makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【政治の話】「単なる選挙対策?」との疑念

本日のお昼。

出先でテレビを見ていると、速報が入りました。

内容は、「菅総理が、退陣する」というもの。急な展開で、驚きました。

www.sankei.com(2021/9/3)

 

菅義偉首相(自民党総裁)は3日の臨時役員会で、自身の任期満了に伴う総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補しないと表明した。

 

首相は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で内閣支持率が急落し、自民党が10月21日に任期満了となる衆院選を戦うためには自身の退陣も含めた人心一新が必要と判断したとみられる。

菅内閣は約1年で終わることとなった。

 

役員会出席者によると、首相は不出馬の理由について、新型コロナウイルス対策に集中するためと説明した。

6日に実施を予定していた党役員人事は見送る。

https://www.sankei.com/article/20210903-M7LBPHQS2RLJFLZXCHCT3XE5WI/より。改行等は筆者によるもの)

 

菅総理は、
「総裁選と新型コロナウイルス対応は、両立できない」
「新型コロナウイルスへの対応に集中する為、総裁選には出ない」
と述べています。

 

まぁ、それなりに筋は通っていますが…

どうしても、鵜呑みにできません。

なぜならば、「衆議院議員選挙が目の前」という事情がある為です。

 

------------------------------------------

 

緊急事態宣言は、延長しまくり。

新型コロナウイルスに打ち勝ってもいないのに、五輪を強硬開催。

随分前から「このままでは、医療が逼迫する」と警告されていたのに、効果的な対策を打てず、医療崩壊が現実化。

他のネタも尽きない。元閣僚や自民議員の不祥事&有罪判決。アフガニスタンの退避問題。その他多くの「ツッコミを喰らうネタ」が、菅政権に湧いてきました。

 

最もマズかったのは、「質問にちゃんと答えない姿勢」ですね。

これは、菅総理に限ったことではなく、菅政権全体に蔓延していた悪癖です。

まぁ、正確に言えば「菅総理の前、安倍政権の時から続く悪癖」なんですけどねぇ。

 

はい・いいえで答えるべき質問に対し、曖昧or無関係の返答。

「安全安心」というフワフワした表現だけで、明確な返事はナシ。

掘り下げた質問が飛べば、「いずれにいたしましても」の決まり文句で、強引に話を終わらせる。

こういう場面が、沢山ありました。

 

この手のヤリトリが行われるのは、主に記者会見です。

会見の場にいるのは、報道関係者ばかり。その関係者に向かって、上記のゴリ押し&曖昧返答を連発し、時間が来れば会見終了。そんな光景は日常茶飯事です。

 

ただ、忘れてはいけない点があります。

それは、「その場には報道関係者しかいないだろうが、会見の模様を多くの国民が見ている」という事実です。

今は、ネットの動画配信等を使って、記者会見をフル視聴できます。ライブ配信でも、見逃し配信(録画映像)でも。

 

ゴリ押しの証拠は、いつまでも残ります。SNS等で、検証&意見交換も行われます。

会見の場をやり過ごしても、「国民からの不信」を買えば、後で倍返しを喰らうのです。

政治家さん達が生まれ育った「古き良き昭和の世の中」とは、大きく違うのです。

 

------------------------------------------

 

8月21日と22日に、産経新聞社・フジニュースネットワークが行った世論調査では…

内閣支持率は約32%。不支持率は約61%。

 

8月7日に、朝日新聞が行った世論調査では…

内閣支持率は約28%。不支持率は約53%。

www.asahi.com(2021/8/8)

 

産経は、現与党に甘い記事を出しがちです。その新聞社が、「支持率32%」と報じた。

現政権に批判的な朝日新聞は、支持率28%。ほぼ産経と変わらない。

双方を足して2で割れば、ちょうど30%になります。一般的に「危険水域」と呼ばれる値。

 

今の状況で、この秋に実施される衆議院議員選挙を戦えば、現与党勢力の苦戦は必至。

故に、今回の菅総理退陣となった。筆者を含め、多くの方がそう考えています。

 

ただ、次の総理が選挙前に出てきたとしても、総理としての実績はゼロ。

評判の悪い菅政権よりはマシかもしれませんが、かといってプラスになるかは微妙です。

「選挙をやり過ごす為の見せかけ」という風に捉えられたら、逆に傷口は広がる。

 

少なくとも、「いずれにしても」「安全安心」という粗末な決まり文句を使っているうちは、与党勢力全体が信用して貰えない。菅総理がいなくなれば、解決するレベルではありません。

恐らく次の衆院選は、相当なカオス状態に陥るでしょう。投票率も上がり、組織票の効き目も薄れる筈。

 

------------------------------------------

 

新型コロナウイルス騒動は、人間社会に様々な不幸を招いています。

ただ、「政治を真剣に考える人が増えた」という状況も招いた。これは、数少ない利点といえるでしょう。

 

政治は、誰がやっても同じ…ではない。

国民の多くが、本気でそう思って行動した時、日本は生まれ変わる。

願わくは、次の衆院選で動く方が増えますように。

 

 

--------------(記事了)--------------