makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【特撮映画の話】帰ってきたアンノトラマン

『新世紀エヴァンゲリオン』『シン・ゴジラ』等でお馴染みのクリエイター、「庵野秀明」氏。

その庵野氏が制作に関わった、新機軸のウルトラシリーズ『シン・ウルトラマン』が、現在上映中です。

shin-ultraman.jp(2022/5/17閲覧)

www.nikkansports.com(2022/5/16)

 

『シン・ウルトラマン』は、『シン・ゴジラ』と同じく「庵野流リアリズム」を取り入れた作品になっています。故に、子供向けではなく、大人向け作品に仕上がっている。

また、庵野作品の特徴「賛否両論がある」というのも健在。様々な意味で、歴史に残るウルトラ作品になりそうです。

Pen (ペン) 「特集:ウルトラマンを見よ」〈2022年6月号〉 [雑誌](提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

ところで…

筆者の知る限り、庵野氏がウルトラシリーズ製作に関わったのは、今回が初めてではありません。『シン・ウルトラマン』以外にも、関連作品は存在します。

しかも、「庵野氏が裏方で終わらず、ウルトラマン役で出演した」という衝撃の作品。

その作品タイトルは、『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』です。

 

『帰ってきたウルトラマン』といえば、『初代ウルトラマン』『ウルトラセブン』に続く、ウルトラ超人シリーズの三代目作品。

テレビシリーズとして製作され、1971~1972年に放送されました。

二大怪獣 東京を襲撃(提供:Amazon)

 

この『帰ってきたウルトラマン』。

一応は「子供向け番組」だったのですが、話によってハード&ダークな内容のモノも多く、大人が鑑賞しても楽しめる作品になっています。

当ブログでも、何度か記事にしました。

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

 

この名作『帰ってきたウルトラマン』に、庵野氏が関わっていた。

ちょっとビックリです。

 

----------------------------------

 

とは言っても、庵野氏が円谷プロ(ウルトラシリーズの製作会社)に籍を置いて、『帰ってきたウルトラマン』を作ったワケじゃありません。

また、『帰ってきたウルトラマン』のエピソードタイトルに、『マットアロー1号発進命令』というものはありません。

 

何故なら、『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』は、円谷プロ製作の本家『帰ってきたウルトラマン』に触発された庵野氏が、同人活動(アマチュア活動)で製作した映像作品だからです。

同人作品ですから、円谷プロとの直接的関係はなし。テレビシリーズとの関係もなし。撮影時には許諾もなし。

そして、面倒なシガラミもなし。良くも悪くも、「本家『帰ってきたウルトラマン』をベースにして、製作者が好き勝手に作った作品」です。

 

が、『マットアロー1号発進命令』は同人作品とはいえ、かなり完成度の高いものになっています。

特に、カメラワークやミニチュアセット等が凝っている。特撮表現も、比較的高クオリティ。シーンよっては、本家に匹敵する部分もチラホラ存在します。

そして、同人故の悪ノリも顕著。庵野氏が演じるウルトラマンは、その最たるものです。見れば必ずビックリするでしょう。

 

----------------------------------

 

ちなみに、この『マットアロー1号発進命令』は、映像ソフトが販売されています。

製作時には、円谷プロから正式許可を得ていなかったのですが、後に話を通して発売OKとなりました。

商品名は、「庵野秀明 実写映画作品集 1998-2004」です。この中に、『マットアロー1号発進命令』が収録されています。

「若かりし頃の庵野氏が、ヤル気満々でウルトラマンを演じる姿」に、興味を持たれた方。そんな方には、この映像ソフトがオススメです。

庵野秀明 実写映画作品集 1998-2004 [Blu-ray](提供:Amazon)

 

 

-----------------(記事了)-----------------