makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】楽しそうな巨大蜘蛛

本日は、とあるモンスター映画をご紹介します。

作品のタイトルは、『スパイダー・パニック』です。

スパイダー・パニック (字幕版)(提供:Amazon)

 

『スパイダー・パニック』は、2002年のアメリカ映画。

巨大人食い蜘蛛の群れが、アメリカの田舎町に出現。住民がそれに立ち向かう…という、コテコテのモンスターパニック映画です。

 

どうもアメリカの方は、「蜘蛛」と「鮫」のパニック映画が大好きな様子。

この手の映画のお約束(ショッピングモールに立てこもる等)もアチコチにちりばめられており、ある意味「安心して鑑賞できるパニック映画」ともいえます。

 

ホラー要素も無くはないのですが、かなり少なめ。ホラーが苦手な方でも、割と大丈夫なつくりになっています。

襲い掛かる蜘蛛の群れも、どこか楽しそうな雰囲気があり、おどろおどろしい様子は少ない。

何せ、「蜘蛛に声優を当てる」という制作方法を採っていますからね。蜘蛛が言葉を喋ったりはしませんが、「ヒャッハー!」くらいは言っています。

 

----------------------------------

 

『スパイダー・パニック』の粗筋をザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

▼舞台は、「プロスペリティ」という、アメリカのとある田舎町。

▼この町は、かつて鉱山町として栄えていたが、今は廃坑だらけ。かつての賑わいを取り戻すべく建設されたショッピングモールも、閑古鳥が鳴く始末。

 

▼そんな田舎町に、世界中から様々な蜘蛛を集めて飼育する、ひとりの男がいた。

▼彼は変わり者ではあったが、周囲に大きな迷惑をかけることもなく、静かに暮らしていた。

▼しかし、どこかの企業・組織が、プロスペリティにて有害物質を流出させてしまう。この物質の影響を受けた蜘蛛は、巨大化&狂暴化。飼育していた男を殺した後、プロスペリティの市街地に進出。町はパニックになる。

 

▼事態に気付いた町の保安官は、蜘蛛に対抗する為、住人に向かって「ショッピングモールに集結して」と呼びかける。それに従って、モールにやって来る住民たち。

▼片田舎のショッピングモールである為、強力な武器みたいなものは置いていない。巨大蜘蛛に対抗できる道具は限られている。この状況で、住民はどう戦うのであろうか?

蜘蛛vs人間の、生き残りをかけた戦いが始まった…。

 

----------------------------------

 

この映画を語る際、興味深い点が二つあります。

 

ひとつは、制作に「ローランド・エメリッヒ」氏が絡んでいるということ。

エメリッヒ氏は、かの有名なSF映画『インディペンデンス・デイ』の監督さんです。

インデペンデンス・デイ (吹替版)(提供:Amazon)

 

『スパイダー・パニック』も『インディペンデンス・デイ』も、パニック要素強めの映画。バトル要素も多い。

強いて言えば、『スパイダー・パニック』の方が若干陽気ですね。田舎町が舞台ですから、牧歌的なニオイすらします。

 

----------------------------------

 

興味深い点の、ふたつめ。

 

それは、出演者の中に、若き日の「スカーレット・ヨハンソン」氏がいること。

彼女は、映画『アベンジャーズ』シリースにて、女スパイ「ブラック・ウィドウ」を演じています。

この夏、スピンオフ作品も公開予定。

アベンジャーズ (吹替版)(提供:Amazon)

marvel.disney.co.jp(2021/6/23閲覧)

 

「ブラック・ウィドウ」とは、毒蜘蛛の一種「クロゴケグモ」のこと。

つくづく蜘蛛に縁のある役者さんですね。

彼女の初々しい演技が、『スパイダー・パニック』劇中で見られますよ。

 

----------------------------------

 

ぼちぼち、夏本番です。

暑い季節には、ホラー・パニック映画がよく似合う。

 

ただ、いきなり濃いめのホラー映画だと、胃もたれします。

夏の入り口には、ホラー要素軽めの作品から始めたほうが無難かも?

『スパイダー・パニック』は、ホラー要素よりもエンタメ要素の方が強い作風。恐怖要素は軽め。ホラーの季節の前菜としてはピッタリ。

未だご覧になっていない方は、この機会に是非どうぞ。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

スパイダー・パニック (字幕版)

スパイダー・パニック (字幕版)

  • デイビッド・アークエット
Amazon
アベンジャーズ (吹替版)

アベンジャーズ (吹替版)

  • ロバート・ダウニー Jr.
Amazon