makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【今週のお題】逆手に取れば、ぼろ儲け

今週のお題「雨の日の過ごし方」より~

 

筆者は、関西人です。

2021年5月27日の関西地区は、昼頃まで概ね雨。特に、筆者の住む地域では土砂降りでした。

 

今年は、梅雨入り時期が観測史上最速(平年より21日も早く梅雨入り)となったのに、梅雨明けは例年並みという予報が出ています。

どうも雨の日が…相当多そう。

www.youtube.com(2021/5/16)

 

------------------------------------------

 

筆者は、基本的に「雨の日には外に出ない」という引き篭もり派です。

どうしてもという場合を除き、おうちから外へ出ない。

 

と言いますか、こういう時にこそ、溜まったメモ・ファイル・物品の整理に精を出します。

外出云々を考えなくて済むので、仕事が捗ります。

 

f:id:tenamaka26:20210527001442j:plain

(「雨」イメージ画像:https://www.pakutaso.com/20170824233post-12904.html

 

------------------------------------------

 

筆者は、メモ魔です。

その形態は、紙のメモから電子的メモまで様々。何か思いついた場合、とりあえず記録に残す癖があります。

 

しかし、書いたはいいけれど、その存在を忘れる。これも日常茶飯事。

その状態でも、やるべき用事のメモは増える。新規アイデアを記したメモも増えてくる。

いつかはやらねば…と思いつつ、メモが溜まるばかり。

 

そんな時の雨。これは…

「外に出られない」

「家の中に閉じこもる方がいい」

「動かないと落ち着く」
 ↓
「落ち着いて身の回りの整理ができる」

こういうサイクルへと入り易い。筆者にとっては絶好の機会です。

 

「雨で外出NG」とションボリするのではなく、寧ろチャンスだと考え、せっせと整理整頓作業に没頭。

埋没していたアイデアが発掘され、やるべき仕事が明確になり、次のステップに移行し易くなります。

場合によっては、当日(雨の日)から仕事に取り掛かる場合もあり。

 

------------------------------------------

 

筆者が雨の日に行うのは、アイデアやメモの整理だけではありません。

ヒキコモリを余儀なくされる時は、「収納物の点検と整備」をやるのにも、絶好の機会。

 

「買ったはいいが、使っていない品物」というのは、どこの家にもあります。

そういう品物を発掘し、整理する。これも非常に有益です。

 

特に、進学や転勤等で生活環境が変わった方には、身の回りの整理整頓を行う絶好の時期。

筆者も、つい最近引っ越しをしたのですが、あらかた生活環境が整ってきた為、品物の要不要が分かってきました。

今なら、「不用品をクローゼットの奥に仕舞い込む前」という状況です。何を奥に入れたか分からなくなる前に、キッチリ整理しておくチャンス。

 

訳の分からない状態で収納してしまえば、再度整理する時に大変。

こういうことは、最初が肝心です。収納前にキッチリ整理し、中身を一覧表にまとめておけば、後々楽。無駄な買い物も回避できる。いいことづくめ。

 

------------------------------------------

 

整理整頓をやれば、適度な運動にもなります。

「家の中に閉じこもって何もしない」という場合に比べれば、運動不足になり難い。

 

後々の無駄な労力を省く。後々の無駄な買い物も抑制する。後々に役立つアイデアを埋もれさせず、無駄にしない。

情報や物品の整理整頓は、上記の効果をもたらします。

 

が、徹底的な整理整頓をやるには、じっくり落ち着いてやれる時間と環境が必要。

雨の日は、時間も環境も整った良い機会です。逃す手はない。

考え方ひとつで、憂鬱も有益に激変するのです。「モノは考えよう」とは、まさにこれ。

 

 

-----------------(記事了)-----------------