makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】『ゴールデンカムイ』総復習のチャンス到来

最近、長年続いた名作連載漫画が、次々と終了していきます。

終了したものの中には、「筆者好みの作品」も多く、何とも寂しい。

 

この前は、『絶対可憐チルドレン』『双亡亭壊すべし』が終了とのニュースが報じられました。

次いで『ジョジョリオン』が完結との話もあり。

 

そして、今度は『ゴールデンカムイ』が最終章突入という記事が出ました。

www.oricon.co.jp(2021/7/28)

 

 2014年8月より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画『ゴールデンカムイ』が、最終章に突入することが28日、集英社より発表された。

 

マンガ大賞(2016年)、手塚治虫文化賞 マンガ大賞(2018年)など多くの漫画賞を受賞、テレビアニメ化もされた人気作品が、連載7年を経てついにクライマックスを迎える。

 

作者の野田サトル氏は

「ゴールデンカムイもいよいよクライマックスとなりました。全力で突っ走って終わらせます」

と報告し、

「この物語の終わりを皆さまと一緒に迎えたいです。よろしくお願いします」

と直筆コメントを寄せている。

https://www.oricon.co.jp/news/2201512/full/より。改行等は筆者によるもの)

 

「最終章突入」ですから、完全終了はもう少し先の話。

 まだまだ楽しめそうです。

 

----------------------------------

 

ここで、『ゴールデンカムイ』を御存知ない方の為に、話の内容をザックリ説明すると…

 

▼物語の舞台は、明治時代(日露戦争後)の北海道。

▼「不死身」のあだ名を持つ、元軍人の杉元佐一。彼は、戦友の遺言に従い、戦友の妻の治療費を稼ぐ為、北海道で砂金取りをやっていた。明治時代の北海道では、川で砂金がよく採れたのである。

▼が、砂金取りのプロではない杉本。全く収穫が無い。

▼そんな杉本の姿を見て、近所の酔っ払い親父が言う。「いいことを教えてやろう」

 

▼親父の話はこうだ。
「北海道のアイヌ民族が、日本本土からの圧力に耐えかね、反乱の軍資金として砂金をため込んでいたらしい」
「その額、約8億円」
「しかし、一人の男が関係者を皆殺しにして、砂金を独り占めした」

「男は、砂金をどこかに隠した後、警察に捕まって網走監獄にぶち込まれた」
「金の隠し場所は、その男しか知らない。が、その男には仲間がいるらしい。とはいっても、仲間は監獄の外にいる。男は、何とか金の場所を仲間に伝えようとした」

「その伝達手段として、網走監獄の囚人に、”金の在処を示す暗号”を刺青として彫り込んだ。加えて、囚人たちに脱獄を促す」
「脱獄は成功し、暗号を身に彫り込んだ囚人も何処かへ消えた」
「その後、囚人や金がどうなったか、誰も知らない」

 

▼杉本は、「また酔っ払い親父のホラ吹きかよ」と相手にしなかった。

▼しかし、ひょんなことから「どうも親父の言動は真実らしい」と考えた杉本。

▼彼は、偶然出合ったアイヌの少女・アシㇼパと共に、埋蔵金探しの旅に出る。

▼ただ、埋蔵金を追っているのは、杉本だけではなかったのである…。

ゴールデンカムイ公式ファンブック 探究者たちの記録 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

筆者は、「この機会に、物語を振り返ってみるか」と思い立ち、『ゴールデンカムイ』を1巻から読み返しました。

幸い、『となりのヤングジャンプ』等にて、2021年7月29日~9月17日まで全話無料公開中とのこと。有難く利用させて貰っています。

 

まだ全て読み終えていませんが…

アシㇼパと杉本が合流し、「三つ巴」どころか「四つ巴の争奪戦」になりそうな予感が漂う。その辺りまでは読みましたね。

コミックスでいうと、恐らく22~23巻あたりでしょうか。現在発売中の最新刊が26巻ですから、追いつくまでもう少し。

ゴールデンカムイ 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

『ゴールデンカムイ』がヒットした理由のひとつに、「アイヌの文化に対する、肯定的かつ好意的な描写」があります。

特に、アイヌ飯がめっちゃ美味そう。「鍋物」「汁物」がよく登場します。どれも北海道の特産品を使った郷土料理で、身体が温まりそうな品が多い。

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書)(提供:Amazon)

 

「単なる金塊争奪戦」ではなく、民俗学的な描写が非常に多い。

これがヒットの隠し味。

 

ただ、『ゴールデンカムイ』のメインは、やはり金塊争奪戦。

金塊を隠した者、その出自と背景、暗号を解く鍵…等々が少しずつ明らかになってきており、今後の展開が非常に楽しみです。

 

アシㇼパと杉本の旅。この終着点はどこか?

完結まで、もう少し。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

樺太へ

樺太へ

  • 小林親弘
Amazon