makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【お菓子の話】すいません。私、初心者でした

「暑い時期に、熱いものや辛いものを食べると、暑気払いになる」

昔から、よく言われていることです。

 

要は、「体温が上がる食べ物を食べれば、外気の暑さが気にならなくなる」という、一種の気分転換みたいなもんです。

ただ、これが結構効果的。ほんの少しではありますが、暑さが和らぎます。

エアコンの無い時代は、こうやって暑い時期を乗り越えていたのでしょう。

 

----------------------------------

 

今年の夏も、やっぱり暑い。

そこで一発暑気払い…ということで、辛い食べ物を入手しました。

商品名は、「激辛マニア 禁断の唐辛子味」です。

フリトレー 激辛マニア 禁断の唐辛子味 50g ×12袋
(提供:Amazon)

 

「激辛マニア 禁断の唐辛子味」(以下「激辛マニア」と表記)は、ジャパンフリトレーから発売されているスナック菓子。

ジャパンフリトレーは、製菓大手・カルビーの子会社です。が、元々はアメリカの会社。「ドリトス」や「チートス」等のスナック菓子が有名ですね。

【Amazon.co.jp限定】 フリトレー セレクトパック 6種計12袋入り 1セット
(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

「激辛マニア」は、「チートス」に似た形。トウモロコシを主成分とした、細長い形状のスナック菓子です。

食感が軽く、食べ易い。

 

しかし、チートスほど優しい味ではありません。

名前に「禁断の唐辛子」という文言があります。その名の通り、強烈に辛い

有名唐辛子「ハバネロ」の3倍のカプサイシンが含まれる、国産激辛唐辛子「辛富士」を使った…という謳い文句です。

「菓子を掴んだ手で、目を擦ると危険」というレベルらしい。

 

筆者は、ハバネロの菓子を食べた経験が豊富ではなく、「ハバネロの3倍のカプサイシン」が何を意味するのか深く考えないまま、この商品を購入しました。

家に持って帰り、その日のうちにビールと一緒に頂きました。

 

食べた時の感想は、チートスと同じ。「軽い食感で、サクサクしてるな」くらいのもの。

が、ワンテンポ遅れて辛みが口の中に。いや、辛いというより、熱い&痛い。

舌の感覚が麻痺して、ビールを飲んでも直ぐに中和されない。咳き込むほどではありませんでしたが、5~10分くらいは口内が奇妙な感覚に。

とても一気に平らげることはできず、何時間もかけてチビチビと一袋を頂きました。

「ハバネロの3倍」が意味するところを、完全に舐めてました。

 

ただ、各自に暑気払いにはなりましたね。

菓子を食べた後、体温が上がった感じがしました。

「激辛マニア」恐るべし。

 

----------------------------------

 

「激辛マニア」を食べきって、「これで少しは”辛いもの耐性”がアップしたかな?」と思った筆者。

 

しかし、世の中は広い。「激辛マニア」に寄せられたレビューを眺めていると、

「以前より、辛さが控えめになった」
「初心者にも優しい味に調整された」
「暴力的な辛さが懐かしい」

という文言がチラホラ。

どうやら、昔はもっと辛かった模様。

筆者は、まだまだ「辛いもの初心者」ですねぇ。

 

いい機会ですから、「Amazonで売っている辛い品の中で、最も辛そうなものは何か?」と思い、探してみました。

と、以下の商品を発見。商品名は、「ブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア」

 

ブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア 150mlブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア 150mlブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア 150ml
(提供:Amazon)

 

名前に「ジョロキア」とありますが、これも「ハバネロ」と同じく唐辛子の品種名。

そして、ジョロキアの方が辛さは上。諸説ありますが、「最大値で、ハバネロの10倍は辛い」と言われています。

そうなると、ラベルのドクロマークが意味深に見えてきます。

「サドンデス(突然死)」という言葉も、ひょっとしたら伊達ではないのかも…。

 

辛いもの初心者である筆者は、怖くて手が出せません。

上級者の方は、こういうのを求めているのか…?

本当に世の中は広く、深いですねぇ。

 

 

-----------------(記事了)-----------------