makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナワクチンの話】無駄なく上手に回すのは、悪いことじゃない。悪いのは権力側のズル

「新型コロナ騒動・沈静化のカギ」と言われている、ワクチンの接種。

日本でも、少しずつ進んでいます。

 

しかし、相手が新型コロナウイルス。「ワクチン接種会場が人でパンパンになって、クラスターが発生しました」という話になりかねない。厄介です。

ワクチンの保管方法も特殊。現在の日本で接種が進んでいるのは、アメリカのファイザー社製ワクチンですが、このワクチンは冷凍保存が必須。こちらもちょっと厄介です。

 

政府がワクチン接種を急ぐあまり、現場はドタバタ。

その為、様々なミスが発生。幸い大事にはなっていませんが、ヒヤリハットを放置すれば大事故を呼ぶ。用心は欠かせません。

www.ktv.jp(2021/5/12)

www.fnn.jp(2021/5/13)

www.yomiuri.co.jp(2021/5/16)

www.asahi.com(2021/5/16)

 

------------------------------------------

 

そんな「ワクチンに関するドタバタ」が発生する一方、当初の予想よりも上手く回っている地域もあります。

例えば、和歌山県の北山村。

www.yomiuri.co.jp(2021/5/15)

 

全国の過疎の自治体で、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンを年齢制限を設けずに接種する動きが広がっている。

政府は、全市町村にワクチンを最低1箱(975回分)配布したが、人口が少なく、全住民に2回接種しても余りが出るためだ。

 

人口432人(今年4月時点)の自治体・和歌山県北山村では15日、高校生への接種が始まった。

 

「全国でワクチンが不足する中、ありがたい」

午前9時過ぎ、村内唯一の診療所で接種を受けた高校3年の男子生徒(18)はホッとした様子で話した。

 

厚生労働省は4月上旬以降、65歳以上の高齢者向けのワクチンを人口規模に応じて各市町村に配分。

特殊な容器で冷凍保存の必要があるため、1箱単位で配分し、1箱には975回分か1170回分が入っている。

各市町村に975回分の1箱が必ず届くことになっており、北山村には今月2日、975回分が入った箱が届いていた。


今年4月時点の村の人口432人のうち、接種対象の16歳以上は383人だ。このうち希望者は318人で、全員が2回接種しても339回分が余るという。

 

厚労省は、過疎自治体などでワクチンが余った場合、高齢者以外への接種を容認している。

そのため、北山村では年齢制限を設けず10日から1日約60人ずつ進め、全村民が6月5日までに2回目の接種を終える予定だ。

余った分は県を通じて県内の他の市町村に回すという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210515-OYT1T50142/より。改行は筆者によるもの)


ファイザー社製のコロナワクチンは、冷凍保存しなければなりません。

しかし、接種の際には解凍する必要があり、解凍後は速やかに注射せねばならない。

また、ワクチンは「ある程度まとまった分量」で配布されます。人口の少ない地域では、高齢者以外にも回せる場合がある。

 

記事によれば、上記の様な自治体は日本全国で10か所あるとのこと。

総務省HPのデータでは、日本の市町村数は約1700。10か所というのはレアケースですね。

 

------------------------------------------

 

様々な事情が重なり、当初予定されていた「高齢者のみの接種」を終えても、ワクチン在庫に余裕のある自治体が存在する。

ただ、これを「ずるい」とか「政府の怠慢」と捉えるのは、如何なものかと。

ネットを軽く見回してみると、こういうネガティブな意見がチラホラありました。

 

なぜ余裕が出るか?…といえば、先に書いた通り。

様々な事情が重なった結果、レアケースとして発生したものです。該当する自治体は、周囲の自治体へワクチンを回すことも検討しているそうです。ズルでも怠慢でもないのです。

 

ネガティブな意見を持つ方は、「ワクチン接種予約がとりづらく、ピリピリしている」のでは?

その為、ちょっとしたことにも敏感に反応してしまうのでしょう。

お気持ちは分かりますが、レアケースに怒っても非効率です。1700市町村のうちの10か所というのは、全体の1%以下。レアケースを是正しているうちに、ワクチン接種が完了してしまいそうな極少数です。

冷静になって、自分の番をじっと待ちましょう。その方が平穏で現実的です。

 

------------------------------------------

 

とはいうものの、「レアケースに怒りたくなる人」が出るのは、ある意味仕方ない。

なぜなら、新型コロナに関して、いわゆる「上級国民」案件らしきものが、チラホラ存在していますから

www.tokyo-sports.co.jp(2021/2/24)

toyokeizai.net(2021/5/12)

 

最近では、大手ドラッグストア「スギ薬局」を運営するスギホールディングス会長が、愛知県西尾市の近藤芳英副市長に圧力をかけて、優先的に予約枠を確保できるようにしていた…と報じられたばかり。

西尾市とスギHDの主張は食い違っており、何が本当か分からない。これがまた疑心暗鬼を加速させます。

 

こういう話が、世の中のピリピリムードを強くする。

行政サイドは、通常の3倍くらいは用心して、襟を正して欲しいところです。

 

 

--------------(記事了)--------------