makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【2021年衆院選の話】第10回 NHK党を分析する

前回からの続きになります。

連載テーマは、「衆院選で、投票先をどこにするか悩む方に、選択のヒントを提案したい」というもの。

 

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

 

 

筆者が提案するのは、「各政党の公約」と「過去実績や言動」を分析すること。これが最も効率的だと考えています。

「なぜ効率的と考えるのか?」については、第1回記事に詳細が書いてあります。そちらを参照してくださいませ。

 

------------------------------------------

 

当連載の第2回から、「各政党の主張や実績に関する、具体的な分析」を行っています。

なお、政党の分析記事は、今回で終了となります。

 

最後に取り上げるのは、NHK党です。

正式名称は、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」なのですが、長いので「NHK党」と表記します。

 

で、NHK党の選挙公約ですが…

これが、非常に微妙&怪しげな状況になっています。

 

一応、2021年10月28日の段階で、公約を閲覧することは可能です。

置き場は、以下。

www.syoha.jp(2021/10/28閲覧)

 

しかし、前日の2021年10月27日時点では、このページが閲覧不能になっていました。

今後も、どうなるか分からない。

何せ、選挙戦終盤の段階で、「追加公約を出したが、1日でキャンセル・修正した」という話もありますからね。先が読めない。

mainichi.jp(2021/10/26)

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は25日、24日公表した衆院選追加公約に関し、修正を発表した。

 

5%への消費税減税は取り下げた。

10万円の期限付き電子マネーの配布と、第1子の出産時に行う母親への1000万円支給も「政府に求める」との文言を加えトーンダウンした。

 

党関係者は「主張は変わらないが、実現可能な公約にした」と説明している。

https://mainichi.jp/articles/20211025/k00/00m/010/300000cより。改行等は筆者によるもの。以下同)

 

公約をキャンセル・修正した理由が、「実現可能な公約に変えた」というもの。

それでは、選挙戦前半で示していた公約は「実現不可能だった」ということになります。

不可能な公約を世に示して、選挙に突入した。これだけでも、相当な減点対象になるのですが…。

 

------------------------------------------

 

上記の様な経緯がある為、当ブログではNHK党の各種公約に関し、詳しく触れません。

ザッと見るに、コロナ対策や経済対策等、他の党と然程変わらないものが並んでいます。大半は、党独自のインパクトに欠けるものです。

 

が、唯一「NHK党のみが掲げる公約」として、「NHK受信料」に関するものがあります。

これは、NHK党の設立当初から存在するもの。この公約のみ、掘り下げていきます。

 

 

NHK党の党首「立花孝志」氏は、元々「NHKの経理職員さん」でした。

そこでNHKの裏側を見て、不正経理に関する告発記事を出した。それが原因で、NHKを辞めた。そういう方です。

bunshun.jp(2019/8/20)

2005年4月、立花氏はNHKのオリンピック不正経理を週刊文春に実名顔写真入りで内部告発、19年間勤めたNHKを依願退職した。

 

「内部告発したら、全員電話に出なくなった。廊下ですれ違っても話もしてくれない。辞めざるを得ない状態。38歳のとき僕が放った文春砲は不発だった」

https://bunshun.jp/articles/-/13470?page=2

 

この経験が元となり、

「NHKのスクランブル放送(暗号放送)化」
「スクランブルを解除した者だけがNHKを視聴し、受信料を払う仕組みに」
「テレビを持てば無条件に徴収…では、公平さに欠ける」

という主張を展開。2019年の参議院議員選挙で、比例区にて当選します。

 

その後、他の選挙に出る為、3ヶ月程で参議院議員を辞職。

なお、辞職後に出馬した選挙(様々な選挙に4回ほど出馬)では、全てに敗れました。それ以来、公職には就いていません。「党首としての広報活動」が中心。

この間も、NHKに対する姿勢は変わらず。そこはブレてませんね。

 

------------------------------------------

 

ただ、ブレてないのは良しとして、「あちこちに手を伸ばし過ぎ」というのは…

NHK党の勢いを削ぐ行為でしょう。

 

ネットの様子や、筆者の聞き込み等から感じることは、

NHK党は、「NHKスクランブル化」という、分かり易く・実現可能で・道理に適った政策を謳ったから、議席を得た

というものです。

故に、先ずは「NHKスクランブル化」に特化して活動するべきで、それ以外は二の次。そう考える有権者は、少なくない。

 

これは、政治不信から来る反作用でしょう。

「政治家は、夢みたいなことを選挙の前に言いまくるが、当選後は公約を忘れる」という認識から来る反作用。

故に、NHK党に求められるのは、「言った事をガチでやる」「アレコレやるのではなく、一点突破で実績を出す」というものです。

有権者が強く期待するのは、「言行一致」です。

 

しかし、今のNHK党は、あちこちに手を広げすぎです。

「NHKスクランブル化と、直接的関係性の薄い公約」を並べる様では、当初の魅力が薄れる。票を減らす行為です。

 

また、先週(2021/10/24)行われた参院補選にて、「犯罪者YouTuber(へずまりゅう氏)を担ぎ出す」等のお騒がせ行動もありましたね。

これ、確実に「有権者の支持を減らす行為」でしょう。

www.tokyo-sports.co.jp(2021/10/24)

 

目立ちたいだけであり、国をよくするという考えが見えない。

そういう候補を支持する政党は、何を考え・何をやりたいのか分からない。

そう思われてしまう。

 

そして、案の定といいますか、NHK党は参院補選で惨敗しました。

この結果は、衆院選にも影響するでしょう。

 

------------------------------------------

 

有権者がNHK党に期待したのは、「ヤルと言ったことを実現し、役目を終えたら政界を去る」という、特撮ヒーローみたいな潔さでしょう。

今のNHK党に、そういう姿を期待するのは、かなり難しい。

 

そもそも、「公約が、選挙期間中に、コロコロ変わる」という不安定さ。

この行動を見た有権者は、「信用できない」と思うのが普通です。

その辺り、NHK党の上層部は分かっているのか?いないのか?

 

特に、今は「新型コロナウイルス騒動」が終わっていない混乱期。

日本の政治に対する信頼が、この上なく擦り減った状態です。

NHKスクランブル化の他に、やるべきことは山積み。

 

しかし、NHK党の存在意義が「NHKスクランブル化の実施」ですから、引っ込めるワケにもいかない。

このアンバランスさが、相当な足枷になっていますね。

NHK党の選挙戦は、強烈に厳しくなるでしょう。

 

 

--------------(記事了)--------------