makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【今週のお題】「進化したビークル」を見てみたい

今週のお題「復活してほしいもの」より~

 

前回記事では、テレビ番組『トリビアの泉』の復活を熱望しましたが…

今回は、音楽の話をば。

ちなみに、前回記事は以下。

tenamaka26.hatenablog.com

 

------------------------------------------

 

筆者が今回望むのは、「BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)」の復活です。

LUST CRUSADERS-OTHER SIDE OF BEAT CRUSADERS-(提供:Amazon)

 

BEAT CRUSADERS(略称は「ビークル」)は、かつて存在した日本のロックバンドです。西暦2000年頃から注目され始め、数々のヒット曲を世に送り出しましたが、2010年に解散となりました。

筆者は、このグループが活躍する日々を、もう一度見てみたい。

 

------------------------------------------

 

ビークルの曲で、最も有名だと思われるものは、以下の3曲。

筆者の独断と偏見で選びました。

 

(1)HIT IN THE USA

HIT IN THE USA

HIT IN THE USA

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

「HIT IN THE USA」(ヒット・イン・ザ・ユーエスエー)は、2004年に発売された曲です。

ドライブに似合いそうな、楽しく・エネルギッシュで・どこかホッとする曲。

 

この曲は、2004年のアニメ『BECK』にて、テーマ曲になりました。その流れから、「HIT IN THE USA」をご存じの方も多いでしょう。

LIVE-7 「ルシール」(提供:Amazon)

 

------------------------------------------

 

(2)TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT

TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT

TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」(トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト)は、2006年に発売された曲です。

「HIT IN THE USA」よりも、疾走感に溢れた曲。

 

こちらは、アニメ『BLEACH』のテーマソングになりました。

アニメオリジナルストーリー「バウント編」が流れていた頃の話。

第75話 十一番隊激震!よみがえった死神(提供:Amazon)

 

------------------------------------------

 

(3)WINDOM

WINDOM

WINDOM

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  •  
  • provided courtesy of iTunes
WINDOM(LIVE)

WINDOM(LIVE)

  • BEAT CRUSADERS
  • ロック
  •  
  • provided courtesy of iTunes

「WINDOM(ウィンダム)」は、ビークルがインディーズ時代に出した曲です。

2000年に発表された「ALL YOU CAN EAT(オール・ユー・キャン・イート)」というアルバムに収録されています。

その後、ビークル自身が「WINDOM」を気に入っているのか、2003年発表のアルバムに「ライブバージョンのWINDOM」を収めることとなりました。

 

曲調は、「HIT IN THE USA」と「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」を足した様な感じ。疾走感もあれば、和やかな感じもある。

ロードムービーのエンディングテーマに似合いそうな曲です。

 

------------------------------------------

 

ビークルのメンバーは、解散後は別々に活動を続け、今日に至っています。

集まることは、物理的には難しくない筈。
(心理的には分かりませんが)

 

あの「優しく、楽しいロック」を、もう一度聞いてみたい。

いちファンとして、純粋にお願いしたいところ。

 

ただ、「下ネタ関係」は少し控えて頂ければ…。

ライブの声援が、放送禁止用語だらけでしたからねぇ。

まぁ、それも「ビークルの味」といえば味なのでしょう。が、「進化していい点」でもある筈。

ステップアップしたメンバーが、一堂に会した姿。これを見てみたいものです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------