makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【災害の話】関西圏は、これからが危険

全国的に、雨が降っています。

いや、「雨が降っている」というのは生易しい表現ですね。「豪雨災害」と書くべきです。

 

この記事を書いているのは、2021年8月14日の17時頃。

現在、九州地方や中国地方を中心に、酷い被害が報告されています。

www3.nhk.or.jp(2021/8/14)

www.youtube.com(2021/8/14)

 

上記動画には、「TSUTAYA」と「しまむら」が映り込んでいますね。

Googleマップで見ると、以下の位置です。

 

この様な冠水被害は、武雄市だけではなく、アチコチで発生しています。

九州北部、中国地方、中部地方、東海地方…等々。尋常ではない雨が降り、水に浸かる家屋が多数。

 

----------------------------

 

筆者は、関西人です。

関西地区の雨はどうか?…と申しますと、かなり激しい。道が川みたいになっている所も多い。

 

気になるのは、「関西地区の雨は、場所によって、今夜から明日の明け方にかけてがピーク」という予報が出ていることです。

既に、かなりの雨が降っている。そこへ追加の雨。洪水も怖いですが、地盤の緩みも怖い。

 

京都では、清水寺に近い地域で、既に土砂崩れが発生しています。

筆者は、この辺りで土砂崩れが起きたという話は…聞いた記憶がない。

www.youtube.com(2021/8/14)

 

上記動画の様な災害は、何時・何処で発生するか分からない。

行動可能な方は、明るいうちに動いてください。

暗くなってからでは、身動きが取りにくい。

 

避難所に行こうと考えている方は、今すぐに行動を。

但し、避難所までの道のりが安全かどうか分からない時は、動かない方がよいこともあります。

慌てて飛び出すのは危険です。周囲の状況を把握した上で、早めの行動を。

 

----------------------------

 

この手の「避難に関する話」は、当ブログでも散々書かせて頂きました。

が、書いて書き過ぎるということはありません。何度でも繰り返して書きます。

 

災害から逃れるには、適切な避難行動が肝心です。

何時・何処で・誰が被災するか分からない。「この辺は、これまで大きな災害は発生していないから、今回も大丈夫だろう」という思い込みが一番危険です。

被災した方の多くは、こう言うのです。

「まさか、ここで災害に遭うとは思わなかった。何十年も住んでいるけど、初めてだ」

災害は、基本的に「予想外」のもの。被災することを前提にして動いた方が、手遅れになりにくいものです。

 

避難のタイミングを決めるには、「各種情報を得ること」が重要かつ不可欠。

気象庁・地方自治体広報・各種報道機関など、普段から使っている「信用できる情報源」からの情報を、最も重きに置いてください。

SNS等のクチコミも役に立つ場合がありますが、玉石混交である場合が多い。故に、最重要視するのは止めた方がよろしいかと。位置づけは「第二の情報源」くらいで。

 

----------------------------

 

気象庁・地方自治体広報・各種報道機関などからは、必ず「○○地域に、警戒レベル××の情報が出ました」という発表があります。

その数値を参考に、避難行動を進めてください。

警戒レベルは、全部で5段階。筆者なりの言葉でザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

(レベル1)
今後、災害が起きる恐れあり。各種情報に敏感になってください。

(レベル2)
レベル1より危険度アップ。いつでも避難できる様に、「非常用持ち出し袋」等を準備し、避難場所と経路を再確認してください。

(レベル3)
危険度が更にアップ。避難所から遠くにお住まいの方や、避難に時間がかかる方(高齢者や障碍者など)は、この段階までに避難を始めないと危険。動き始めてください。

(レベル4)
最終警告レベル。避難できる人は、全員、今すぐ避難してください。

(レベル5)
もう手遅れかも知れません。避難所に移動することが、かえって危険な場合もあり得るので、各自の判断で行動してください。

 

もっと詳しく知りたい方は、以下のページ(政府広報)を参考になさってください。

www.gov-online.go.jp(2021/5/28)

 

----------------------------

 

なお…

この手の避難話になると、筆者が必ず言及する、ひとつのニュースがあります。

今回も同様。何度でも繰り返して書きます。

 

その話は、2018年に起こった、実際の話です。

内容は、

「大雨が降るとの情報が出た時は、いつも早めの避難を心掛けていた」
「避難を20回以上やったが、全て空振りだった」

「しかしその習慣のおかげで、本当に土砂崩れが起こって家が潰れた際も、避難していて助かった

というもの。

tenamaka26.hatenablog.com

 

「自分だけは大丈夫」と思い込まず、
早めの避難を「習慣」として続けた結果、
最終的には命が助かった

…という実際の話です。

 

この話を教訓とし、多くの方が「早めの避難行動」に出て、ひとりでも多くの方が助かって欲しい。

災害は、何時・何処で・誰が巻き込まれるか分からないものです。用心に越したことはありません。

「そこまでする?」と言われるくらいで、ちょうどいい。筆者はそう考えています。

 

動ける方は、早めの行動をお願い致します。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

  • 作者:山村 武彦
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 単行本
 
自衛隊防災BOOK

自衛隊防災BOOK

  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)