makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【SNSと就活の話】「裏アカ調査会社」の存在(前編)

本日のニュースのなかに、こんな記事がありました。

テーマは、「SNSの裏アカと、就職試験」について。

www.asahi.com(20201/9/25)

東京・飯田橋の雑居ビルの一室。

3人が黙々とパソコン画面に向かう。

 

手元には1通のエントリーシートがある。

金融会社へ転職を希望する20代女性のもの。

女性が匿名で投稿しているSNSのアカウントを見つけ出し、隅々まで内容を調べる。

すぐに副業をしていることが発覚した。現在の勤務先は副業を禁じている。「問題あり」とする報告書が作られた。

 

同じ会社に入社希望の20代男性についても調べる。

「コロナに効く」とする健康商品の広告を自らのSNSに転載し、拡散させていた。

この商品は、宣伝文句に根拠がない恐れがあるとして、消費者庁が注意を呼びかけていた。

https://www.asahi.com/articles/ASP9P4Q36P8RPTIL02M.html?iref=pc_rensai_article_short_1317_article_1より。改行等は筆者によるもの。以下同)

 

上記記事は、「某調査会社が提供するサービス」に関するものです。

そのサービス内容は、「就職希望者が、SNSでどういう発言をやっているか?」を調べ、依頼企業に報告書を提出するというもの。

この調査会社の根性は凄い模様で、いわゆる「裏アカ(裏垢)」まで調べるとのこと。

 

「実名を出すと、後で色々と面倒なことになる話題」について、匿名で発言するのが「裏アカ」ですが…

上記記事で紹介された調査会社さんは、その裏アカの持ち主(実名)を特定するそうです。

 

「どんな方法で調べるか?」は企業秘密であり、「どんな会社から依頼が来るのか?」も分からない。

故に、筆者のレベルでは裏取り不能。

ただ、この手の企業が存在して当然だ…と考えます。「事実無根の真っ赤な嘘」ではない。

 

この手の話を考えるポイントは、2つ。

「需要」「能力の信憑性」です。

 

------------------------------------------

 

先ずは「需要」

「この手の調査会社を欲している企業」が存在しなければ、調査会社も存在し得ない。自明の理です。

 

そう考えると、「SNSが原因で、企業への大ダメージが発生した」という話が思い浮かびますね。

一時期、「バイトテロ」「バカッター」「バカスタグラム」という呼称で、SNS経由の炎上騒ぎが頻発していました。ああいう話です。

 

現在でも、たまに炎上しています。

今年の6月頃にも、「飲食店の厨房や休憩室で、従業員が”食べ物を粗末にする動画”を撮影してSNSにアップし、拡散されて大炎上」「店内監視カメラの映像を見て、客に向かってセクハラ発言」という事件が、ポツポツ起きています。新聞記事にもなりました。

www.j-cast.com(20201/6/7)

www.asahi.com(20201/6/14)

www.itmedia.co.jp(20201/6/23)

・6月5日:コンビニ店員らが店のバックヤードに設置されたモニターで、レジに並ぶ女性客の胸をのぞく(TikTok)

 

・6月8日:ピザチェーンの店員がシェイクをヘラですくってなめる(Instagram)

 

・6月13日:カレーチェーン店員が休憩室で賄(まかな)いのカツカレーに陰毛らしきものを「スパイス」と称して投入する(Instagram)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/23/news112.html

 

この類の問題が発生したら、企業が喰らうダメージは巨大です。

やらかした本人に罰を与えたり、巨額の損害賠償を支払わせても、「企業として失ったもの」に比べれば小さな話です。取り返しがつかない。

 

故に、予防へパワーを注ぐ。

その為に、入社試験の段階で「裏アカで危険な情報を流している者」を探し、入社を断る。危なっかしい連中の入社を、水際で阻止するのです。

企業の防衛本能を考えれば、普通に納得のいく話。調査会社の需要は、存在しますね。

f:id:tenamaka26:20210926175855j:plain

(イメージ画像:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89-423857/

------------------------------------------

 

「需要」の次は、「調査能力の信憑性」について考えます。

 

筆者はプロの探偵でも何でもないので、実際に「他者の個人情報」を調べた経験はありません。

しかし、「裏アカから個人を特定する」というスキルやサービスが存在しても、特に不思議な話ではない。そう考えています。

そう考える理由は、「裏アカを作る人の心理」にアリ。

 

裏アカで活動する人々は、「SNS上では、実名さえ名乗っていなければ、身元はバレない」と思う傾向が強い。

そう思っているからこそ、表に出せない話を流す「匿名の裏アカ」を作っているワケですからね。

 

しかし、「本名さえ出さなければOK」というのは、大きな間違い。その油断が、かなりの命取りです。警戒心を持たずに、目についたものを垂れ流すサイクルに入りがち。

そういうサイクルに入ったら、「身元がバレる情報」を裏アカに混ぜ込んでしまいます。その手の情報を拾われたら、素人でも身元特定が可能。

素人でも可能ですから、専門業者の手にかかれば造作もないことです。

 

故に、「調査能力の信憑性」に関しては、それなりに信用できる話だと考えます。

何でもかんでも分かるわけではないとしても、かなりの高確率で身元がバレる。そう考えるのが自然。

 

------------------------------------------

 

では、どんな投稿が身元特定へと繋がってしまうのか?

匿名で投稿したのに「実名がバレる情報」というのは、一体どんなものか?

その具体的な事例については、次回記事にて。

 

長くなるので、本日はここまでとさせてください。

 

 

--------------(記事了)--------------