makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【東京五輪の話】炎上した「小林賢太郎」氏を、擁護してみる(前編)

様々な方向から、「予想の遥か斜め上の不祥事」が湧いてきて、開催前に「99%の確率で失敗確定」と言えてしまう。そんな2020東京五輪。

先日発生した、「音楽家・小山田圭吾氏の障害者リンチ炎上」を最後に、騒ぎが打ち止めになるとは思えない。筆者は、そう考えていました。問題はまだ出て来るだろう…と。

 

その予感は的中。

今度は、開会式の演出担当者である、元コメディアンの「小林賢太郎」氏に関する騒動が発生。

騒動の内容は、「ホロコースト(ユダヤ人虐殺)」をネタにしたコントについて。

mainichi.jp(2021/7/22)

www.asahi.com(2021/7/22)

www.yomiuri.co.jp(2021/7/22)

www.nikkansports.com(2021/7/22)

jp.reuters.com(2021/7/22)

 

小林氏は、かつて「ラーメンズ」というコントユニットを組んでいました。

ラーメンズは、かなり高い人気を誇るユニット。ただ、ライブ活動が中心であった為、テレビしか見ない方には…あまり知られていないかも。

テレビ出演は、NHKの『爆笑オンエアバトル』を始め、数えるくらいしかない。そういう意味では、「通好みのコントユニット」という表現がピッタリ。

Rahmens 0001 select [DVD](提供:Amazon)

 

ラーメンズは、2009年頃に活動休止状態になりました。

2020年に、小林氏が「表舞台に立つ活動からは引退し、これからは裏方でやっていきたい」と宣言した為、現在は半ば解散状態になっています。

 

今回問題視されたのは、ラーメンズ時代に作ったコントの内容。

 

------------------------------------------

 

筆者は、ラーメンズの存在を知っていますし、芸風は好きです。

ただ、信者レベルではない。ライブに行った経験はなく、映像ソフトで昔のネタを鑑賞するくらいです。

「路上のギリジン」「読書対決」「心理テスト」等々のネタが好みです。シュールで好きです。

 

ラーメンズのネタは、いわゆる「ブラックジョーク」に分類されるものが多い。が、ブラック過ぎて怒られることもしばしば。

有名なところでは、「日本語学校シリーズ」の名前が挙がります。ラーメンズの得意ネタのひとつです。

これは、「外国人相手に、日本に関する授業を行う」というネタですが、まぁ偏見が酷い。「北海道の住民は、半分が熊で、残り半分は蟹」みたいなネタだらけでした。

この芸風は、『翔んで埼玉』と同じノリですね。

翔んで埼玉(提供:Amazon)

 

そういえば、このシリーズの初期。

「外国人犯罪者による、違法薬物取引や金属窃盗を匂わせるネタ」があって、危険な臭いがしていました。

 

------------------------------------------

 

ブラックジョークをウリにした、コントユニット・ラーメンズ。

その手のネタの中に、子供向け工作番組『できるかな』のパロディが存在。

で、そのパロディネタの台詞で、「”ユダヤ人大量惨殺ごっこ”に使った小道具」というものがあって、当該コント映像がTwitter等で拡散。一気に炎上します。

 

先述の通り、筆者は「ラーメンズの芸風」が好きです。

ただ、信者レベルではない。ライブに行ったことはなく、映像ソフトの全てをチェックしたワケでもない。

正直、今回炎上したネタについては、全く知らなかった。初めて見ました。

 

「北海道は、熊と蟹しかない」くらいなら、まだジョークで済むかもしれません。

しかし、ユダヤ人の虐殺(ホロコースト)をネタにするのは危険。世界的に見て、シャレにならないネタです。

日本の劇場内ではそこそこ通用しても、国外に出るとNG度数が爆上がり。

特に、ユダヤ系・欧米系の方が問題視するネタです。

案の定、アメリカの有名ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」から反対声明が出て、本格炎上となりました。

それを受け、小林氏は解任されました。

 

------------------------------------------

 

この記事を書いているのは、2021年7月22日の21時頃です。

現段階で、後任をどうするかは報じられていません。

開会式まで、24時間を切っている。

 

小山田圭吾氏の炎上&辞任に続く、開会式スタッフ関連の騒動。

組織委員会は、釈明に追われていますね。

まあ、筆者に言わせれば、「五輪運営側の自業自得」。キツイ言い方ですが、そう考えています。

もっと言えば、小林氏と小山田氏の騒動は、同じ炎上でも質が全く違う。

 

 

なぜ、「小林氏と小山田氏の騒動は違う」といえるのか?

なぜ、「五輪運営側の自業自得」なのか?

その詳しい理由は、後編記事にて。長くなるので、当記事はここまでとさせてください。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

 

翔んで埼玉

翔んで埼玉

  • 二階堂ふみ
Amazon