葉”を使ったのはミスだとしても、中間氏の本意を理解していれば、そう簡単に燃やす気にはならない。これが下火で終わった理由だと考えます。

 

ソースを確かめずに、安易に騒ぎへ参加する者が存在する。これ、ネット社会の特徴であり、いつまで経っても完全解決は無理。

我々に出来ることは、「せめて自分だけは、根拠薄弱のままで騒ぎに参加しない」と用心するくらいです。この心構えがあるだけで、騒ぎに加わる確率は随分減少します。

 

ソース不明の炎上に参加することは、一歩間違えば「デマ拡散」になってしまいます。

デマ拡散行為は、程度によっては犯罪・不法行為と見做されます。警察の世話になったり、損害賠償を払う羽目になりかねない。気を付けましょう。

 

------------------------------------------

 

しかしまぁ…

『正義のミカタ』は、なかなか興味深い話を提供してくれることが多い。他の情報バラエティとは、かなり路線が違います。

とはいえ、鵜呑みは禁物です。筆者の場合は、必ず裏を取ります。今回の「コロナ騒動特集」に関しても同様。

 

そんな「裏を取った情報」の中から、特に目に付いたものを3つ、当記事にてご紹介致します。

 

------------------------------------------

 

(1)新規感染者数を熱心に追いかけている国は、どんどん減っている。日本はそれに逆行していて、それ故に新規感染者数が世界一になってしまうのも当然。

 

この話は、京大大学院の藤井教授が仰っていたもの。

藤井氏は、つい最近ヨーロッパへ出張。学会に参加してきたそうです。その際、ヨーロッパの街の光景を見るに、「ヨーロッパでのコロナ騒動は、もう終わった話だ」と感じたとのこと。

 

例えば、マスク。付けている人はほぼいない。日本とは大違いです。

例えば、検査。大規模なPCR検査場が、現地の空港ターミナル設置されています。しかし、酷くガラガラ。検査を受けるのは、日本の様に「入国審査の際、陰性証明を求められる国」へ向かう人だけ。積極的に検査する人は激減している。

例えば、感染者・死者数の報道。有名な通信社「ロイター通信」では、これまで毎日・世界中のコロナ関連情報を収集し、自社HPにて各種数値を発表してきました。が、2022年7月15日をもって、更新を止めています。つまり、「もう注目しても仕方ない」と判断されてしまったということ。

graphics.reuters.com(2022/7/31閲覧)

 

世界各地の検査実施傾向が変化している。この話は、日本の厚生労働省も把握しています。

厚労省HP・2020年7月20日付記事によると、日本の新規陽性者数の増加スピードは、世界的に見てもブッチギリ(107%増加)です。しかし、死者数はトップ5に入っていない。ここは注目すべき点ですね。

www.forth.go.jp(2022/7/20)

新型コロナウイルス感染症における症例及び死亡の傾向については、いくつかの国が検体採取方式を積極的に変更し、全体の検査数が減少して結果的に検出される感染者数が減少するため、慎重に解釈する必要があります。

さらに、各国によって後ろ向きに生じた定期的な変化を組み込みながら、データが継続して更新されます。


 
各国別では、新規感染者数が多い上位5か国は、米国(866,479人、18%増加)、フランス(757,830人、15%減少)、イタリア(718,925人、9%増加)、ドイツ(602,930人、3%減少)及び日本(559,111人、107%増加)でした。

また、直近1週間における新規死亡者数が多い上位5か国は、米国(2,345人、5%増加)、ブラジル(1,751人、7%増加)、イタリア(784人、37%増加)、スペイン(610人、1%減少)及び中国(576人、17%減少)でした。

https://www.forth.go.jp/topics/20220722_00001.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

------------------------------------------

 

(2)PCR検査が、単なる金儲けの場になっている。

 

news.tv-asahi.co.jp(2022/7/29)

検査を受けた女性(19):「久しぶりの帰省で、ちょうど通り掛かったので。500円の商品券、前ももらいました。うれしいですね」

商店街で使うことができる500円分の商品券です。

 

