makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【今週のお題】東北地方に行ってみたい!

今週のお題「あったか~い」より~

 

この時期に「あったか~い」といえば…

筆者の中では「豚汁」が思い浮かびます。

永谷園 FDブロック とん汁 10.1g×6個(提供:Amazon)

 

「具沢山の味噌汁」という立ち位置なのに、ここまで美味いのが謎。

味噌汁のみでは、おかずにはなり得ない。しかし豚汁になると、一気にランクアップ。白飯と豚汁があれば、それで十分。食事1回分になります。

 

筆者のオススメ具材は、以下。

・豚バラ肉スライス
・人参
・コンニャク
・里芋
・大根

・長ネギ(薬味)
・一味唐辛子(お好みで)

 

------------------------------------------

 

現在は、新型コロナウイルスが原因となり、世相がなかなか難儀。

筆者自身も仕事を多く抱えており、ちょっと旅行は出来ません。

しかし、世の中が落ち着き、筆者の仕事も片付けば、冬の東北地方に行ってみたい。そして、「炭火の囲炉裏を囲み、上から吊るした鉄鍋の中で、豚汁を暖めながら頂く」というシチュエーションを体験してみたい。こう考えています。

イシガキ産業 いろり鍋 黒 21cm 木蓋 付き 鍋 ガス火 IH 対応 鉄鋳物 4010(提供:Amazon)

 

筆者は、関西人です。活動拠点は、関西地方。

他方、仕事や趣味で、日本各地に足を運んでもいます。が、東北地方に行った経験が殆どありません。

故に、「冬の東北」と聞けば、結構ワクワクします。

 

恐らく、雪が凄いのでしょうねぇ。そして寒い。

そういう状況の中、囲炉裏のある古民家にて、豚汁を頂きたいものです。身も心もポッカポカ。派手な催し物がなくとも、それで十分です。

 

------------------------------------------

 

東北といえば、名物料理に「芋煮」がありますね。

筆者は、芋煮は未経験。東北に行く機会があれば、頂いてみたいものです。

 

そう考え、「東北 芋煮」というワードで検索したところ、気になる情報を発見。

その内容は、「宮城の芋煮は、ほぼ豚汁である」というもの。

 

どうやら「芋煮」と一口に言っても、形態には地域差がある模様。

ベースは、「醤油」「味噌」「塩」等が存在。具に使う肉も、「牛肉」「豚肉」「鶏肉」等いろいろ。これらの組み合わせが、東北の各地域によって違うそうで。

この違いを巡って、「グルメ紛争」が起きるレベルみたいですね。よくあることです。

j-town.net(2021/10/28)

www.yomitv.jp(2018/11/23)

kahoku.news(2021/2/3)

 

地域によって違う、様々な「芋煮」のスタイル。

その中で、宮城の芋煮は「味噌ベースで、豚肉を使う」とのこと。そう聞くと、確かに豚汁に近いですね。

しかし、「豚汁」ではなく「芋煮」と名乗るからには、何かしらの違いがある筈。その違いを確かめる為にも、一度は本場に足を運んでみたいものです。

 

 

以前の様に、気軽に旅行ができる世界。

一日も早く、そんな世界が戻ってきて欲しい。

早く世の中が落ち着きますように。

 

 

-----------------(記事了)-----------------