makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【情報リテラシーの話】これだから、脳直&鵜呑みは危険

先日、こんな記事が流れました。

その内容は、「エヴァンゲリオンの生みの親・庵野秀明氏」について。

www.dailyshincho.jp(2021/5/16)

アニメ界の巨匠、庵野(あんの)秀明監督(60)。

改めて、この「鬼才」に注目が集まっている。

 

「人に慣れない動物を躾(しつ)けているみたいな感じ」

3月22日に放送されたNHKの「プロフェッショナル」で、妻の安野モヨコさんは庵野監督をこう評した。

まさに「人間離れ」した彼の存在が、今再び「ブーム」となっている。

 

なにしろ番組が好評だったため、4月29日にBS1で拡大版が放送される異例の事態が起きているのだ。

同番組は、3月8日に公開されたアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の製作過程を追い、庵野監督に密着したものである。

 

映画は4月18日の段階で観客動員数が500万人を突破し、2007年から始まった新劇場版「エヴァシリーズ」の中で最高記録を更新するほどの大ヒットとなっているのだが、驚くべきは作品に心血を注ぐ庵野監督の、「変人的」とでも言うべき鬼気迫る姿だ。

 

映画製作の期限が迫っているのに、いきなり脚本の4分の1を書き直すなど、とことん自分が納得するまで作品を練り直し、それに振り回される周囲のスタッフのドタバタぶりが「プロフェッショナル」では描かれている。

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/05161056/?all=1より。改行等は筆者によるもの。以下同)

 

NHKの番組に、エヴァンゲリオンの生みの親「庵野秀明」氏が登場。

その番組について書かれたのが、上記引用の「デイリー新潮」記事です。

 

------------------------------------------

 

この新潮記事に、「庵野氏に近しいスタッフ」という匿名の人物から仕入れた、興味深い情報が書かれていました。

その情報は、以下のようなもの。

「庵野さんは今後、あるアニメ映画を作る予定です。

庵野監督ではない、誰もが知っている国民的アニメ映画監督の代表作のニューバージョンですよ

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/05161056/?all=1

 

庵野氏が、『ゴジラ』や『ウルトラマン』等、他の作品を庵野流に仕上げるという活動をやっている。これはよく知られたことです。

シン・ゴジラ(提供:Amazon)

 

その活動の次回ターゲットが、「誰もが知っている国民的アニメ映画監督」の代表作とのこと。

 

パッと思いつくのは、「宮崎駿」氏あたりでしょうか。「新海誠」氏でしょうか。

それとも「大友克洋」氏か、「高畑勲」氏か…?

該当しそうな名前は、沢山あります。

 

------------------------------------------

 

が、この新潮記事。速攻で炎上。

何故ならば、庵野氏サイドが即座に否定したからです。

 

 

公式が「デマ」と言っている以上、デマと捉えるのが普通です。

上記のコメントが出た後、新潮側から反論も追加情報も無し。どうやら、デマ確定か?

 

仮に、新潮がネタ元として出した「庵野氏に近いスタッフ」が実在するとすれば…内部情報のリークということになりますね。

内部情報が漏れたとしたら、それは漏らした者が怒られる話。「犯罪や不正の告発」ならともかく、それ以外の情報を漏らすのは信義則に反します。

その手の情報を鵜呑みにする新潮。そういう構図になってしまいますね。

 

これから反論が出るのかも知れませんが、かなりガチガチな根拠を示さないと、「デマ記事」とのレッテルは消えないでしょう。

 

------------------------------------------

 

ツイッター等のネット空間では、上記の新潮記事を受けて、「庵野氏がリメイクするのは、あの作品かも?」と大いに盛り上がりました。

が、速攻で公式が否定。盛り上がりは消え、炎上だけが残ることに。

 

まぁ、今回はアニメの話ですから、人の命がどうこうとかいう深刻な話に直結しません。そういう意味で、悪質さは低い。

「庵野氏サイドに対する業務妨害になるかも?」という疑念は残りますが、庵野氏サイドから訴訟の動きなどは出ていない。

このまま、鎮火していくのでしょう。

 

------------------------------------------

 

この一件を見て、筆者が感じたこと。

それは、「人は、簡単にデマを鵜呑みにする」というもの。

 

今回の記事に限った話ではありませんが…

ネット空間を始め、「デマが騒ぎを呼ぶ」という光景は数多あり。

 

記事執筆者がハッキリした根拠を示さず、「匿名の事情通」がネタ元になっている。

こういう記事は、鵜呑みにする前に疑ってかかる。これが鉄則。

騒ぐのは、裏が取れた後で。それが安全です。

 

特に、犯罪に関する「事情通からの情報」は、アテにしてはいけない。

ツイッター等で、「こいつが真犯人」という情報がよく回ってきますが、鵜呑みにして拡散するのはNG。下手すれば、拡散した者も「デマ流し犯人」とされ、警察が動く話になります。

 

デマ加担は、誰でもやる。その可能性がある。

「自分は、絶対にデマに引っかからない」という人はいない。筆者も同様です。

油断すれば、誰でもやられるのです。

 

デマ耐性を身に付けるには、普段から「これって本当?」「根拠は何?」という視点を持ち、情報に接する必要があります。その姿勢を維持することが、情報リテラシー(情報活用能力)を育む修業みたいなもんです。

 

修業は、継続が重要。

ちょっとやそっとで、能力は身に付かない。

気長に続けて、習慣化するまで繰り返す。それが大事。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

新世紀エヴァンゲリオン 画コンテ集 上巻

新世紀エヴァンゲリオン 画コンテ集 上巻

  • 発売日: 2021/04/09
  • メディア: Kindle版
 
ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

  • 発売日: 2016/12/29
  • メディア: 大型本