makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルスの話】GACKT氏による「安全圏からの手のひら返し」と「陰謀論」か?(後編)

前々回・前回記事の続きになります。

テーマは、「新型コロナウイルス」と、タレントの「GACKT」氏。

GACKT氏が「新型コロナは、ただの風邪」と発信したことが物議を醸しています。当記事は、GACKT氏の意見について分析する内容になっています。

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

 

前々回記事では、「理由や根拠がハッキリしないままで、意見の大幅変更はよくない」というところに注目しました。

前回記事は、「GACKT氏の意見の、ここがおかしい」という点について、詳しく触れてみました。

 

今回は、前回と同傾向。「GACKT氏の意見の、ここがよく分からない」という点について、さらに掘り下げます。

注目するのは、「病院を買いまくっている」「ワクチンには闇がある」という話。

 

------------------------------------------

 

ここで、以前から引用させて貰っている「J-Cast」の記事を、もう一度見てみましょう。

www.j-cast.com(2021/5/17)

 コロナ患者を扱える指定病院は、県の中でも数か所、場合によっては1か所のためすぐに満床になるとして、「これ闇があるんですよ」と話した。

 

それ以外の病院はガラガラで潰れているところも急増しているとし、次のように明かした。

 

「実際、僕の仲間とか病院を買う側の方なんですけどね、買いまくってますね今。買いまくってます。つまり、闇です闇。本当に酷い話ですよ」

https://www.j-cast.com/2021/05/17411685.html?p=allより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

「コロナ騒動のせいで、病院がつぶれまくっている」

「仲間が、病院を買いまくっている」

GACKT氏は、こう主張します。

 

筆者は病院の買収などやったこともなく、「買いまくる」という表現がいったいどの程度の買収件数を指すのか、サッパリ分かりません。

GACKT氏も、具体的な数字は出していない。

その為、買収云々に関する話は、「GACKT氏がそう言うのであれば、そうなんだろう。GACKT氏の周囲では」という感想しか持てません。

 

ただ、「コロナ騒動のせいで、病院が潰れまくっている」という表現。そして、「その流れに乗って、病院を買いまくっている」という手法。これらには、疑いを挟む余地はあります。公になっているデータから、読み取れるものがあるのです。

GACKT氏の周囲では病院が潰れまくり・それを買いまくる人がいるのかも知れませんが、世間一般レベルにまで広く言えるか?…といえば、疑わしい。

 

------------------------------------------

 

先ずは、「病院が潰れまくっている」という話から。

 

潰れる病院は、「赤字を抱え過ぎた病院」ということになります。

確かに、新型コロナ騒動で、赤字幅が増えた病院は多い。ニュースでもよく報じています。

www.fnn.jp(2020/12/17)

病院の約半数が継続的な赤字に


これは「日本病院会」「全日本病院協会」「日本医療法人協会」の3病院団体が合同で行った、アンケート調査で判明した。

調査はコロナ禍が病院経営に与える影響の把握を目的としていて、2020年度第2四半期(7月~9月)の現状を、1533病院の回答を参考に分析している。

 

調査ではまず、医業の経営収支を月ごとに聞いていて、有効回答が得られた全病院(1460病院)の赤字・黒字の割合を示している。それを見ると、

 

2020年7月は53.8%が赤字、46.2%が黒字、

8月は48.6%が赤字、51.4%が黒字、

9月は52.0%が赤字、48.0%が黒字になっている。

 

2019年7月は38.2%が赤字、8月は31.6%が赤字、9月は56.6%が赤字なので、去年より経営が悪化していることが分かる。

https://www.fnn.jp/articles/-/120339

 

確かに、赤字幅は増えている模様。

理由は様々ですが、新型コロナに対応している病院は「コスト&負担増」による赤字が大きい。

コロナの対応には、完全防護で臨まなければなりません。施設内での区分け、防護服の準備や処理、その他もろもろの手間が増える。

かといって、国や地方自治体から多額の補助が出るわけでもない。よって赤字。

 

また、コロナ対応に労力を取られ、他の対応をストップする事例も多い。つまり、患者の受け入れ数が減る。当然、その分の治療費支払いもない。

言い方は汚いですが、「売り場面積を削られた百貨店」と同じ構図になっています。よって、ますます赤字が増える。

 

