makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【災害の話】地震とエレベーター

昨夜(2021年10月7日・22時41分頃)、関東地方で強い地震がありました。

震源は千葉県。最大震度5強。関東地方だけでなく、東海・上越・東北地方にも影響が及びました。

筆者は関西人ですが、震度1程度はあったそうで。筆者本人は気付かなかったくらいの微震でしたが、関東の地震で発生した揺れが・関西へも届いたのです。かなり強烈だったと推察できます。

www.asahi.com(2021/10/8)

www.yomiuri.co.jp(2021/10/8)

 

7日午後10時41分頃、千葉県北西部を震源とする地震があり、東京都足立区、埼玉県川口市、宮代町で震度5強を観測した。

気象庁によると、震源の深さは75キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・9と推定される。

 

東京23区内で震度5強を記録したのは東日本大震災が発生した2011年3月11日以来、10年ぶり。

横浜市や千葉市など4都県でも震度5弱を観測した。

 

気象庁は、今後1週間程度は、最大震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20211008-OYT1T50106/より。改行等は筆者によるもの)

f:id:tenamaka26:20211008171050p:plain

(「地震」イメージ画像:https://illustrain.com/?p=30808

 

----------------------------

 

地震発生から一夜明けた本日。被害状況が分かってきました。

怪我人の発生、火事、インフラ設備の破損、交通の麻痺。その他諸々、広範囲に被害が発生したとの情報はありますが、死人が出たという情報は出ていません。不幸中の幸い。

 

ただ、改めて「怖いな」と感じたのは、「エレベーターの閉じ込め案件」がいくつか発生していることですね。

www3.nhk.or.jp(2021/10/8)

国土交通省によりますと、7日夜の地震で首都圏を中心に7万5738台のエレベーターが停止し、このうちエレベーターに閉じ込められたケースが、東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県で合わせて28件あったということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211008/k10013297971000.html

 

上記ニュースにある28件については、全員救助完了して無事だったとのこと。一安心です。

ただ、これを良い機会として、「地震でエレベーターが影響を受けた時、どうするか?」という点について、少し深掘りしておいた方が望ましいでしょう。

そんなことは、普段の生活では滅多に起きるものでもないし、考えることでもない。故に、発生した今だからこそ、考えるチャンスです。

 

----------------------------

 

一例として、「日本エレベーター協会」さんのページを見てみましょう。

ここには、「災害とエレベーター」というテーマで、特集ページが組まれています。参考になります。

www.n-elekyo.or.jp(2021/10/8)

 

上記ページの内容を、筆者なりにザックリまとめてみると…ポイントは以下。

先ずは、エレベーターの基本構造について。

 

(1)エレベーターは、一定程度の地震が発生すると、センサーが揺れを検知し・自動的に「最寄り階」で停止する。
停止後は扉が開き、中に人を閉じ込めない仕組みになっている。

(2)最寄り階に自動停止後、一定時間で扉は閉まる。
この後、中から扉を開くことは可能だが、外から扉を開くことはできない。
これは、「エレベーター内へ、新たな人が乗り込むのを防ぐ」という目的の安全装置によるもの。

(3)震度4以上の揺れで停止した場合、技術者による点検を行わない限り、エレベーターは停止したままである。

(4)「エレベーターに損傷が発生しないほどの軽微な揺れ」だった場合は、一定時間経過後、自動的に運転を再開する。

 

 

次に、「エレベーター搭乗時に災害に遭った場合、搭乗者が取るべき行動」について。

 

(1)エレベーターには、自動的に最寄り階へ止まる機能がついている。
が、何らかの理由で作動せず、自動的に止まらないこともあり得る。
その為、搭乗者が全ての階の停止ボタンを押し、最初に止まった階で速やかにエレベーター外へ出ること。

(2)万が一閉じ込められてしまった場合。備え付けのインターホンを使ったり、表示してある緊急連絡先等に電話する等、外部への連絡をとること。

(3)停電する場合もあるが、非常用バッテリーで照明が作動する。真っ暗にはならないので、怖がらないこと。

(4)閉じ込められても、内側から無理に扉をこじ開けたりせず、落ち着いて救助を待つこと。

 

----------------------------

 

この様な「災害発生時の対処法」を事前に知っていれば、本当に災害に遭遇した時、慌てずに済みます。

普段からの情報収集は、とても重要。

 

災害は、何時・何処で起こるか分かりません。「自分だけは大丈夫」と断言できる人は、誰もいません。

「明日は我が身」と考え、早めに動き始めましょう。そうすれば、助かる確率が上昇します。

 

備えあれば患いなし。

 

 

--------------(記事了)--------------