makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【選挙の話】変化が起きたことは喜び。しかし、改善に繋がるか?は、未だ謎(前編)

参議院議員選挙が、すぐそこまでやって来ています。

というワケで、今回は「選挙の話」をば。

 

------------------------------------------

 

本日昼頃。筆者がツイッターを見ていると、トレンドに「開票状況」等という言葉が浮上しました。これ、明らかに”選挙関連ワード”です。

本日は月曜日。公的な選挙は、普通日曜日に投開票を実施します。そして、多くの場合は同日中に結果が判明します。翌日・月曜日の昼頃まで引っ張ることは、あまりない。あるとすれば、「国政選挙クラスの大規模選挙&激戦区で稀に発生する」という程度です。

 

筆者は、頻繁にニュースをチェックします。

が、ここ最近の大規模選挙といえば、これから実施される参議院議員選挙くらい。各地で首長選挙や議員選挙等は実施されていますが、決して大規模とまではいえない。

そんな状況下で、どうも激戦を繰り広げている選挙があり、翌日昼まで引っ張っている。

 

筆者は、「一体どこの選挙なのか?」と思い、調べてみました。

その選挙は、東京の杉並区長選挙。最終的な1位と2位の差は、僅か187票でした。

これは、近年でも指折りの激戦といえるでしょう。

mainichi.jp(2022/6/20)

www.yomiuri.co.jp(2022/6/20)

www.tokyo-np.co.jp(2022/6/20)

www.sankei.com(2022/6/20)

 

任期満了に伴う東京都杉並区長選が20日に開票され、新人でNGO研究員の岸本聡子氏(47)=立憲、共産、れいわ、社民など推薦=が、4選を目指した現職の田中良氏(61)、新人で元区議の田中裕太郎氏(46)の無所属候補3人による選挙戦を制して初当選した。

次点の田中良氏と187票差の接戦だった。

 

投票率は37・52%(前回32・02%)。

https://mainichi.jp/articles/20220620/k00/00m/010/101000cより。改行等は筆者によるもの)

 

------------------------------------------

 

とりあえず、現在までに判明していることは、以下

 

◆野党系候補が、現職(3期12年)の候補を、僅差で破った。
◆敗れた現職は、元々は野党系であった。出馬時の肩書は「無所属」であった。が、近年は元・自民党国会議員であった「石原伸晃」氏に接近しており、無所属とは言い難い状況であった。
◆今のところ、「票の数え直し」「裁判沙汰」「選挙違反」等の話は出ていない。

このままいけば、「岸本聡子氏が、僅差で勝利確定」となりますね。

ただ、何しろ「約200票の僅差」である為、敗れた候補が何らかの動きを見せるかも知れません。筆者が思うに、完全確定はもう少し先ではないか?…と。

 

なお、「何故に、3期12年の現職であり、自民党にも近い候補が敗れたのか?」については、当記事では触れません。申し訳ありませんが、筆者が杉並区長選を詳しく分析していない為、勝因・敗因に言及できない。

強いて言えば、「昨年、現職候補が、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令中に、控える様に言われていた”他県への移動”をやっていた」という話くらいですね。この話が、現職候補にダメージを与えた可能性は、決して少なくないでしょう。

www.sankei.com(2021/9/13)

杉並区の田中良区長が7月、東京都で緊急事態宣言が発令されている中、区内の経済団体との会合参加のため、公用車で群馬県のゴルフ場に行っていたことが13日、関係者への取材で分かった。

東京都はこの時期、都民に不要不急の都道府県境を越えた移動自粛を要請していた。

田中区長は産経新聞の取材に対し、「会合は現場と意見交換する貴重な機会だった。公用車の使用は公務であり全く問題ない」との認識を示した。

14日夜の会食で酒類が提供されたかどうかについては、「あったかもしれないが覚えていない」と言葉を濁した。

https://www.sankei.com/article/20210913-6JYDM2TSDZN7DHHNYC2WK2FLE4/

 

------------------------------------------

 

で、この選挙結果を受けて、ツイッター上は賛否両論の嵐。

「杉並区の有権者は、賢明な判断を下した」という意見が出たと思えば、「杉並区の有権者は、かなりの愚か者だ」と批判する意見も出る。

結構なカオス状態になっていました。

 

ただ、筆者に言わせれば、「その両方が間違い」

肯定派・否定派共に、ズレた発言をしている。そう考えます。

 

では、何故そう考えるのか?

杉並区長選を熱心に追いかけていなかった筆者が、「どっちも間違い」と判断する理由は何か?

…それについては、次回記事にて。長くなるので、本日はここまでとさせてください。

 

 

--------------(記事了)--------------