makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルス騒動の話】クラスター対応の転換点?

新型コロナウイルス騒動は、相変わらず沈静化の兆しを見せません。

沈静化どころか、日に日に勢いを増している。

日本国内でのワクチン接種が進んでいますが、新株が次々に流入していて、十分に防御しきれていない。

長い戦いになりそうです。

 

------------------------------------------

 

そういえば…

ここ最近、結構な規模のクラスターが発生している模様です。

例えば、大阪の「阪神梅田本店」や、東京の「伊勢丹新宿店」等。100人を超える規模の感染が起きた店もあり、全館休業になったという話も聞きます。

www.asahi.com(2021/8/7)

 

そして先日。「恐ろしい所でクラスターが発生した」というニュースが報じられました。

どこで発生したのか?…といえば、何と「原子力発電所」です。

www.fukuishimbun.co.jp(2021/8/8)

 

関西電力は8月7日、高浜、美浜原発に勤務する協力会社の12人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

うち10人が感染しクラスターが発生した高浜原発では、接触の可能性がある協力会社の674人を自宅待機とし、検査を進めている。

高浜3号機で進めていた追加の安全対策工事は一時中断する。再開時期は未定。高浜3、4号機と美浜3号機の営業運転に影響はないという。

 

関電によると、高浜原発で感染が確認されたのは、協力会社5社に勤める福井県敦賀市の50~60代の男性3人と、京都府舞鶴市の20~30代の男性7人。

3号機の追加の安全対策工事で建屋内の火災感知器設置工事の足場を組む作業を担っていた。舞鶴市の7人は福井県の発表分に含まれていない。

同原発のクラスターは計11人となった。

 

関電は、同じ現場で働いていた13人と同じ事務棟にいた661人を6日から自宅待機とした。原発運転員との接触はないという。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1374087より。改行等は筆者によるもの)

 

上記ニュースによれば、感染者とされたのは11名。百貨店に比べれば、数字は小さいかもしれません。

しかし、700名近くもの関係者が、一斉に自宅待機となっています。これは怖い。

原発を運営する関西電力の話によると、「今回のクラスターで多人数が自宅待機となったが、原発運営に支障はない」そうです。

 

まぁ、関電がそう言うのなら、そうなのでしょう。

さすがに、適正人数を欠いたままで運転するのは危険です。

過去には、福島第一原発事故の影響で原発停止となったこともあります。必要人員を欠いたままで無理矢理運転し、何か事故でもあろうものなら、福島の騒ぎどころではなくなるでしょう。

「危ないの分かっていて動かしたのか?」「またルール違反か?」となれば、国民から大バッシングを喰らって、原発の1つや2つくらいは解体する羽目になる。そんな恐れもありますから…ねぇ。

 

------------------------------------------

 

ただ、今回は運転停止を回避できたとしても、次回はどうなるか分からない。

複数の原発で、同時多発的にクラスターが発生するかも知れない。そうなるとキツイですね。運転停止に追い込まれる可能性は、ある。

 

この手の話は、何も原子力発電所だけが悩む話ではありません。

例えば、警察署。警察署が営業停止になることは、あってはなりません。クラスター発生に、トップクラスで敏感になるべき施設です。

しかし、相手は感染力が強くなる一方のウイルス。完全に防ぐことは難しい。実際に、クラスターが発生した警察署は、全国各地に多数アリ。油断できません。

www.fnn.jp(2021/8/6)

 

クラスターを防ぐには、「ワクチン接種の推進」「マスクや手洗いを欠かさない」等、今まで行ってきた対策が重要。これは言うまでもありません。

が、「軽症者や初期中等症(中等症Ⅰ)の患者は、家庭で療養する」という政府方針は駄目です。

今からでも、「ホテル借り上げ」や「プレハブ建設」で、隔離施設を設ける必要アリ。

 

患者さんの症状が軽くても、周囲にウイルスを撒き散らすのです。

隔離は、「感染拡大防止」が最大の目的である筈。家庭内に患者を留め置いたら、家族全員が感染する可能性の方が高い。

警察官や原発関係者を、家族に持つ方も多いでしょう。そんな家庭に患者を放置すれば、どうなるか?

言うに及ばず…ですね。

 

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、容体が急変することが少なくない。特に中等症は危険。

家にいたのでは、容体急変に対応しきれません。

迅速な対応を可能にする為にも、隔離療養施設を増やすべきです。

 

借り上げや建設に関する予算は、昨年度から繰り越したコロナ対策金を含む「30兆円」で十分足りる筈。

なぜ使わないのか?

www.yomiuri.co.jp(2021/7/26)

 

今の日本は、「根性論」や「感情論」ではどうしようもないレベルに、どんどん追い込まれているのです。

政治家お得意の「利権云々」を考えている余裕も、存在しない。

1日でも早く動き出せば、感染者は数千人単位で減り、それに伴って重症者や死者も減るでしょう。

のらりくらり&やってるフリは、通用しない。

 

 

--------------(記事了)--------------