makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【就職活動&炎上騒動の話】マイナビさん、かなり苦しい

先日、「企業絡みの炎上案件」について、記事をアップ致しました。

炎上したのは、「就職関連サービス」業界の大手である「マイナビ」さん。

炎上の原因は、「マイナビが、”学歴フィルター”としか思えないメールを送付したこと」です。

tenamaka26.hatenablog.com

 

詳しい経緯は、上記リンク先に書いておりますので、ここでは至極簡単に説明します。

 

(1)マイナビさんから学生さんに送付されたメールの中に、「大東亜以下⑨」という意味不明なタイトルのものがあった。

(2)「大東亜」とは、大東文化大学・東海大学・亜細亜大学の頭文字を取った、あだ名みたいなもの。要は、”偏差値的に同レベルの大学”を示す隠語なのではないか?…という疑惑が浮上する。

(3)この様な言葉を使うマイナビは、大学名で待遇を分ける「学歴フィルター推進企業」である。こういう話がSNSを中心に沸き立ち、大炎上騒動に発展。

 

掻い摘んで書けば、こんな感じですね。

学歴というものは、非常にセンシティブな要素です。取り扱いには、細心の注意が必要です。マイナビさんの様な「就職情報を扱う企業」なら、特に用心しなければならない筈。そこに疑惑が生じたので、大炎上に発展しました。

 

------------------------------------------

 

炎上開始から、30時間ほど経過した後。

マイナビさんからコメントが出て、報道各社がニュースを流す…という状況になりました。炎上の規模が大きかった為、ダンマリでは通せないと判断したのでしょう。

 

マイナビさんの主張は、「いわゆる”学歴フィルター”ではない」「担当者のうっかりミスだ」というもの。

誤解を招いたとして、公に謝罪しています。

www.itmedia.co.jp(2021/12/7)

www.bengo4.com(2021/12/7)

 

しかし、筆者が思うに…

マイナビさんの釈明には、最も大事なものが欠けている。ツッコミ所を残した、不十分な内容である。

こう言わざるを得ない。

 

なぜそう言えるのか?

勿論、明確な理由があります。

 

それは、「なぜ”大東亜以下”という文言を使ったのかについて、説得力のない・苦しい弁明しか出していない」という点が引っかかる為です。

f:id:tenamaka26:20211208145315j:plain

(「疑問」イメージ画像:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%96%91%e5%95%8f%e7%ac%a6-%e8%b3%aa%e5%95%8f-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3-1722862/

 

------------------------------------------

 

マイナビさんが主張する「大東亜という文言を使った理由」は、以下の通り。

 

マイナビからの文書での回答:

 

「学歴によって募集する学生を変えるような設定を普段からしているといった事実はございません」

「当社は学歴によって一部の学生が有利になるようなことは行っておりません」

 

キャリアアドバイザーの組織が2つあり、面談枠を管理する際に作業上、枠を2つに分け予約を受け付けています。枠の管理上、そのような名称を用いておりました。その管理作業をする際コピーしたワードがペーストされた、誤ったタイトルのメールが送信されてしまいました」

「本来であればメール配信前に複数人が内容のチェックを行うべきところを、その作業を担当者が怠ったことが原因です」

https://www.news24.jp/articles/2021/12/07/06988419.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

要は、「人数の問題で線引きをして、そのラインを”大東亜以下”と名付けた」というのが、マイナビさんの主張内容。

「人数管理作業の過程で起きたもので、他の意図は無い」そうです。

 

仮にそうだとしても、疑問は残りますね。

学歴フィルターとは、「大学名のみで、学生を区別する」というもの。それをやっていないと主張するなら、なぜ「大東亜」などという区分け名を思いついたのか?

マイナビさんのコメントは、理由の説明になっていない。

 

「大東亜」という言葉は、第二次世界大戦の「大東亜共栄圏」くらいでしか使われていない、かなり特殊な言葉です。その言葉を、「作業の流れで付けられた名前」と主張するのは、無理があり過ぎる

「大東文化大学・東海大学・亜細亜大学の頭文字を取った、あだ名みたいなもの」と解釈するのが普通でしょう。

 

マイナビさんの主張にある様に、「人数制限」「説明会の枠」等が理由で線引きするならば、表現が回りくど過ぎる。

人数管理目的を重視するなら、「大東亜」ではなく「登録枠No○○」という類の、無味乾燥な管理的表記になるでしょう。

「大東亜」という表現を用いる理由はない筈。

 

マイナビさんのコメントを読んでも、残念ながら疑問解消には至らない。

 

------------------------------------------

 

マイナビさんは、一応「一部の学生が有利になるようなことは、やっていない」と否定しています。

が、それならなぜ「大東亜」という”大学を識別できる文言”にしたのか?

その理由について、筋の通った説明をされていません。故に、主張を信じて貰い難い。

 

これでは、疑惑が晴れたとはいえない。

SNS上の炎上追求は、結構情け容赦ないものです。論理的な矛盾を残したままでは、追求の勢いは更に増加する。

完全鎮火は、まだ先でしょうねぇ。

 

せめて、マイナビさんが管理する情報サイト「マイナビニュース」内で、この問題に触れて欲しかった。

マイナビニュース検索で、「学歴」「大東亜」等のワードを入力しても、何も引っかかりません。無かったことにされている?

マイナビニュースが、今回の炎上騒動を取り上げる義務はありません。が、報道機関や情報サイトは、自社に都合の悪いニュースこそを流すべきもの。下手に無視すれば、「隠蔽体質?」という疑問を持たれてしまいますからね。

news.mynavi.jp(2021/12/8検索実施)

 

マイナビさんは、次の一手を打つのだろうか?

それとも、このまま風化を狙うのだろうか?

もし後者だとすれば、それは止めた方がいいでしょう。ネットの「過去情報保持力」と「情報拡散能力」を考えれば、放置はNG。後でジワジワ効いてきますよ。

 

 

--------------(記事了)--------------