makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ご当地アニメの話】「お菓子ンガーZ」…かな?

筆者は、関西人です。

故に、「関西地方に縁ある話」に対しては、めっちゃ食いつきます。

 

例えば、関西地方をネタにした、アニメ。

『じゃりン子チエ』あたりから始まって、『響け!ユーフォニアム』くらいまで、その数は多数。

 

筆者の居住地域が、そのままアニメの舞台になったことはありませんが…

近所が取り上げられただけで、結構嬉しい。

劇場版 響け! ユーフォニアム ~届けたいメロディ~ [Blu-ray](提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

そういう「関西ご当地アニメ」を探していくと…かなりマニアックな作品に出合うこともあります。

その最たるものが、『ドアマイガーD』というロボアニメ。読み方は「ドアマイガー・ディー」です。

当記事では、この作品をご紹介致します。

 

ドアマイガーD [DVD](提供:Amazon)

 

『ドアマイガーD』は、2015年に放送されたアニメ作品です。

「知る人ぞ知る」という立ち位置の、巨大ロボットアニメ。

 

何せ、当時の放送局・放送地域が限られていたので…あまり知らない方がいても無理はない。そんな作品。

 筆者の知る限り、制作者の「KBS京都」と「テレビ神奈川」では放送済。

その他の局でも流れたという情報はありますが、埼玉・三重・兵庫・福岡の地方局くらいで、全国ネットで流れた形跡がありません。

www.tvk-yokohama.com(2021/7/26閲覧)

 

また、放送枠が5分間。天気予報と同じくらいの短時間です。

これで全13話構成ですから、全部まとめても30分番組1本くらいの内容。

20世紀には「5分間のSFアニメ」や「5分間の特撮ドラマ」等が普通にありましたが、21世紀では稀です。

 

こういったところが、「知る人ぞ知る」とされる所以でしょう。

 

----------------------------------

 

『ドアマイガーD』は、2015年の作品です。

しかし、絵柄が相当にレトロ。1970年代の巨大ロボアニメ『マジンガーZ』を彷彿とさせます。

制作側の話によると、「わざとそうした」とのこと。

 

どうやら、スタッフの中に『マジンガーZ』のファンがいますね。

第1話 驚異のロボット誕生(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

『ドアマイガーD』の粗筋をザックリ述べ…

といっても、何せ元々5分枠の番組で、全話まとめても30分程度しかない。

ザックリ述べただけで、ネタバレになりかねないボリュームです。

その為、基本設定のみをご紹介。

 

◆舞台→現代の京都。

◆主人公→若き和菓子職人。

◆ドアマイガーD→身長20m強の巨大ロボ。和菓子の力で敵を粉砕する。

◆敵→「メカイジュウ」という巨大メカ。

◆京都の平和を乱す敵を、巨大製菓ロボ「ドアマイガーD」が撃退する。

 

所々に、『マジンガーZ』のニオイが…。

特に、敵メカの名前。「メカイジュウ」ですからね。これの元ネタは、明らかに『マジンガーZ』の「機械獣」です。

 

----------------------------------

 

筆者は、『ドアマイガーD』を鑑賞しましたが…

何と言いますか、「気持ちよく荒唐無稽」という作風で、かなり好きです。「古民家の並ぶ道が、巨大ロボの発着場になる」みたいな表現が多い。

 

他方、「ご当地アニメ」要素もしっかり存在。

舞台が京都ですので、京都の風習や観光地がチョイチョイ描かれます。

 

何かの手違いで「スーパーロボット大戦シリーズ」に参加して欲しい様な…そんな気もするロボアニメです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

 

Chapter.1  

Chapter.1  

  • 黒沢ともよ
Amazon