makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【2021年上半期終了】早くも、2021年の折り返し地点です(後編)

前回記事の続きになります。

テーマは、「2021年・上半期を振り返る」です。

tenamaka26.hatenablog.com

 

前回記事では、「2021年1月~3月」を振り返りました。

今回は、「2021年4月~6月」にフォーカス致します。

 

------------------------------------------

 

2021年4月

 

◆「Trello(トレロ)」情報漏洩事件

tenamaka26.hatenablog.com

 

新型コロナの影響で、働き方が大きく変わった昨今。

リモートワークが推奨され、オフィスに来なくても仕事が可能。そういう光景がジワジワと浸透しています。

しかし、その場で顔を見合わせずに仕事となれば、仕事の進み具合がよく分からない場合も増えます。そんな時に活躍するのが、タスク管理ツール。仕事の予定や進み具合を、オンラインで共有。離れていても様子が分かる…という便利な道具です。

そういうタスク管理ツールは、数多く存在します。その中に「Trello」という名前のツールがありました。このツールのセキュリティが甘く、「個人情報だろうが企業秘密だろうが、ネット上で誰でも閲覧可能」という異常事態に。

漏洩の原因は、「ユーザー側の設定ミス」でした。ツール運営側は、大分前から「こうすると情報漏洩の可能性が高まるので、設定には注意してください」との警告を発していたそうで。

つまり、「一気にリモートワークが流行った為に、強烈な副作用が出た」という話です。慣れない仕事には、落とし穴がつきもの。

 

 

◆国会議員補欠選挙にて、自民全敗

tenamaka26.hatenablog.com

 

辞任や病気等の理由で、国会議員が欠けた時、補欠選挙を行う場合があります。

2021年4月に実施されたのは、3選挙区での補欠選挙です。その理由は、「辞任」「病没」「裁判で敗訴し、欠格」というもの。

この3選挙の全てで、自民候補ではない・野党候補が勝利しました。現政府与党への不満が、形となって現れた…という話。

中でも、「広島選挙区での自民敗戦」が、状況を象徴する結果となりました。広島は、自民の牙城と呼ばれるくらい、自民が強いところです。

が、今回は「河井杏里氏の選挙違反&裁判で有罪確定」という不祥事が元で、補選が実施されたのです。これで自民候補が勝つというのは、かなり難しい。

 

投票率が約33%と低く、組織票の威力が大きい状況でも、自民が負けた。これはキツイ。今年の秋までに実施される衆議院議員選挙に、大きな影響が出る結果となった…と言っても過言ではありません。

 

------------------------------------------

 

2021年5月

 

◆中国製宇宙ロケット、制御不能で地球に落下

tenamaka26.hatenablog.com

 

自前の宇宙ステーションを作ろうと、ロケットを打ち上げ続けている中国。

そのロケットのひとつ「長征5号」が、制御不能となり地球に落下する…と判明。

タチが悪いことに、打ち上げた中国自身さえも、どこに落下するか分かっていないといういい加減さ。世界規模で大迷惑です。

幸い、ロケットの残骸は海上に落下したものと推定。目立った人的被害は報告されていません。

制御できず、警告も出せず、謝罪もしない中国共産党政府。その駄目&傍若無人っぷりが、またひとつ明らかになりました。

 

 

◆有権者の買収公約、また破られる

tenamaka26.hatenablog.com

 

昨年、日本政府が実施した新型コロナ禍での経済政策、「一律10万円配付」。

この方策をパクった選挙公約を掲げる候補が、あちこちの地方選挙で湧いています。

そして、その公約が破られる事態も多発。各地の有権者から怒りの声が出るわ、カネ配り公約を掲げた候補に投票した者がバカにされるわで、カオスな状況になっています。

今後も、似た公約を掲げる候補が出て来るでしょう。が、カネを配れるのであれば、現職がとっくに配っている筈。それをやらないのは何故か、キッチリ考えた後で投票した方がいいですね。

日本政府であれば、お金を刷って配ることも可能。しかし、地方自治体には通貨発行権がないので、そう簡単に配れません。

 

------------------------------------------

 

2021年6月

 

◆バイトテロ、再流行

tenamaka26.hatenablog.com

 

いわゆる「バカッター・バカスタグラム案件」です。SNSを通じて、犯罪行為をばら撒くという愚行の話。

ここ1年ほどは、大きな騒ぎも起きず、結構静かだったのですが…久しぶりに大炎上した感アリ。

犯人の言い分は、「身内にしか見せていないから大丈夫だと思った」というもの。これも、バカッター案件の典型的特徴。変わってないですね。

ネットに情報を上げた時点で、全世界からフリーアクセスを喰らう覚悟が必要です。これ、ネットユーザーの基本中の基本。

 

 

◆中国にて、原発事故発生疑惑

tenamaka26.hatenablog.com

 

この原発事故案件。ほんの半月ほど前の話なのですが…。

既に話題に上らなくなっているのが、何とも不気味。

当初、中国共産党政府は、「原発事故など起きていない」と強気でした。が、証拠が出揃うにつれ「深刻ではないが、不具合があった」と軌道修正。

現在でも、日本を含む各国の政府が、事態の推移を監視しています。相手が核ですから、中国共産党の隠蔽体質を以ってしても、完全に揉み消すのは難しい。今後の情報に注意です。

 

------------------------------------------

 

以上、2021年上半期の当ブログ記事から、筆者の独断と偏見でピックアップさせて頂きました。

どれも半年以内の出来事なのですが、記事を書いた筆者ですら、忘れている部分が多い。人の記憶は、存外いい加減ですねぇ。

重要な話は、出来るだけ記憶に留めておく。その努力が必要です。

 

 

さて、ここからは2021年の後半戦。

東京五輪、衆議院議員選挙、新型コロナの行方…等々。気になるニュースが目白押しになると予想されます。

当ブログでも、引き続きニュースを追いかけていく予定。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

--------------(記事了)--------------