makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【超高額当選?の話】久しぶりに、1億円が当たったみたいです!(苦笑)

突然ですが、ご報告。

筆者は、どうやら「1億円」を手にした模様です。

1億円 B 100万円札束 ダミー 100束セット 文字なし 一億円 1億円 TV CM 映画 1億 1億 ユーチューブ ユーチューバー 講演 イベント 景品 ドッキリ 58%OFF
(提供:Amazon)

 

1億円。かなりの大金。何に使おうかな?

あれもこれも欲しい。

 

1億円あれば、新品家具家電&新車付きで、新築物件を購入できます。

個人用のトレーニングジムを併設することも可能。防音設備の整った部屋をつくり、楽器を演奏することもできる。夢が広がりまくりです。

 

死ぬまで悠々自適とはいきませんが、かなり生活が豪華になる。

使うネタを絞れば、かなりの貯蓄にもなる。

嬉しい悩みですねぇぇぇぇぇ!

 

------------------------------------------

 

と、ここで勘の良い方は、もうお気づきでしょう。

 

タイトルが「超高額当選?」とクエスチョンマーク入りで、(苦笑)という表記。

「当選した」ではなく「当たったみたいです」「手にした模様です」という推測文。

当記事のハッシュタグには、「詐欺」の文字。

つまり、「ガチで1億円が当たったのではなく、特殊詐欺の手紙が来た」という話です。

 

何かよく分からん機関から、「あなたは確実に当選者です!」という微妙な日本語で、一方的に勝者認定を受けた筆者。

内容をよく読むと、典型的な振り込め詐欺の手口でした。「当選金を受け取りたければ、受け取り手数料を先に払え」というヤツです。

まぁ、相手にしたら余計にややこしい状況になるので、筆者は何も反応せず。この手の詐欺業者は、完全無視に限りますね。

各種関係機関へ情報提供した後に、当ブログのネタとして使う程度です。

 

------------------------------------------

 

参考までに、今回の詐欺文章の内容を、ザックリまとめて以下に記載します。

筆者の情報提供によって、騙される人が皆無になることを祈ります。

 

 

◆差出人は、「億万長者研究特殊機関」という、怪しさ満載の組織。ネットで検索してみたものの、当然そんな機関は存在しない。

◆あちこちに「秘密厳守」「口外したら賞金支払いはナシ」という文言あり。これも、詐欺にありがちな特徴。
(誰かに相談されたら、詐欺だと一発でバレるから)

◆3行毎に、「あなたは勝者!」「これは本当です!」「疑う必要はありません!」みたいな感じで、持ち上げや肯定の言葉が乱射される。逆に怪しさが倍増。

◆日本語がおかしい。そこそこの翻訳ソフトを使っている感はあるが、細部で明らかにボロが出ている。例えば…
「支払いを確実に立証し、確信する」
「書類を確認された後の、正式な権利確定を進行」
「独占的に賞金を小切手で振り込み」
「事務局からの親切な申し出で金持ちになったあなた」

 

◆「これまでに賞金を受け取った人」や、「賞金支払い時の場面」と思われる画像が手紙に印刷されている。しかし、持っている小切手や人物など、あちこちに雑な合成の跡がみられる。素人が見ても、一発でバレる程度のお粗末さ。

◆「当局が認定!」「公的な財務部門が賞金を保管!」等々、役所の関与を匂わせる文章が目立つものの、具体的な役所名は一切出て来ない。

◆「この手紙を受け取ってから、3日間以内に返信がなければ、賞金を放棄したことになる。その為、急いで返信しろ」みたいな文言がある。しかし、筆者が手紙を受け取ったタイミングをどうやって知るのか、全くの謎。電子メールなら受け取り時間を知ることも可能だが…?

 

 

上記の他にも、ツッコミ所が沢山。

多過ぎて、書くのがシンドイです。

 

------------------------------------------

 

で、ツッコミ所を探しながら、手紙を隅から隅まで読んでみたところ…

強烈に小さな字で、「注意事項」が羅列されてある部分を見つけました。

筆者は老眼ではありませんが、虫眼鏡を使わないとよく分からないくらいの小さな字。

 

そこに、「支払われた手数料は、抽選参加の意思表示として受け取ります」という一文がありました。

要は、「1億円当たった」という結果報告ではなく、「1億円当たるかも知れない抽選に参加しない?」という勧誘だったのです。

 

この部分を読まずに、被害者が手数料を先払いしても、「1億円払うとは言っていない」としてシラを切る気なんでしょうねぇ。

ま、そんなこったろうとは思いましたが。

 

------------------------------------------

 

今回の詐欺で、ちょっとだけ驚いたのは、今時「紙の手紙」で誘いをかけてきたこと。しかも国際郵便で。

変な所にカネかけていますが、「詐欺は電話かメールで行われるもの」という固定観念があれば、コロっと騙される人はいるんでしょうね

詐欺師もそこを狙って、敢えて手紙にしたんでしょう。

 

詐欺の手口は、コロコロ変わるもの。油断できません。

人の心は弱いもの。筆者も同様です。「100%の詐欺防御策」は存在しないし、「絶対に騙されない人」も存在しない。油断できません。

 

明日は我が身。

読者の皆様、甘い話にはご用心あれ。

 

 

--------------(記事了)--------------