makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【今週のお題】今月の目標は、3ヶ月前から決まっていました

今週のお題「今月の目標」より~

 

「2021年10月の目標」ですか?

 

はい、明確なものを持っています。

しかも、3ヶ月ほど前から意識していた目標です。

 

その目標とは、

「ブログ連続掲載日数・1000日達成」

です。

 

予定通りに事が進めば、今月中に達成できます。

 

------------------------------------------

 

当ブログ『makaran宝箱』は、今から2年半ほど前、2019年1月21日に本格的連載を開始しました。

 

ブログ開設そのものは、もっと前でした。

が、何やかんやで連載体制が整わず。やっとこ体制が構築できたのが、2019年に入ってから。

その後、1日も休むことなく記事を連載し続け、連続1000回までもう少し。

 

ここまで来れたのは、ひとえに「記事を読んで頂いている読者様」のおかげです。

また、同率首位といえるレベルで、「リアル世界で筆者を支えてくれた関係者の方々」のおかげ。

筆者の力など、微々たるものです。皆様、ありがとうございます。

 

------------------------------------------

 

しかし…

まだ「1000日連続」を達成したワケではありません。油断は禁物。

いざという時の為に、記事のストックは少々作っていますが、それにも限界がある。

 

例えば、時事ネタの扱い。

当ブログでは、頻繁に時事ネタを掲載しますが、状況は刻一刻と変わるものです。ストックした記事と現在の内容が180度変わることも、無いとは言えない。故に、気は抜けない。

 

例えば、筆者の体調。

記事のストックが多くとも、不意の事故や病気になってしまえば、連載が途切れる恐れ大。故に、気は抜けない。

 

他にも、懸念材料は多い。

それら全てに対策を打つというのは、費用や労力の面からいって、非現実的です。

可能なことを、可能な範囲でやるだけ。

 

------------------------------------------

 

これは、仕事と同じですね。

 

何もかもをカバーした、100%の安全策というのは無理。

許されたコストの中で、最も効果的な方法を考える。そこが限界です。

 

他方、「もし失敗したらどうしよう」とビクビクしてばかり…ってのもアホらしい。

その当時、考えられる最善の手を打った上で、それでもなお失敗したら、「限界までやったんだから仕方ない」とスッパリ諦めがつく。

 

やることをやった上で失敗し、スッパリ諦めがついた場合、後悔はありません。

そういう状況になれば、「今後に活かす教訓」を得易い。スッキリした状態で、反省点や改善箇所を分析できますからね。

 

中途半端な状態で失敗すれば、「あの時、こうしておけば…」という奇妙な後悔が生まれてしまいます。それはよくない。

嫌な思い出になってしまえば、思い出すこと&分析すること自体を避けがちになる。その状態では十分な分析ができず、成長もない。悪循環に陥ってしまう。

そういうサイクルに入るのは、百害あって一利なし。

 

------------------------------------------

 

とまぁ、失敗した後のことばかりを述べてしまいましたが、現時点で失敗する気は毛頭ない。成功させる気しかありません。

 

もし失敗するとすれば、筆者が「ブログを書くか、死ぬか」という究極の二者択一を迫られた時くらいかな?

または、筆者が意識不明の重体になった時か?

若しくは、ネットやシステムが壊滅的打撃を受けた時か?

 

いずれにせよ、自分の怠け心で失敗する気はありませんし、そうなるイメージも湧きません。

1000日近くも連載を続けると、ブログ執筆が習慣化してしまいます。何も特別なことはない。普通に生活し、ご飯を食べたり・職場へ行ったりするのと同じレベルになります。

こうなると、「失敗のイメージを思い描くこと」の方が難しい状態になります。失敗する気がしない。

ただ、慢心に繋がると危険ですから、心のどこかに「油断すると、失敗する」という警告を持ち続けています。油断大敵。

 

------------------------------------------

 

筆者の人生の中で、「1000日間、ひとつのことをやり通しました!」と言えるネタは…正直言って見当たりません。今回が、初の経験になるかもしれない。

そういう意味では、(ちょっとオーバーですが)人生の大イベントになる可能性すらある。

 

ここが正念場です。

肩に力を入れ過ぎることなく、達成の日まで平穏無事に活動できる様、気を付けて参る所存です。

もう少し。あと少し。

 

 

-----------------(記事了)-----------------