検査を受けた女性:「(Q.検査は何回目?)9回目です。今まで、ちょっとはやってきたと思うと、心配になって受けるので」「(Q.商品券は、9回とも受け取った?)はい。そうですね」

 

SNS上には、他の無料検査場でも、商品券やギフトカードをもらったという投稿がいくつもあります。

ツイッターから:「無料PCR検査したら、なぜか1000円分のQUOカードくれた」「アマゾンギフト券もらえたし、5分で500円なんてめっちゃいいじゃん。また行こう」

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000263212.html

 

上記記事は、東京都の話。「PCR検査を無料で受けて、なおかつ商品券まで貰える」というケースが増加しているとのこと。

これには、カラクリがあります。

 

検査を行う事業者は、検査に使う道具費用等、実費は全額「東京都」から支給されます。検査1回につき決められた金額(手間賃みたいなもの。1回3000円)も、同様に支給されます。その原資は、全て税金です。

こういう仕組みの為、500円の商品券を配っても、元が取れるワケです。これでは検査の乱発を招き、医療現場は混乱する筈。

 

そもそも、PCR検査は「100%絶対確実なものではない」「誤検出が発生する」と、当初から言われているもの。それを乱発すればどうなるか?

医療現場の受け入れ態勢を考えず、金儲けに傾いた検査体制。非常にバランスが悪い。問題ですね。

 

------------------------------------------

 

(3)「濃厚接触者の追跡と隔離」は、2022年秋以降に廃止される可能性アリ

 

現在、日本国内におけるPCR検査陽性者数が激増しており、医療体制が再び逼迫しています。

その大きな原因が、「コロナ感染症を、感染症法の二類相当と位置付けている」という点。

二類相当とは、「結核と同等か、それ以上」という扱い。要は、「厳しく隔離しなければいけない」という扱いのこと。

 

確かに、コロナ感染症は広がり易い。しかし、現在の日本における致死率は1%以下であり、「検査で陽性になっても無症状のままで終わる」という方が大半。これを全て隔離措置で対処しようと思えば、必ず歪みが生じます。

顕著かつ深刻なのは、インフラへのダメージです。検査陽性者数が増え、それに伴って濃厚接触者数も増え、隔離される人が激増中。その結果、郵便の窓口業務担当者や、公共交通機関の運転手等が減り、最悪の場合は業務停止へ追い込まれる。

インフラが動かないと、社会経済へのダメージは必至。仕事が出来なくなり、給料が減り、失業する人も出るでしょう。その流れを放置すると、経済苦を原因に自殺する人も増加します。

www.nagoyatv.com(2022/7/29)


致死率の低い病気を必死に防御した結果、自殺者が激増した。こうなれば本末転倒です。故に、「コロナの扱いを、もっと緩くしたらどうか?」という意見が、以前から出ています。

その動きが、やっとこ前へ進み始めています。

www.asahi.com(2022/7/29)

 

ただ、岸田首相の得意技「検討する」という所で止まっており、実施するとは言っていない。

加えて、今夏に緩和が実施されることはない。早くても今秋以降。

まぁ、急ぐあまりに支離滅裂な決定をするよりかは、慎重に動く方がよいのかもしれません。が、動きは相変わらず遅く、「やってるフリ」と揶揄されるのも仕方ない。

 

------------------------------------------

 

以上3点。『正義のミカタ』から得た情報を、筆者なりに調査・裏取りした結果を述べさせて頂きました。読者様の参考になる情報がありましたら、幸いです。

 

なお、先日の『正義のミカタ』を見て、気になった点は残ります。それは、「コロナ後遺症」や「ワクチンによる薬害」に触れていなかったこと。

まぁ、与えられた時間がたった30分。そこまで触れるのは難しい。しかし、コロナ騒動を鎮める為には、後遺症等の問題も深堀りする必要があります。

今後の番組展開に期待したいところです。

 

 

--------------(記事了)--------------