makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【災害の話】「避難訓練遠足」に行きました

本日、東北地方で強い地震がありました。

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

www.asahi.com(2022/5/22)

www3.nhk.or.jp(2022/5/22)

newsdig.tbs.co.jp(2022/5/22)

 

各社のニュースをザッと見ましたが…

建物の被害は出ていますが、大怪我した人・亡くなった人の話は出ていない模様。そこは、不幸中の幸い。

しかし、決して油断してはいけません。同程度の地震が、続けて起こるという話は多い。当該地域の方は、しばらくは警戒レベルを上げておいた方がいいでしょう。

災害は、忘れた頃&油断した頃にやってくる。

 

----------------------------

 

最近、関西地方でも地震が頻発しています。

主に、京都府南部を震源とする地震が多い。

筆者は関西人です。あまり地震に慣れていない為、ちょっとの揺れでもビビります。

www.kyoto-np.co.jp(2022/5/21)

www.kyoto-np.co.jp(2022/5/22)

 

京都府南部で2022年3月末から約1カ月間で、震度3以上の地震が立て続けに4回発生した。

いずれも、震源は亀岡市北東部の活断層「亀岡断層」付近で、このうち2回で最大震度4を観測した。

 

京都大防災研究所地震予知研究センター(宇治市)の片尾浩准教授(地震学)は、似たような規模の地震が集中的に発生する「群発地震」の可能性もあると指摘する。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/793131より。改行等は筆者によるもの)

 

ここ最近の、関西地方における最大震度は4。

本日発生した東北地方の地震に比べれば、まだマシです。

 

しかし、2018年に起きた「大阪北部地震」の恐怖がありますので、立て続けに地震発生となれば…かなり怖い。

大阪北部地震の最大震度は、6弱。複数の死傷者が出て、建物やインフラの被害も多発しました。あれが平気な人は、恐らくいないでしょう。

www.youtube.com(2018/6/18)

 

----------------------------

 

そういえば…

つい先日、筆者は「避難訓練遠足」に行きました。

 

筆者は、”オリジナルの非常持ち出し袋”を準備しており、常に枕元に置いています。

定期的なメンテナンスも、欠かさず続けています。

そして、偶に背負って外に出て、近所の避難所まで歩いてみる。筆者は、これを「避難訓練遠足」と呼んでいます。

角利産業【防災22種類】ヘルメット 給水バッグ ラジオライト 14徳ナイフ救急セット 日本防炎協会認定品バッグ(提供:Amazon)

 

遠足の目的は、「避難経路の確認」というものもありますが…

主には、「重いリュックを背負って歩くと、一体どうなるか?」を体験することですね。

 

筆者のオリジナル袋は、重量が約11㎏。3日分の水や食料を始め、様々な品物を入れてある為に、ここまでの重さになってしまいました。

これを背負って歩くのは、かなり疲れます。ぶっつけ本番では、ちょっと不安。故に、天気がよく・気温が高くない日を選んで、試しに背負って歩いてみるのです。

背負って歩いてみて、不具合を感じたならば、直ぐにメンテを実施します。そうやって、いつガチ避難に迫られても大丈夫な様に、準備しておくのです。

 

----------------------------

 

まぁ、筆者は相当なビビリさんである為、「ちょっとやりすぎでは?」というレベルがデフォ。

故に、読者様に向かって「筆者と同じレベルのことをやってください」とは、なかなか言えませんね。

 

ただ、筆者ほどガチガチに準備しなくとも、何らかの対策は講じておいた方がいいでしょう。

枕元にライトを置いておくだけでも、随分違います。市販の非常用持ち出し袋を買っておくだけでも、相当に心強い。

備えあれば患いなし。普段からの準備が、いざという時に命を助けてくれます。

 

災害は、忘れた頃にやってくる。

今できることを、できるうちに。

 

 

--------------(記事了)--------------