makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【お弁当の話】こういう弁当で十分ッス

先日報じられたニュースの中に、こんな記事がありました。

内容は、「ローソンが、シンプル過ぎる弁当を発売し、結構な人気商品に」というもの。

nlab.itmedia.co.jp(2021/7/2)

ネット上では実現に3年掛かったといううわさもあるこの思い切った弁当は、一体どのようにして生まれたのでしょうか。ローソンストア100に話を聞いてみました。

 

――「3年ぐらいかけて考えたらしい」といわれていますが実際に開発に3年かかったのでしょうか。

 

ローソンストア100:正しくは「発売までに10年かかった商品」です。

ある運営部長が10年前から、おかずがウィンナーだけの弁当を作ってほしい、絶対売れる、という要望を商品部に出し続けてきましたが「そんなの売れない」と却下され続け商品化までこぎつけておりませんでした。

 

しかし10年目となる2021年、現在のお弁当開発担当者が熱い情熱に押されてウィンナーが5本入ったお弁当を開発しました。

価格の200円は、「300円や400円では売れない、200円が必須!」というこだわりによるものです。

これで発売へのGOが出て、6月30日に10年越しの商品化が実現し発売しました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2107/02/news112.htmlより。改行等は筆者によるもの)

 

------------------------------------------

 

筆者は、この商品を提案した運営部長さんの気持ちが、よ~く分かります。

 

筆者が実家を出て、一人暮らしを始めた頃。

自炊が面倒な時やお金がピンチな時には、「ウインナーをボイルして、ケチャップをかけ、白飯と一緒に頂く」という行為を散々やっていました。

これが、お手軽な割に結構美味いのです。今でもたまにボイルウインナーを頂きます。酒のつまみにピッタリ。

 

ウインナーを炒めたりボイルしたり…というのは、お子さんがいらっしゃる家庭でもよくやること。

で、ウケが悪かったという話を、あまり聞かない。「こんなのマズイから、もう止めて」という声を聞いた覚えがありません。筆者の周囲でもそうですし、新聞雑誌等でも同様。

 

シンプルであるが故に、極端なアンチも生まれにくい。そういう一品だと思われます。

これを200円で売るとなれば、買う人は多いでしょう。

品目が多いとか、豪華だとか、弁当にありがちな要素とは真逆のシンプル商品。故に、どこか目新しい。興味をそそります。

[スターゼン] 訳あり あらびきウインナー 2kg(1kg×2)冷凍 業務用 大容量 ソーセージ(提供:Amazon)

 

------------------------------------------

 

この「200円ウインナー弁当」の立ち位置は、恐らく「コンビニおにぎり」と同じ。

小食な人には、これ単体で十分。

これだけで満足できない人は、「カップ麺」や「おかずプレート」等を追加して、一回分の食事にするでしょう。

 

200円ウインナー弁当だけでは、大きな利潤は見込めない。

しかし、「他の商品と一緒に食べる」という行為を促進するならば、あれもこれも売れます。

スーパーの「特価品」と同じ理屈ですね。人参やジャガイモを特価品にすれば、カレールーや肉が売れ易くなります。酒を特価品にすれば、つまみが売れ易くなります。それと同じ。

 

単品ではパッとしなくても、購買の呼び水になり得ます。

「損して得取れ」の精神に近いですね。

 

------------------------------------------

 

先に引用した記事によると、200円ウインナー弁当の売れ行きは上々とのこと。

今はまだ「関東圏のみの販売」ですが、調子が良いとなれば関西圏にもやって来そうです。

筆者は関西人。まだ200円ウインナー弁当の現物を見たことはありませんが、そのうち買いそうな予感。

 

200円ウインナー弁当の快進撃が続けば、これを切っ掛けにして、同系統の商品が次々に発売されそうですが…。

他商品の開発・販売を考える前に、是非「タコさんウインナーの200円弁当」を出して欲しいです。

赤いウインナーを使って、タコさんの形に飾り切りした、幼稚園児~小学生がめっちゃ喜びそうなヤツ。

天狗ハム直送 赤ウインナー 1.0kg(提供:Amazon)

 

タコの形に加工するの為には、コストがかかるでしょう。

故に、通年で200円販売はキツイかもしれませんが…イベント的に発売して頂ければ、筆者は買いますね。

 

形がタコであるか否かは、味には直接関係ありません。

ですが、「物珍しさ」に関しては、タコ型の方が数倍~数十倍上。

珍しいだけでは、商品の売れ行きは先細ります。そこで「短期イベント」的な販売方法にすれば、先細る前に引き上げても角が立たない。

200円弁当の宣伝にもなりますし、なかなか良いアイデアなのでは?…と自画自賛。

 

読者様の中に、もし「弁当の開発担当者」がいらっしゃったとすれば、是非とも開発会議で提案して頂けないでしょうか?

 

 

--------------(記事了)--------------