makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【仮想通貨・暗号資産の話】貯金が困難な法廷通貨は、国を不安定にする

本日は、「暗号資産」「仮想通貨」の話をば。

 

当ブログをよく読んで頂いている方なら、何となく察して頂けると考えますが…

今回の記事は「こんなに儲かる!」という話ではなく、「やはり怪しい」という”疑いの眼差し”で書いたものになります。

その点はご了承くださいませ。

 

------------------------------------------

 

では、本題に。

 

ここ2~3日で、「暗号資産絡みのキナ臭い話」が噴出しています。

国家レベルの大きな話から、投資詐欺絡みの胡散臭い話まで色々。

ニュースの見出しをパッと見ただけでも、以下の様な記事がヒットします。

 

◆中米の国家「エルサルバドル」で、仮想通貨「ビットコイン」を法定通貨と認めた途端、大暴落。

www.businessinsider.jp(2021/9/8)

 

◆アメリカの超有名金融機関「JPモルガン」が、暗号通貨バブルを警告。

forbesjapan.com(2021/9/7)

 

◆暗号資産関連の日本企業「デジポケ」が破産。負債額は、約100億円。

www.asahi.com(2021/9/8)

www.tdb.co.jp(2021/9/8)

 

◆「監督官庁の許可を得ずに、暗号資産関連の事業をしていた会社」が摘発され、関係者7名が逮捕された。投資詐欺の疑いもあり、警察が捜査を進めている。

www.jiji.com(2021/9/8)

mainichi.jp(2021/9/8)

 

------------------------------------------

 

筆者が特に注目するのは、エルサルバドルに絡む話ですね。

 

エルサルバドルは、人口640万人ほどの国。

長らく戦乱や独裁政治が続いていたせいで、現在でも治安や経済等に問題を抱える国です。

主要産業は、農業や軽工業(衣服製造)等。現地の方に怒られそうな言い方ですが、お世辞にも豊かな国とはいえない。

 

そんなエルサルバドルで、仮想通貨のひとつ「ビットコイン」が法定通貨として認められました。世界初の事例です。

”法定”ですから、国が認めた通貨ということ。これまでは、主に「アメリカ・ドル」を通貨として使っていましたが、そこにビットコインが追加されたのです。

 

ただ、国内通貨を一気にビットコインへ替えるワケではありません。

本命は、今まで通り「米ドル」です。それに次ぐ通貨として、ほんの少しビットコインを取り入れたというレベル。

 

------------------------------------------

 

ここで、ひとつ疑問が。

そもそもエルサルバドルは、何故ビットコインを法で認めたのか?

これにはいくつか理由がありますが、主要なものは以下の2つ。

 

(1)エルサルバドルでは、外国(特にアメリカ)へ出稼ぎに行って、そこで得た収入をエルサルバドルに住む家族へ送金する場合が多い。その際、送金手数料が結構かかる。

ビットコインの場合、その手数料が安く済む。故に、ビットコインを勧める。

 

(2)エルサルバドルでは、銀行口座を持たない人が多い。

「国民の70~80%は、口座を持っていない」という報告もある。

口座を持たない人は、金融取引に参加できない。また、先に出た「外国からの仕送り」も受け取り難い。その為、「スマホがあれば何とかなる」というビットコインを勧める。

 

www.youtube.com(2021/9/8)

 

------------------------------------------

 

この様に、「エルサルバドル経済にメリットをもたらす」として取り入れられたビットコインですが…。

今のところ、風当たりはキツイ。

 

ビットコインは、値が激しく動きます。安定した通貨とは言い難い。

ビットコインを扱うには、スマホ等の情報端末が必要です。が、機械の扱いに慣れていない人もいます。特にお年寄りには難しい。

ビットコインを法定通貨とするなら、強制性が生まれます。つまり「ビットコインによる支払いを断れない」という場面も出てくるのです。

…こういう理由で、国内外から疑問の声が出ています。

jp.reuters.com(2021/9/8)

www.businessinsider.jp(2021/9/8)

 

エルサルバドルのケースは、壮大な経済的実験といえますね。

きちんとした結果が出るまでには、時間がかかるでしょう。

 

ただ…筆者が思うに、現在の状況では失敗する可能性が高い。

 

日本の「マイナンバーカード」「マイナポイント」と同じに見えます。

国主導で、無理矢理ネジ込もうとする風にしか見えない。国民から、「裏で利権が動いているのか?」と疑われたら、頑なに使わない人も出て来るでしょう。

 

値動きが荒いのも頂けない。

1時間で1%程度の値動きはザラ。1日で10%、半年で300%の変化を見せることもある。

「貯金しても、価値が安定しているか分からない」という危なっかしい代物は、ちょっと通貨として使えないでしょう。

 

お金は、経済の基本。

自国で使うお金を、自国の政府が制御できないのであれば、国の経済は不安定化します。

エルサルバドルの選択は、不安定化を呼び込む気がしてなりません。

国全体を巻き込んだ、壮大なギャンブルが始まったのか…?

 

 

--------------(記事了)--------------