makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【特撮映画の話】「冴島サーガの集大成」的作品

本日は、「とある人気特撮シリーズの、劇場版作品」をご紹介します。

シリーズの名前は『牙狼』。紹介する作品は『月虹ノ旅人』です。2019年公開の作品。

ちなみに、『牙狼』の読み方は「ガロ」。『月虹ノ旅人』は「げっこうのたびびと」と読みます。

牙狼<GARO> -月虹ノ旅人-(提供:Amazon)

 

『月虹ノ旅人』は、言うなれば「冴島牙狼オールスターズ」ですね。

 

『牙狼』シリーズには、様々な時代背景を持った作品が存在しますが…。

その中に、「冴島(さえじま)家」という一族を主人公にした作品がいくつかあります。『月虹ノ旅人』は、別作品で活躍した冴島家・三代が出演する作品。

『仮面ライダー』シリーズ等で、先代と当代のライダーが共演することがあります。ニュアンス的には、あれと同じですね。

 

----------------------------------

 

と、ここで『牙狼』シリーズをご存じない方に向けて、軽くシリーズの全体像に触れておきましょう。

 

『牙狼』が初めて世に出たのは、2005年のこと。特撮界の巨匠「雨宮慶太」氏の手によるテレビドラマ作品で、謳い文句は「ハイパーミッドナイトアクションホラードラマ」。

子供向けの特撮ではなく、大人向けの深夜特撮番組として制作されました。

絵本(提供:Amazon)

 

物語の骨子を簡単に言えば、

「”闇に潜む異形の怪物”から人類を守るため、人知れず戦う騎士の物語」

です。子供が喜びそうな、コテコテのヒーローものに見えます。

 

しかし、『牙狼』は完全に”大人向けの作品”です。「正義の味方が、悪者を退治して終わり」的な要素は少ない。

偶に「どっちが悪者なんだか、よく分からない」という、業の深い話も出てきます。子供さんには、ちょっと理解不能。大人にならないと、物語の意味が分からない造りになっています。

それ故、物語に見応えがあります。長く楽しめる作品群です。

 

----------------------------------

 

話を、『月虹ノ旅人』へ戻しましょう。

 

先述の通り、『月虹ノ旅人』は「冴島牙狼オールスターズ」的な作品です。

冴島家には、祖父の大河・父の鋼牙・子の雷牙という三人の騎士がいます。この系譜を巡る物語が、『月虹ノ旅人』の軸となります。

大河(提供:Amazon)

(上画像:右側の髭を生やした人物が、祖父の冴島大河)

 

祖父の大河は、随分前に宿敵に敗れて、亡くなっています。

父の鋼牙は、行方知れずの妻を追って、異世界を旅している途中。

子の雷牙は、現役の騎士。怪物から人類を守る為、黄金の鎧を身に付けて戦う戦士です。

 

『月虹ノ旅人』の主人公は、現役の雷牙です。その為、雷牙を主人公に据えた2014年のテレビシリーズ作品、『魔戒ノ花』が物語のベースになっています。

雷牙が魔獣との戦いで手傷を負い、それが元で異世界に迷い込む。ここから、冴島家の宿命と因縁の絡み合う物語が幕を開けるのです。

 

『月虹ノ旅人』は「冴島牙狼オールスターズ」ですから、歴代のキャラが多数登場します。

『魔戒ノ花』を始め、過去作品一度も観たことがない方には、『月虹ノ旅人』はちょっとハードルが高いかな…?

特に、『牙狼』『牙狼~MAKAISNKI』『魔戒ノ花』は押さえておく必要アリ。

 

逆に、過去作品を鑑賞済みの方にとっては、エキサイティングな展開が目白押し。見応え十分です。かなりオススメ。

未見の方は、過去作を含めて、この機会に是非どうぞ。

garo-project.jp(2021/11/29閲覧

 

----------------------------------

 

なお、余談ですが…

過去の『牙狼』シリーズを鑑賞しておらず、『月虹ノ旅人』を楽しむには知識不足かも?…という方には、コチラもオススメ。

その作品のタイトルは、『GARO -VERSUS ROAD-』です。

#1 NEW GAME(提供:Amazon)

 

『GARO -VERSUS ROAD-』は、『月虹ノ旅人』よりも新しい作品。2020年4月から放送された、テレビシリーズ作品です。全12話。

『牙狼』シリーズのひとつなのですが、過去作とはコンセプトが全く違う作品になっています。初見の方でも、入り易いのではないか?…と。

 

現在の筆者は、この作品を鑑賞中。そのうち、オススメ記事を書く予定です。

まだ「前半の前半」くらいまでしか鑑賞していませんが、既にかなり面白い。新時代の『牙狼』という感じですね。

 

 

-----------------(記事了)-----------------