makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【映画の話】シャマラン氏の最新作は、やはり「ネタバレ禁止映画」でした

本日は、とある「ミステリー色の強いスリラー映画」をご紹介します。

レトロ作品好きの筆者には珍しく、準新作クラスの作品になります。

そのタイトルは、『オールド』です。

オールド(吹替版)(提供:Amazon)

 

『オールド』は、2021年夏に公開された作品です。

監督は、かの有名な「M・ナイト・シャマラン」氏。ネタバレ厳禁の映画『シックス・センス』を作った人物として知られていますね。

シックス・センス (字幕版)(提供:Amazon)

 

『オールド』も、『シックス・センス』と同じく、ネタバレ禁止の作品。

あちこちに伏線が仕掛けられており、後で回収されます。故に、ネタばらしは面白さを大いに損ねる。やっちゃ駄目。

当記事も、その辺に気を付けて執筆していきます。

 

----------------------------------

 

『オールド』の粗筋を、ネタバレにならない程度でザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

 

▼物語の舞台は、現代の某リゾート地(恐らく中南米か?)。

 

▼カッパ家は、父・母・娘・息子の四人家族。一家揃ってリゾート地を訪れていた。

▼しかし、カッパ夫妻は離婚寸前。「リゾート地では、喧嘩しないでおこう」と考えても、つい口論をやらかしてしまう。子供たちにも仲の悪さはバレており、微妙な雰囲気でバカンスを楽しむ羽目になっていた。

 

▼そんなカッパ家に、リゾートホテルのマネージャー(支配人)が声をかけた。

▼マネージャーは、こう言った。
「実は、このホテルの近くに、特別なプライベートビーチがあります」
「特別なお客様だけに限定して、紹介させて頂いております」
「もしよろしければ、プライベートビーチに行ってみませんか?」

▼カッパ夫妻は、「特別」という言葉に気を良くしたのか、マネージャーの申し出を受けることにした。

 

▼ホテルから車で少し走ったところに、そのプライベートビーチはあった。

▼ビーチは、周囲を崖で囲まれており、出入りに使えるのは「舗装も何もない細い道」がひとつだけ。故に、人の気配が全くなく、砂浜も自然のままで非常に美しい。「特別なお客様用のプライベートビーチ」というのも、頷ける話だ。

 

▼ビーチには、カッパ家の他にも、いくつかの家族が訪れていた。どうやら、彼らも特別枠らしい。

▼ただ、ビーチはとても広く、数家族程度が席を共にしても然程気にならない。皆は、それぞれの好みに合わせて、特別な時間を過ごしていた。

 

▼砂浜で遊ぶ子供たち。ビーチチェアに座って本を読む大人。のんびりとした時間が流れていたが、その安息は突如として打ち砕かれる。ビーチに、死体が打ちあがったのだ。

▼死体は女性。どうやら、ビーチに招待された家族の中の一人らしい。

▼慌てる一同。とりあえず、外部へ連絡を取ろうとする。が、プライベートビーチには固定電話どころか水道すら通っておらず、携帯電話も使えない状況。仕方がないので、来た道を戻ってホテルに状況を知らせようとする。

▼しかし、なぜか外へ出られない。来た道を戻ろうとすると、意識が混濁してマトモに歩けなくなってしまうのである。このビーチは、入るのは簡単でも、出ることが不可能だったのだ。

 

▼「ビーチから出られないのでは?」となり、不安になる一同。と、また別の異常事態が発生する。

▼カッパ家の娘は小学生くらい。息子は幼稚園児くらい。この二人が、明らかにおかしい。理由は分からないが、急速に成長しているのである。

▼娘は、見た目が10代後半~20歳になっていた。息子は、どう見ても15歳前後の外見に。声変わりまで終わっている。

 

▼明らかな異常事態を前に、何が何だか分からない一同。しかし、状況を整理していくうちに、招待された家族には共通点が存在することに気付く。

▼また、誰かがこちらを監視しているのか、カメラの存在にも気付いた。このビーチは、明らかに何かが仕組まれた場所だ。

▼ただ、そうやって困惑している間にも、事態はどんどん悪化していく。パニックになる一同。やがて、2人目の死者が家族の中から出てしまう…。

 

----------------------------------

 

冒頭にも書きましたが、『オールド』はネタバレ禁止の作品。

ジャンルは「スリラー」ですが、伏線があちこちに張られており、ミステリーとして楽しめる作品に仕上がっています。

謎解きが醍醐味の作品ですから、ネタバレは駄目。

 

最後まで鑑賞すれば、全ての謎は繋がり、真相が明らかになります。

また、「劇中で発せられた何気ないひとこと」が、後で大きな意味を持つことも分かってきます。

 

こういう作品は、つい二度見してしまいます。

つまり、「真相を知らないままで見る一回目」と、「真相を知った後で、伏線を確認する為に見る二度目」ですね。

一度目と二度目とでは、見た時の感想が大違い。特に二度目は、「あ、あのシーンは、そういう意味だったのね」という気付きが多いものです。

この「二度目の鑑賞」が、なかなか癖になるのです。ストーリーを理解し、モヤモヤが晴れ、物凄くスッキリします。気持ちいい。

 

 

一粒で二度美味しい作品『オールド』。

興味のある方は、この機会に是非ご覧ください。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

オールド(字幕版)

オールド(字幕版)

  • ガエル・ガルシア・ベルナル
Amazon
オールド (字幕/吹替)

オールド (字幕/吹替)

  • M. Night Shyamalan
  • ドラマ
  • ¥2037
オールド(吹替版)

オールド(吹替版)

  • ガエル・ガルシア・ベルナル
Amazon
シックス・センス (字幕版)

シックス・センス (字幕版)

  • ブルース・ウィリス
Amazon