makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【特撮ドラマの話】アメリカ版スーパー戦隊『パワーレンジャー』、テレビ版における苦労

先日、アメリカ映画『パワーレンジャー』について、記事を執筆しました。

tenamaka26.hatenablog.com

 

この映画『パワーレンジャー』は、日本でも人気のある『スーパー戦隊』を基にした作品です。

ただ、アメリカ風の大幅アレンジが加えられており、リメイクを超えてリビルドに近い。日本の戦隊モノとは違う作品に仕上がっています。

故に、日本の『スーパー戦隊シリーズ』を見倒した人でも、新鮮な気持ちで鑑賞できるでしょう。

 

で、上記記事を執筆するに当たり、アメリカの戦隊モノ『パワーレンジャー』シリーズについて、色々と調査しました。

すると、なかなかに興味深い話を発見。筆者の中に留めておくのは勿体ない為、当記事にて紹介致します。

 

----------------------------------

 

アメリカの『パワーレンジャー』シリーズの歴史は、結構古い。1990年代前半から、アメリカのFOXテレビにて、シリーズが制作・放送されていました。

第1作は、1993年の『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』。日本で放送されたシリーズ第16作、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』をリメイクしたものです。

これが子供たちに大人気となり、その後のシリーズ化が決定。玩具が売れまくり、テレビシリーズの劇場版まで制作される事態になりました。

ハズブロ パワーレンジャー・マイティ・モーフィン ダイノゾード メガパック アクションフィギュア ダイノ・メガゾード / HASBRO 2020 POWER RANGERS MIGHTY MORPHIN 5 DINOZORD MEGAPACK Action Figure DINO MEGAZORD 【恐竜戦隊 ジュウレンジャー】 海外 限定 スーパー戦隊 合体 ロボ 大獣神 [並行輸入品](提供:Amazon)

 

上画像は、アメリカで発売された『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』の巨大ロボです。向こうでは、「メガゾード(MEGAZORD)」と呼ばれています。

この手のメカは、万国共通で人気がある模様。日本のデザインそのままで登場しています。手直しされた部分は、ほぼゼロ。この手のオモチャが、売れに売れたそうで。

 

----------------------------------

 

しかし、ロボットのデザインに手直しがなくとも、他の部分では大幅な手直しが施されている。これが『パワーレンジャー』の特徴です。

ここでいう手直しとは、「英語への吹き替え」とか「英語字幕を付ける」とかいう軽いものではありません。「最早、原型を留めてませんよね?」というレベルで、大幅な変更が加えられているのです。

 

例えば、下記画像。これは、上記『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』の劇場版のパッケージ画像です。

パワーレンジャー 映画版(1996年公開)(吹替版)(提供:Amazon)

 

そして、下記画像は元ネタ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のヒトコマ。

誕生(提供:Amazon)

 

両者を並べてみましょう。

違いがお分かりになりますか?

パワーレンジャー 映画版(1996年公開)(吹替版)誕生

(提供:Amazon)

 

両者の相違点は、人数。

アメリカ版『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』では、金色と黒のキャラが、中央にいます。日本版『恐竜戦隊ジュウレンジャー』には、出ていません。

 

実はこの「金&黒キャラ」は、別のスーパー戦隊シリーズのキャラ。『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の次に放送された『五星戦隊ダイレンジャー』のキャラです。

アメリカ版では、両作品を混ぜているのです。この手の変更は、『パワーレンジャー』シリーズではよくあること。

出ました新戦士(ニューヒーロー)(提供:Amazon)
(上画像:『五星戦隊ダイレンジャー』第17話より)

 

----------------------------------

 

配役に関しても、全然違います。

日本の戦隊モノでは、基本的に日本人がキャラを演じます。が、アメリカ版では配役を全て取り替えます。アメリカの役者さんだらけにするのです。

 

例えば、俳優「松坂桃李」氏の初主演作となった、2009年のシリーズ第32作『侍戦隊シンケンジャー』。

松坂氏を始め、主要な配役は日本人。大御所俳優「伊吹吾郎」氏も出演されています。

スーパー戦隊シリーズ 侍戦隊シンケンジャー コンプリートBlu‐ray1 [Blu-ray](提供:Amazon)

 

この作品のアメリカ版は、『パワーレンジャー・サムライ』。その映像ソフトパッケージは、以下画像。

パワーレンジャー SAMURAI VOL.1 [DVD](提供:Amazon)

 

コスチュームやロボットのデザインは同じでも、配役が全然違います。

どうも、現地のお子様には「外国人俳優の演じるヒーロー」のウケが良くないそうで。故に、「身近にいそうな人」に差し替えるのです。

そうなると、変身シーンも全て撮り直しとなります。ここでも変更が施され、日本よりもド派手な変身になっていることが多い。

 

また、アメリカは人種問題を抱えています。その為、メンバーが一定の人種に偏り過ぎない様、配役に気を遣っている。

日本には無い特徴です。

 

----------------------------------

 

他の変更点といえば…

アメリカのテレビでは、「子供番組で、暴力的シーンや性的シーンを流すのは駄目」という縛りがキツイ。「そういう番組を受け付けない電波フィルター」まで存在している始末です。

戦隊モノには、「殴る蹴る」という場面どころか、「刀で斬る」「銃で撃つ」というシーンがワンサカあります。アメリカでは、この手のシーンを撮り直して、フィルターに引っかからない様にするのです。

 

そうなると、殆どのシーンが別物になってしまう。

まぁ、お国が変われば品も変わる。仕方のないことですね。

 

----------------------------------

 

アメリカの方で、「子供の頃、パワーレンジャーを観て育った」という方も多いでしょう。第1作が1993年放送ですから、現在30~40歳くらいの方になるでしょうか。

そんな方に、日本の戦隊モノを観て頂いたら、どんな反応を示すのか?

違いにビックリするのか? アメリカ版の方がいいと思うのか?

 

実験してみたいところですが、筆者にはアメリカ人の友人がいません。

YouTubeあたりで、検証動画が流れていないか、引き続き調べてみることにしましょう。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

誕生

誕生

  • 望月祐多
Amazon