makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【今週のお題】本の”中身”は、ご自由に

今週のお題「本棚の中身」より~

 

 

筆者所有の本棚は、何の変哲もないただの本棚です。

蔵書も雑多。哲学書や語学書といった「お堅いもの」から、特撮やサブカル関係の「趣味全開のもの」まで、広く揃っています。漫画も少々。

ただ、最近は「読書アプリ」や「電子書籍」に頼ることが随分増えて、紙の本を買う機会が減りました。故に、本棚の見た目が然程変わっていません。

 

そんな今、「是非本棚に加えたい」と考え、探している本があります。

どんな本か?…というと、以下の様なもの。

アンティーク風 シークレットボックス Lサイズ 「THE Adventures of Tom Sawyer」 洋書型 小物入れ アクセサリー 収納 金庫 ケース(提供:Amazon)

 

外見は、モロに洋書です。渋い。

で、「一体何について書かれているの本なのか?」と問われたら…

筆者の答えは、コレです。「知りません」

 

------------------------------------------

 

上記の文章を見て、「知りません…って、どういうこと?」と思われた方、結構多いのでは?

ただ…申し訳ないのですが、筆者は本当に知らないのです。

 

何故ならば、上記商品は書物ではなく、「本型の小物入れ」なのです。

「ブックボックス」とも呼ばれています。

 

この品物は、「隠し金庫」や「シークレットボックス」と同じ立ち位置の品。

表紙をめくると、中は空洞になっており、お金や鍵等の小物を収納可。

気の利いた商品では、中に「収納用の仕切り」があって、中身の整理整頓に役立つ構造になっています。

ナカバヤシ ライフスタイルツール 小物入れ 収納ボックス ファイルA4 ネイビー LST-FA4NV(提供:Amazon)

 

見た目が本ですから、本棚に戻せば、そう簡単に「金庫」「小物入れ」だとは分かりません。

が、この本型小物入れを手に取ってみれば、一発で「本ではない」と分かります。ページがめくれませんし、中が空洞ですから軽い。

あくまで、「本棚に並んでいる状態では、気付かれ難い」というだけ。バレたらアウトです。

Amazonベーシック 本型金庫 セーフティーボックス キーロック レッド(提供:Amazon)

 

------------------------------------------

 

筆者は、上記の「本型小物入れ」が欲しくて、色々と探してはいるのですが…

なかなか、気に入ったものが見つからない。

 

この手の商品は、大半が「洋書っぽい装丁」です。その為、洋書が並んでいる本棚には隠し易いでしょう。

しかし、筆者の本棚には、洋書が殆ど存在しません。故に、洋書型の小物入れを並べると、強烈な違和感を放ちます。目立ってしまうのです。隠し場所としては、最適解ではない。

 

洋書型より目立ち難いと思われるのは、下記の様な「オフィス用ファイル型の小物入れ」です。

が、文庫本や新書が並ぶ本棚に、大きなファイルがひとつ。これはこれで目立つ為、なかなか難儀です。

カール事務器 セーフティボックス(ファイルタイプ) SFB-F20(提供:Amazon)

 

文庫本だらけの本棚に馴染む、本型小物入れ。

コレを求めて、現在も様々な商品を検索中。が、なかなか見つからない。

「もういっそのこと、DIYで何とかしよう」とまで考えています。しかし、筆者は木工や鉄工の素人。上手に出来る自信は皆無。

 

悩みの種は尽きませんが、それでも諦めきれない。そんな筆者の悪足掻きは、これからも続きます。

 

 

-----------------(記事了)-----------------