makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【書籍の話】『10文字ホラー』に投稿したら、採用&書籍化されました

(※注意※)

当記事は、ホラー関連の話になります。苦手な方は、ご注意ください。

 

----------------------------------

 

今年の夏、ツイッター等で『10文字ホラー』という投稿企画が催されました。

nlab.itmedia.co.jp(2021/6/23)

2秒で涼しくなれる「#10文字ホラー大賞」がTwitterで盛り上がっています。

 

10文字ホラーとは

「一部屋だけ異様に安い」

「昨日埋めたはずなのに」

「指名手配犯と瓜ふたつ」

など、たった10文字で恐怖を駆り立てる文章のこと。

Twitterでハッシュタグ「#10文字ホラー大賞」をのぞくと面白い作品が多数投稿されています。

 

「#10文字ホラー大賞」を企画したのは氏くん(@ujiqn)さん。

9マス×6行の原稿用紙でつづる「54字の物語」や、「あたりまえポエム」など超短編文芸ブームの火付け役でもあります。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/23/news167.htmlより。改行等は筆者によるもの)

 

この企画は、「ホラー版の大喜利」みたいなものです。

5ch辺りで、よく「一行で笑わせたら勝ち」というスレッドを見かけますが、あれと仕組みは大体同じ。

 

しかし、企画のタイトルが『10文字ホラー』です。

故に、「笑い」を競うのではなく、「恐怖」「鳥肌」を競う。ここが180度違いますね。

要は、「短い文章の中に、どれだけの恐怖を詰め込むことができるか?」を競う企画です。

 

使える文字数は、漢字やひらがな等を含め、10文字。

「10文字以内」ではなく、「10文字ピッタリ」という所がミソです。

ちょっとした制限をかけることで、文章の切れ味が良くなります。

 

----------------------------------

 

実は…

筆者は、この企画に参加していました。

しかも、有難いことに入選。

 

そして、筆者の投稿作品が掲載された書籍が、今月発売となりました。

10文字ホラー 2 (星海社FICTIONS)(提供:Amazon)

 

筆者の投稿が収録されているのは、『10文字ホラー』シリーズの第2巻。

この本の55ページに、筆者の作品を収録して頂いています。

星海社様と担当者様、どうもありがとうございます。

 

----------------------------------

 

『10文字ホラー』は、「とにかく怖ければいい」というコンセプトですので、取り扱うジャンルは様々。

「心霊系」「都市伝説系」「モンスター系」「生物系」「サスペンス系」等々、テーマは幅広い。

ちなみに、筆者の作品は「都市伝説系」に分類されます。

 

その中で、筆者のお気に入りジャンルは、「ブラックジョーク系」や「意味深系」ですね。

怖いのですが、どこかニヤリとしてしまう。直接的な恐怖だけでなく、別のニオイがする。そういう作品が、チラホラ存在しています。

例えば…

「鬼が大きな桃を拾った」

「メロスは逃げおおせた」

「皆逆走してる高速道路」

…等々。

筆者は、この手のエスプリ(皮肉、ウイット)が効いた作品に、強烈な魅力を感じます。

 

 

『10文字ホラー』の単行本には、とても多くの作品が収録されています。
(1冊につき、数百個)

筆者の作品は、その中のひとつ。

興味のある方は、是非読んでみてくださいませ。ゾクゾクしたり、ニヤリと笑ったりすること請け合い。

 

----------------------------------

 

しかしまぁ、世の中は広い。

 

『10文字ホラー』単行本を読んでみれば…

「筆者の文章スキルは、決して高くない」ということを、改めて思い知らされます。

素晴らしい作品が多い。素晴らしい文章を書く方も多い。筆者は、まだまだ精進が足りませんねぇ。

 

筆者は、他投稿者さんの作品を見て、結構な刺激を受けました。

何だか、創作意欲が湧いてきた。

この機会に、ホラーテイストのある小説を執筆してみましょうか…。

 

 

-----------------(記事了)-----------------