makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルスの話】全く嬉しくない自画自賛

先日、以下の記事をアップ致しました。

テーマは、「新型コロナウイルスに絡む、医療崩壊」について。

tenamaka26.hatenablog.com(2021/7/29)

 

ここ最近の日本では、新型コロナウイルス検査で引っかかる(陽性になる)方が増えています。特に東京が酷い。

陽性者数だけでなく、陽性率も上昇中。検査の数を絞れば、陽性者数を低く誤魔化すことは可能です。が、陽性率は誤魔化せない。市中感染が酷くなっていることを示す証拠です。

 

深刻化の原因は、新株の「デルタ」でしょう。従来のものより、感染力が強いことで知られています。

日本でもワクチン接種が進んでいますので、ある程度の防御力は存在します。が、それでも足りずに感染拡大している。まぁ、これは日本に限った話ではありませんが。

 

この状況を見て、「今年の5月に、大阪では医療崩壊が起きた。東京も同じ状況になるのでは?」と考えた筆者。そこから出てきたのが、上記記事になります。

 

------------------------------------------

 

東京で、医療崩壊が起きるかもしれない。

この話を、昨日付の産経新聞で拝見しました。

www.sankei.com(2021/8/3)

 

上記産経記事の趣旨は、筆者の書いた記事とほぼ同じ。

筆者の記事の方が、5日程早くアップされたことになります。

普通なら「自分の方が早く記事にできた!」と自画自賛状態になるかも知れませんが、ネタが「医療崩壊」ですからね。全くめでたくない内容。かなり複雑な気分です。

 

------------------------------------------

 

今回の医療崩壊ネタには、深刻度を増す議題が含まれています。

それは、「中等症の患者でも、直ぐには入院させない」という政府方針です。

www.jiji.com(2021/8/4)

田村憲久厚生労働相は4日、衆院厚労委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルス感染者のうち重症化リスクの低い中等症以下の患者は基本的に自宅療養とする方針を見直す可能性に言及した。

 

「病床確保のための対応であることを理解してほしい」

と強調した上で、在宅患者への処置が想定通り進まない場合の方策として

「また元へ戻し、しっかりと(中等症患者も病院に)入ってもらえばいい」

と述べた。立憲民主党の長妻昭副代表への答弁。

 

一方、公明党の高木美智代政調会長代理は

「酸素吸入が必要な中等症患者を自宅で診るなんてことはあり得ない。撤回も含めて検討し直していただきたい」

と主張した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080400350&g=polより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

上記引用にもありますが、”中等症”とは「酸素吸入器を装着するレベルにまで、肺炎が悪化した状況」を指します。普通の呼吸のみでは危ないのです。

「中等」という言葉だけ見れば、然程酷くはない。しかし、実態はハードです。

 

また、新型コロナウイルス感染症は、容体急変の恐れが高い病気。

「普通に会話もできた患者さんが、数時間で意識不明になる」という話は、結構よく聞きます。短時間で、いわゆる”重症”になってしまう事例が少なくない。

 

中等症は、重症の一歩手前。加えて、新型コロナウイルス感染症は、急に重症化する可能性がある。

そんな患者さんを、自宅に留めおく。これ、相当にリスキーな行為です。物凄くキツイ言い方をすれば、「不審死多発を前提とした策」ですね。

病院で亡くなった場合、事情をよく知る医者が死亡診断書を書きます。が、自宅で亡くなった場合は、警察が調べる筈。その理由は、事件かどうかを判断する為です。

今の政府方針では、医療関係者だけではなく、警察も大変になる恐れ・大。

 

------------------------------------------

 

感染者(検査陽性者)が増えれば、その分だけ重症者が増え、死者も増える。

故に、一番好ましいのは、感染者を増やさないことです。

 

しかし、実際は増える一方。

本日・8月4日の速報値では、全国で1万4000人超え。

このペースでは、今月中に「1日当たり、2万人超え」もあり得る。

www3.nhk.or.jp(2021/8/4)

 

ワクチン接種により、重症化率は下がったとしても、感染者数が多ければ医療機関はパンクします。

医療機関は、新型コロナウイルスだけを診察しているワケではない。他の病気の診療を圧迫し、別の問題を引き起こす恐れもあります。

 

とにかく、予防策をしっかり実行し、医療機関に世話になる確率を下げる。現段階で、一般市民でも可能な防衛策は、恐らくこれだけでしょう。

基本中の基本ですが、もうこれしか考えつかない。何ともし難いというか…。

為政者が、「安心安全」というフワフワした答弁で、何もかもゴリ押そうとした。そのツケが、ここに来て顕在化していますね。

 

願わくは、次の選挙までに、「大阪で起きた医療崩壊」が全国で起きませんように。

神頼みしか出来ることがない。色々と末期です。

www.youtube.com(2021/5/3)

 

 

--------------(記事了)--------------