makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【身近なアクシデントの話】椅子、ブッ壊れる

本日は、本当に身近なウチウチの話をば。

完全にエッセイです。当記事でありがちな「ニュース批評」や「エンタメの話」ではありません。ちょっと変わり種の記事かも。

 

------------------------------------------

 

では、本題に。

 

昨日、椅子がブッ壊れました。

突然壊れました。何の前触れもなく。

まぁ、8年ほど使っていたので、壊れても不思議ではないのですが。

 

アイリスプラザ オフィスチェア ハイバック メッシュ 通気性抜群 アームレスト 取り外し可能 リクライニング ロッキング機能 腰サポートバー 無段階昇降 H-935L-2RN ブラック(提供:Amazon)
(上画像:椅子のイメージ画像。筆者が使っている種類ではない。以下同)

 

壊れた部分は、椅子の昇降部。

ガス圧で座面(お尻が乗る部分)を上下させ、高さを良い具合に調整する構造になっている品物なのですが、全く上昇しなくなりました。一番低い位置のままで、固定された状況に。

そのままでも座れないことはないのですが、机との高さが合わず。物凄く疲れる姿勢になってしまう。その為、泣く泣く買い替えることに。

 

で、急いで近所の家具屋に行ったところ…

「椅子って、高い」ということに気付く筆者。

何せ、最後に椅子を買ったのは8年前。その時の感覚を、完全に忘れていました。

 

Gtracing ゲーミングチェア オフィスチェア デスクチェア ゲーム用チェア リクライニング パソコンチェア ハイバック ヘッドレスト ランバーサポート ひじ掛け付き 高さ調整機能 PUレザー ブルー GT002(提供:Amazon)

 

筆者の好きな椅子は、「ゲーミングチェア」みたいな感じのオフィスチェア。

ひじ掛け・ヘッドレストが付いたタイプで、長時間のデスクワークでも疲れにくい…とされるもの。

 

その手のタイプを店舗で探してみれば、「4~5万円からスタート」という価格帯。高い。

ネット通販では、1~2万円の品がゴロゴロありました。その感覚でリアル店舗に買いに行ったのが、そもそもマズかった模様です。

 

しかし、ネット通販の品を待つ時間はない。

どうしても、今日中にやらねばならない仕事があった為、速攻で椅子を買わねばならないのです。

結果、その店で一番安い部類の品(4万円台)の椅子を買うことに。予想外の出費で、なかなか痛い。

 

------------------------------------------

 

その椅子は、いわゆる「お客様組み立て方式」の品物。

近所の家具屋さんで、たまたま配達の便に空きがあったので、速攻で家に入れて貰いました。そして、すぐさま組み立てに入る筆者。

Ticova オフィスチェア 人間工学椅子 調節可能 な腰サポーとヘッドレストと 3D金属製アームレスト付き 厚手 座面 130度リクライニングチェア 搖りチェア パソコンチェア デスクチェア ハイバック事務椅子 メッシュチェア(提供:Amazon)

 

椅子の組み立て自体は、さほど重労働ではなかったのですが…

ひとりで組み立てねばならなかったので、「ここは二人以上で作業してください」と書いてある工程に苦慮しました。

 

まぁ、「二人でやらないと死ぬ危険がある」というワケではなく、「二人の方がやり易い」「二人の方が、組み立て中に壊れる可能性が低い」というものでしたから、何とか組み立てることに成功。
(読者様は、筆者の真似しちゃダメですよ。念の為に警告しておきます)

 

で、座ってみると…硬くて気持ち悪い

これは、椅子が故障しているのではなく、新しいが故の違和感なのでしょう。慣れる迄には、時間が必要。

ともかく、先ずは今日中に仕上げるべき仕事を終わらせる。これが先決でした。

で、何とか終了。バタバタでしたが、間に合った。

 

その仕事が終了した後で、当記事を書いています。

本日は、本当に忙しかった。

 

------------------------------------------

 

で、粗大ゴミと化した古い椅子ですが…。

粗大ごみの回収日は、もう少し先。しばらくの間は、「部屋の隅に追いやられた状態」でしょうねぇ。

 

もう座ることはありませんが、8年程使っていた椅子ですから…

何となく寂しい様な、もの悲しい様な、複雑な気分になります。

椅子に向かって「ありがとう」「お疲れさん」と言い、画像を撮影する筆者。普段はそんなことを全くやらないのに、いざお別れとなれば、奇妙な感覚に陥ります。

 

「ものを大切にしろ」と、子供の頃からキツく言われてきた筆者。

その教えが、上記の行動をとらせたんだろうなぁ…と。

「三つ子の魂百まで」とは、よく言ったものです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------