makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【マナー講師炎上騒動の話】マナー講師と霊媒師

今から1ヶ月ほど前。

NHKの番組「チコちゃんに叱られる!」が大炎上を招き、話題になっていました。

覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

炎上理由は、「番組に出演していたマナー講師が、パワハラ紛いの指導をしていた」というもの。

「見ていて嫌な気分になる」「講師のマナーが未熟」との反感を視聴者から買い、結構な騒動になっていました。

maidonanews.jp(2022/5/23

21日放送のNHK「チコちゃんに叱られる!」に鬼マナー講師として知られる女性が出演し、その厳しい指導を受けた番組スタッフが泣き出した際のやりとりが物議を醸している。

ネットでは「パワハラだ」「下品なのはあなたの方では」などの声が上がり、一時、激しい炎上状態に。

番組では「フォークの歯が4本なのは、スパゲティを上手に食べるため」という説を立証するため、歯が2~5本のフォークを用意。スタッフがそれぞれのフォークでスパゲティを食べ、どれが最もマナー的に良く食べられるかを実験した。

その際、マナー講師から強い言葉でダメ出しを連発された女性スタッフが涙を見せ、「泣くな! ええ年して」と一喝される場面があった。

番組作りにハラスメント防止などの厳しい社会的規範が求められるようになっている今、これが視聴者やネットユーザーの顰蹙(ひんしゅく)を買った。

https://maidonanews.jp/article/14627905より。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

------------------------------------------

 

炎上したのは、マナー講師の「平林都」氏。

この方、「マナー講師としては優秀な方」との評判ですが、毒舌芸風でも知られた方。その芸風が、見事に裏目に出たが為、今回の炎上に至ったのでしょう。

 

ただ、炎上ネタが出現した場は、テレビ番組です。番組制作側から「もっと厳しくやってくれ」等というリクエストが飛んだとしても、全く不思議ではない。仮にそうだとすれば、マナー講師だけでなく制作側にも責任があります。

更に、炎上番組を制作・放送したのが、「受信料の強制徴収について、常に問題視&嫌悪されるNHK」です。普段から評判が悪い為、何かあった時に炎上し易い。番組制作サイドは、非常に迂闊でした。

 

まぁ、「炎上をなかったことにする」という行動に出ず、NHK会長が謝罪している。そこはまだマシですけれど。

www.sponichi.co.jp(2022/6/2

NHKは2日、東京・渋谷の同局で定例会見を行った。前田晃伸会長が、5月21日に放送された「チコちゃんに叱られる!」で“鬼のマナー講師”の異名を持つ平林都氏(61)の言動を巡って一部で炎上している騒動について言及した。

前田会長は「ご批判をいただくことはあってはいけない。放送では様々なことが起きるが、このようなご意見には真摯に受け止めて対応するしかない」とした。

担当者も「様々なご意見を真摯に受け止めた上で、制作現場でも番組の在り方について検討に入っている。今後の放送に活かしていきたい」とした。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/02/kiji/20220602s00041000521000c.html

 

------------------------------------------

 

筆者が思うに…

「マナー」とは、「相手を不快にさせない為のもの」である筈。

そして、”相手”というのは、相対する方だけでなく・周囲の方をも含む筈。

大勢が見ている前で、「この人の所作は、非常に不快だ」と思われてしまう行動をやらかした場合、マナー違反といえます。

 

今回の炎上騒動では、マナー講師の振る舞いを見た多くの視聴者が、不快さを感じた。この時点で、マナー講師としてはNGでしょう。

自らが不快を振りまいているのに、他人にマナーを教えようとしても説得力がない。

 

------------------------------------------

 

また、マナーは「他人を不快にさせない為のもの」ですから、受け取り手の多数決で決まる筈

講師の言う正解が、常に有効なものとは限らない。

 

もっと言えば、「相手が不快に思う確率を、できるだけ減らす」「不快に思う人を、できるだけ少数にする」というのが、マナーの目的&極意でなければおかしい。

故に、マナーを語るプロには、「統計学的に信頼できる調査結果」を背景・土台にして語ることが必須…と考えます

 

根拠のある調査結果を示し、「こうすれば、不快に思う人が少ない」「不快に思う人が、○○パーセント減少する」等という説明を添え、マナーを語る。これが説得力を生みます。

従って、「~とされています」程度では駄目でしょう。根拠が曖昧ですからね。

明確な根拠がないままでマナーを語ると、一歩間違えれば「オカルト」の域に入ってしまいます。マナー講師ではなく、霊媒師みたいなことになってしまう。

 

------------------------------------------

 

マナー講師が炎上するのは、オカルト的要素が強く滲み出た時である。

根拠が曖昧なまま断言し、相手に押し付けた時である。

今回の炎上騒動を考え、筆者が得た結論はコレ。マナー講師として飯を食っている方々、如何ですか?

 

 

--------------(記事了)--------------