赤字が増えても、治療を手抜きにするわけにはいかない。

結果、スタッフの給料が減らされるという悪循環。

辞める人も増え、厳しい状況が続いています。

 

しかし、「赤字で苦しい」という話は多くとも、「病院が潰れた」という話は…さほど出ていません。

 

------------------------------------------

 

新型コロナが原因で、病院が潰れた話。

これを探すと、2020年7月に、岡山の整形外科が潰れたというニュースが引っかかります。

新型コロナの流行を警戒し、受診を控える患者が増加した為、経営難に陥ったとのこと。

www.sanyonews.jp(2020/7/27)

 

しかし、この後に続くニュースが、全く引っかかりません。

筆者の調査能力が未熟とはいえ、全く何も引っかからないというのは…奇妙。

病院ではなく、「介護サービス事業者」が倒産したという話は増えています。が、「病院の倒産」については、手掛かりはない。

 

 

ここで、「全国規模の調査資料」をみてみましょう。

有名企業「帝国データバンク」の調査報告によれば、医療機関の倒産件数が最大になったのは2019年のこと。コロナ騒動が本格化する前です。

コロナ騒動が本格化した2020年のデータでは、医療機関の倒産は減っています。

www.tdb.co.jp(2021/1/13)

 

上記記事によると、

「2020年の倒産件数は、前年比6.5%減。2年ぶりに前年を下回り、2000年以降で2番目の低水準」
「業種別に見ても、全業種で前年を下回った」

という調査結果が出たとのこと。

 

全業種で倒産件数が下回ったということは、医療機関の倒産件数も低下したということです。

「コロナが原因で、病院が潰れまくっている」という、GACKT氏の主張とは真逆。

 

------------------------------------------

 

そして、ワクチンの製造元である「ファイザー」に関するGACKT氏のコメント

これも、何だか奇妙です。

コロナ対策の強化について、GACKTさんは、「これ世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけどね」として、次のように自らの見解を示した。

 

「この10年間ずっと赤字だったアメリカを支えるファイザー製薬は、今年3兆円の黒字化に成功しましたと。すごい話ですね。

まあ、だいたい10年も赤字だったっていうのが、さらにすごい話なんですけどね。闇深いですねえ」 

https://www.j-cast.com/2021/05/17411685.html?p=allより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

ファイザーは、「バイアグラ」の他、多数の薬を作った会社。歴史も長い。今回のコロナ騒動でも、効き目の高いワクチンを製造・提供しています。

 

しかし、GACKT氏の言う「ここ10年間、ファイザーが赤字だった」という指摘の根拠が分からない。

株式関連ニュースを調べれば、企業の業績は分かりますが、「ファイザーが10年間ずっと赤字」とした資料が見当たらない。

 

恐らくは、「コロナ騒動を利用し、ファイザーが赤字解消を画策した」という話に繋げたい意図があるのでしょうが…。

このままだと、「ファイザーが公開している業績は、全て嘘である」となってしまいます。業績の誤魔化しは、それ即ち粉飾決算。

 

明確な根拠もなく、「ここは赤字企業」と指摘する。

これは非常にマズイ話です。GACKT氏にとって。

 

------------------------------------------

 

これまで述べてきた様に、GACKT氏の主張にはツッコミどころが多い。根拠が曖昧な話が多い。

それで「裏に闇が…」という話をブチ上げる。これは陰謀論の典型です。

 

筆者は、陰謀論が嫌いではありません。ミステリアスですからね。

しかし、利害関係者がいる陰謀論はNGだと考えます。業務妨害や名誉棄損になる恐れが大きいので。

 

特に、新型コロナに関しては、死者や困窮者が出まくっている陰惨な話です。デマや詐欺も横行している。センシティブな領域です。

そういう話題に、根拠が曖昧な話を持ち込むのはよくない。影響力のある人が行うのは、特によくない。鵜呑みにする人が多いでしょうから。

 

 

有名人は、一般人よりも影響力が強い為、発言には特別な責任を持たなければならない。

フィクションならともかく、現実に利害関係者がいる話では、後で分析可能な根拠を示さねばならない。

「勘違いした方が悪い」では、済まされない。

GACKT氏が、こう思っていることを祈ります。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

創作のための陰謀論&オカルトガイド

創作のための陰謀論&オカルトガイド

  • 発売日: 2017/08/11
  • メディア: Kindle版
 
陰謀論とは何か 権力者共同謀議のすべて (幻冬舎新書)