makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【アニメの話】”余計な味付け”は、不要です

言わずと知れた超有名漫画作品、『鬼滅の刃』。

その新作アニメ(第2期)について、放送内容等の詳細が発表されました。

 

放送開始は、この秋(恐らく10月)から。

放送時間は、日曜深夜。

放送局は、フジテレビ。

hochi.news(2021/9/6)

 

----------------------------------

 

上記「テレビアニメ化」の話は、今年の2月頃にはニュースになっていました。

そして、プチ炎上を伴って話題になりました。

 

なぜ、プチ炎上したのか?

その理由は、以下の2つ。

(1)舞台が「遊郭」であること

(2)放送局が「フジテレビ」であること

 

それぞれについて、詳しく見てみましょう。

 

----------------------------------

 

まず(1)から。

 

今回アニメ化される「遊郭編」は、コミックスの9巻近辺から描かれ始めた話。

鬼殺隊の最高位剣士「柱」の一角、音柱の宇髄天元(うずい・てんげん)が活躍するパートです。

鬼滅の刃 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)(提供:Amazon)

 

ただ、舞台が「吉原遊郭」。今でいう「性風俗街」です。

漫画本編では、生々しい性描写はありません。が、子供さんに「遊郭って何?」と質問されたら、親御さんは答えに窮する可能性・大。

故に、一部で「炎上騒ぎ発生」と報じられました。

www.daily.co.jp(2021/2/20)

大ヒット漫画「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「遊郭編」の年内放送が発表されたことに対し、ネット上で「遊郭を子供にどう説明すればいいのか」「遊郭は子供に悪影響」などの意見が起こり、是非を巡る論争投稿が飛び交う騒動となっている。

 

鬼滅の次期作は、映画版「無限列車編」に続くストーリー。

鬼殺隊剣士、音柱の宇髄天元が主人公の竈門炭治郎らを率いて、不穏な動きがある吉原遊郭に潜入。遊郭に潜む鬼、上弦の陸・堕姫らと戦う。

遊郭が戦闘舞台となり、堕姫が鬼になった過去にも遊郭が関係している。

 

華やかな物語舞台として登場するが、ネット上では、遊郭が描かれることについての戸惑いや、「女性差別」との意見もみられ「炎上」と騒ぎになっている。

(https://www.daily.co.jp/gossip/2021/02/20/0014094129.shtmlより。改行等は筆者によるもの。以下同)

 

筆者が思うに…

遊郭編は「週刊少年ジャンプ」で既に連載された話。さほど「お色気シーン」があったワケでもない。お子さんの視聴には、十分耐え得るレベルでしょう。

「今更騒がれても、どうしようもない」というのが、本当の所です。

 

----------------------------------

 

そして(2)に関する話。

主要テレビ局が「フジテレビ」であることが、結構な不安材料と見做されました。

 

フジテレビには、アニメに関して「前科」があります。

「局の都合で、原作を無視し・色々と作り変える」という前科が。

www.jprime.jp(2021/7/14)

 

今回のアニメ化は、第2期となります。

前回の第1期は、「東京MX」や「読売テレビ」等で放送されていました。フジテレビは、直接関わっていません。
(地方のフジ系列局では、流している場合もありました)

 

今回は、フジテレビが中心になって、アニメ化の話が進んでいます。

そして、内容が「遊郭」。先述の通り、一部視聴者から「子供に説明できない」という意見も出ている。

この状況から、「ひょっとして、変な具合に改変されるのでは?」とファンが考えるのは、仕方ないことです。故に、不安視されている。

 

----------------------------------

 

ただ…

今のところ「変な改変をしない」というコメントが、フジテレビ側から出ていますね。

また、遊郭を舞台にした物語に若年視聴者などを対象に原作のままの放送が可能かの見方があったが、会見に出席した中村百合子編成部長は

「午後11時15分からの放送も内容を考慮したわけではなく、テーマ性の深さを考慮した形です。内容は変えない形で放送します

と断言。

 

「社会現象になっている作品であり、視聴者からの大きな反響もあります。日曜の夜に日常を超える感動をお届けしたいと思っています」

と意気込みを語った。

https://hochi.news/articles/20210906-OHT1T51065.html

 

この言葉を信じるなら、一安心といったところです。

しかし、本当のところは「蓋を開けてみるまで、分からない」

こう考えているファンの方は、少なくないでしょう。

 

仮に改変しても、テレビ局が著作権保持者と話を付けていれば、法的問題は発生しない筈。

であれば、利益を得る為に局の都合を優先させることも…無いとは言えない。

まぁ、会見で「内容は変更しない」と断言した手前、そう簡単に変えるワケにもいかない。もし内容を変更すれば、フジテレビは「嘘つき局認定」を喰らいますからね

 

 

映像化への期待以上に、改変の不安が濃い。そんなアニメ『鬼滅の刃』第2期。

フジテレビが、過去の汚名を返上するか否か?

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

 

第一話 残酷