makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【今週のお題】コードネームは「RED DEVIL」

今週のお題「赤いもの」より~

 

「赤いもの」といえば…思いつくのは、食べ物のことだけ。

筆者は食いしん坊であり、今は食欲の秋。もう食べ物のことしか頭にありません。

 

ただ、「赤い食べ物」と一口に言っても、種類は膨大。

肉・野菜・ジュース・調味料…等々、様々なものがあります。

 

その中でひとつ取り上げるとすれば…

ボチボチ収穫量が増え始める「イチゴ(苺)」ですかね。

筆者がよく食べるのは、「とちおとめ」ですね。至極偶に「あまおう」を頂きます。

福岡県産いちご あまおう 12~28粒入り(提供:Amazon)

 

イチゴの旬は、本来「春から初夏」であるとされています。

が、クリスマスケーキ等で需要が増える為、「12月前後に収穫する段取り」を考える農家さんも多い。栽培方法改善や品種改良を重ね、日々努力しておられます。

イチゴ農家の皆様、ありがとうございます。

 

------------------------------------------

 

イチゴの食べ方は様々。

イチゴをそのまま食べても美味いですが、イチゴを使った菓子も美味い。

美味しく頂く為の方法が多過ぎて、目移りします。

 

そんな中、筆者が色々探していたところ…

「なかなか手は出せないが、死ぬまでに1度は食べてみたい」という、超高級イチゴを発見しました。

そのイチゴの名は、「美人姫(びじんひめ)」です。バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』でも取材された、岐阜県産の有名ブランド品種。

www.google.com(2021/11/7閲覧)

www.ntv.co.jp(2021/11/7閲覧)

 

この美人姫。とにかくデカイ。

スーパー等でよく売られている「パック入りイチゴ」であれば、一粒の重さが大体20グラム程度です。一方、美人姫の平均重量は、約40グラム。倍です。

それでいて、糖度は高め(13~16度)です。普通のイチゴが「糖度10前後」と言われているので、平均値より30~60%高い。

 

美人姫の最大クラス重量は、80グラム代。100グラムの品が採れたこともあるそうで。

最大クラスのお値段は、一粒54000円。ごまん・よんせんえん。

これが「桐の箱」に収納されて販売されます。これを高級品と呼ばずして、何と呼ぶか?

 

ここまで高いと、なかなか手は出ません。

それでも、死ぬまでには1回食べてみたい。興味をそそられます。

 

------------------------------------------

 

なお…

上記「美人姫」との直接的関係はありませんが、イチゴに関するこぼれ話がひとつ。

ネタ元は、ガチ農家で生まれ育ち、後に『鋼の錬金術師』でブレイクする漫画家さん「荒川弘」氏です。

 

荒川氏の作品の中に、『百姓貴族』という農家エッセイ漫画があります。

そのコミックス3巻で、イチゴの話に触れていました。

百姓貴族(3) (ウィングス・コミックス)(提供:Amazon)

 

荒川氏によると…

一部業界では、イチゴのことを「レッドデビル」と呼んでいたそうで。

 

そう呼ばれる理由は、「単価の高さ」と「出荷時期のシビアさ」にあります。

イチゴは、一粒の単価を高めにとれる作物です。また、「クリスマス」や「ひな祭り」など、お菓子を伴うイベント・行事で大量に必要とされる果物でもある。

故に、生育や出荷のコントロールが重要になってくる。

 

上手く行けば大儲け。失敗すれば大損。故に「レッドデビル」と呼ばれていた。

荒川氏は、『百姓貴族』の中でそう書いていらっしゃいます。

 

まぁ、荒川氏の実家は、イチゴ農家ではありません。畑作&酪農をやっていた農家さん。

故に、イチゴの話は「伝聞」か「業界紙」か、その辺り。実体験ではない。

どこまでガチに「レッドデビル」と呼ばれていたかは、やや曖昧。

 

ただ、そこらへんの一般人が話す農業ネタと、本気で農家をやっていた荒川氏が放つ農業ネタを比較すれば…どちらの話が信用できるか?

言うまでもありませんね。

 

普通に考えても、荒川氏の話には筋が通っている。

単価の高い作物は、失敗すれば大打撃。農家さんは大変です。

故に、「イチゴを食べる時は、農家さんの隠れた努力にも感謝する」という心構えが大事。

まぁ、これはイチゴに限った話ではありません。肉も野菜も何もかも、作る人の努力が生み出したもの。頂く時には、感謝を忘れずに。

 

 

-----------------(記事了)-----------------