makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【火災の話】とりあえず、現段階での「根拠なき推測」はストップで

当ブログは、大体2000字以上を目安にして、画像を交えた賑やかな記事を書くことが多いのですが…

本日は、ちょっと控えめにしておきます。

なぜならば、テーマが「根拠なき推測は、喋り過ぎない方がいい」というものですから。

 

参考事例として挙げるニュースも、決してめでたいものではない。

故に、賑やかさは抑えることに致します。

 

------------------------------------------

 

では、本題に。

 

筆者は、関西人です。関西のニュースには敏感です。

で、昨日。全国規模で報道される事件が、大阪で発生しました。

それは、大阪の繁華街「キタ」にあるクリニックにて起こった、多数の死者を出す火災です。

一部報道では、「放火の疑いもある」と報じています。

www.youtube.com(2021/12/17)

www.asahi.com(2021/12/17)

www.sankei.com(2021/12/18)

www.yomiuri.co.jp(2021/12/18)

 

火災が発生したのは、昨日・12月17日のお昼前頃。

この記事を書いているのは、12月18日の夕方5時頃。

発生から、まだ24時間と少ししか経過していません。まだまだ情報不足であり、直接的関係者ですら「よく分からない」という点は多いでしょう。

 

故に、「現段階で」「直接的関係者でもない一般市民が」「真実はこうだと騒ぐ」という行動は、慎んだ方がよいと考えます。

 

------------------------------------------

 

先述の通り、一部報道では「今回の火災は、放火かもしれない」と報じています。

それを受けてか、ネット空間で「根拠の乏しい決めつけ」「犯人への断罪」が目立つ傾向にあります。

 

「犯人の動機はコレだ」
「犯人の性格はこんな感じに決まっているから、同種の人間は社会から排除しろ」

こういう過激な言動を、ネットでよく目にします。

しかし、「そう断言できる根拠」まで添えてある書き込みは、何一つ存在しない。少なくとも、筆者の見た範囲では。

 

情報を集め、整理して論理的に考え、導き出した結論を基に断言する。これはOKでしょう。

もし間違いがあったとしても、「どの部分がおかしかったのか」を分析可能で、反省し修正することは容易です。それを以て、次からは気を付ければいい。もし改善できたならば、それを「進歩」といいます。

 

しかし、根拠なき主張は、進歩を妨げる。それどころか、主張を見聞きした人々の気分を悪くし、酷い場合は気を病む原因になることもある。

最も深刻な場合だと、「名誉棄損」「侮辱」等の犯罪行為とされ、警察が動きます。自分の為にも、周囲の為にも、思い込みだけで喋るのはNG。

 

------------------------------------------

 

物事を判断するには、時間と手間と情報が必要。

早けりゃ良いというものではありません。

「犯人の顔は?名前は?」という釣り文句が常套手段の、粗悪トレンドブログみたいな行為は止めておいた方がいい。

 

普段からそういう「根拠のない決めつけ」をやっていると、本人も知らないうちに癖となり、普段の生活の中でもやらかしてしまう。その可能性は高いのです。

これからの自分自身の為にも、思い込みだけで動くのは止めましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------