makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【謹賀新年】2022年の注目映画・5選

f:id:tenamaka26:20191230224335p:plain

(イメージ画像 https://illustrain.com/?p=30644

 

明けましておめでとうございます。

本年も、当ブログを宜しくお願い致します。

 

当ブログでは、「年初は、まず前向きで明るい話をする」と決めております。

選んだテーマは、「今年公開予定の映画」について。2022年に公開される映画で、筆者が注目する作品を5つ。ここにピックアップさせて頂きます。

 

------------------------------------------

 

先ずは、『シン・ウルトラマン』の話をば。

公開予定日は、2022年5月13日。

shin-ultraman.jp(2022/1/1閲覧)

 

『シン・ウルトラマン』は、1966年に放送された元祖『ウルトラマン』を基にした実写作品です。

ウルトラ作戦第一号(提供:Amazon)

 

『シン・ウルトラマン』は、スタッフに「庵野秀明」氏と「樋口真嗣」氏を迎えています。

両者は、『シン・ゴジラ』を制作したメンバー。故に、リアル路線の『ウルトラマン』となりそうな予感がします。霞ヶ関で揉め事が起こりそうですね。

シン・ゴジラ(提供:Amazon)

 

------------------------------------------

 

続いて、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の話を。

公開予定日は、2022年2月4日。

www.ghostbusters.jp(2022/1/1閲覧)

 

この作品は、1980年代に公開された『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』の正統続編です。

ゴーストバスターズ (吹替版) ゴーストバスターズ2 (吹替版)
(提供:Amazon)

 

『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』は、幽霊退治を生業とする科学者の話。

その科学者の一人「イゴン・スペングラー博士」の孫が活躍する物語。それが『ゴーストバスターズ/アフターライフ』です。

 

ちなみに、2016年にも『ゴーストバスターズ』が公開されていますが、これはリブート扱いの別物。アナザー作品ですので、上記『ゴーストバスターズ/アフターライフ』との直接的関係はありません。

 

------------------------------------------

 

三つ目は、『アバター2』の話。

theriver.jp(2021/12/10)

 

『アバター2』は、2009年の映画『アバター』の続編。13年ぶりの新作になります。

公開予定は、2022年の12月。ただ、これはアメリカでの予定で、日本公開日は未発表。

アバター (吹替版)(提供:Amazon)

 

なお、『アバター』は全部で5作品が予定されています。

現在、『アバター3』を制作中とのこと。そちらの公開は、2024年頃を予定。

 

------------------------------------------

 

四つ目は、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』です。日本公開予定は、2022年の夏。

www.jurassicworld.jp(2022/1/1閲覧)

 

この作品は、『ジュラシック・ワールド』シリーズの第3作目になります。

ジュラシック・ワールド (吹替版) ジュラシック・ワールド/炎の王国 (吹替版)
(提供:Amazon)

 

なお、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』には、前シリーズ『ジュラシック・パーク』で活躍したメイン俳優の面々が参加する…とのこと。賑やかな作品になりそうです。

最新作『JURASSIC WORLD:DOMINION(原題)』は、主演のクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードをはじめ、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラムといった『ジュラシック・パーク』シリーズの豪華キャストが遂にカムバック。

https://www.jurassicworld.jp/about/より)

 

------------------------------------------

 

最後に紹介するのは、『キングダム2』です。公開予定は、2022年の夏。

natalie.mu(2022/1/1)

 

映画『キングダム2』は、同名の大人気漫画を基にした実写作品。

2019年公開の映画『キングダム』の続編になります。

キングダム(映画)(提供:Amazon)

 

『キングダム2』の具体的な内容は、まだアナウンスされていません。が、予告編等を見るに、コミックス第5巻あたりの話ではないか?…と。

主人公・信の初陣である「対”魏国”戦」が、物語の主軸になるでしょう。

 

------------------------------------------

 

以上、筆者の独断と偏見で選んだ作品を5つ、ご紹介しました。

 

この他にも、今年公開予定の映画は多々あります。

例えば、洋画だと『スパイダーマン』『バットマン』『トップガン』の最新作。邦画だと、『大怪獣のあとしまつ』『嘘喰い』『スラムダンク』。

…この辺りが、筆者の注目している作品です。

 

ここ最近、映画館から離れている筆者。今年は、是非足を運んでみたいところです。

お気楽に映画鑑賞ができる。そんな平穏さが戻って来る2022年になればいいなぁ…。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

  • 長谷川博己
Amazon
アバター (吹替版)

アバター (吹替版)

  • サム・ワーシント
Amazon