makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【今週のお題】「心霊物件」という指摘を、論破した経験あり

今週のお題「間取り」より~

 

間取りというか、正確には「怪談」や「都市伝説」の話になってしまうのですが…

建物に関する、ちょっとした体験談をば。

 

なお、当記事にホラー要素はありません。ホラーが苦手な方でも大丈夫。

と言いますか、ホラーが苦手な方に向いている記事だと考えます。ほんの少しですが、”ホラー耐性”が身に付くでしょう。

 

逆に、「怪談」や「都市伝説」を楽しみたい方には、当記事はオススメできません。

興醒めするというか、いわゆる”ネタバレ的要素”を含んでおりますので、予めご承知おきください。

 

------------------------------------------

 

では、本題に。

 

読者の皆様は、こんな話を耳にした経験はありますか?

「2階建ての建物で、階段が13段の物件は、原因不明の死者を出す物件だ」

都市伝説関連のページを調べていくと、結構な確率でこの話を見かけます。

 

f:id:tenamaka26:20210417205146j:plain

(イメージ画像:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9A%8E%E6%AE%B5-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2-%E6%88%90%E5%8A%9F-%E6%96%B9%E6%B3%95-828883/

 

この都市伝説。語られるシチュエーションは様々ですが、よく見かけるのは以下の様なもの。

 

【1】問題の物件は、2階建てのアパート。
【2】2階へ上がる階段が設置されているのだが、この段数が13段である。
【3】階段を上がってすぐの「201号室」で、怪奇現象が起こる。

【4】この話は、不動産業界でも有名である。
【5】入居者は、二週間以内に皆出ていく。もし二週間以上その部屋に住み続ければ、死ぬ。
【6】そうした経緯から借り手が付かず、破格の家賃になり易い。「他の部屋は家賃10万円」だったとすれば、「201号室だけ数千円」くらいまで値下げされる。

 

 

13階段という要素が、不吉さを醸し出していますね。

「死刑台(絞首刑台)へ上る階段が、13段」という話は多い。そこからホラー要素を感じたとしても、まぁ無理はありません。

 

------------------------------------------

 

この「13階段のアパート」の話。

これをガチで信じていた人が、筆者の近くにいたことがあります。

 

その方(仮に「島田さん」としておきます)が、筆者に相談を持ち掛けてきました。

「仕事の都合で引っ越すんだけど、物件探しで失敗したくない」と言い、筆者へ意見を求めてきたのです。

 

島田さんは、かなりオカルト要素を気にする方でした。

風水とか占いを重視し、「4」や「9」の数字は「苦」「死」をイメージさせるから良くないと主張する方。

入院した時も、「日取りが良くないから」として、退院日を伸ばす様に医療機関へ交渉を持ちかけるくらいの人です。

 

その島田さんが、「13階段のアパートには入りたくない」と言い、物件選びの絶対条件に”13段以外のもの”を指定してきました。

これは困った。

 

普通、”階段の段数”というものは、物件案内に掲載されていません。

間取り図やインフラの状況等は詳しく書かれていても、”階段の数”を載せている不動産情報を見たことがない。

どうしても知りたければ、現地に行って確認するしかないのですが、時間もコストもかかる。負担が増します。

 

------------------------------------------

 

筆者はホラー好きですが、それはエンタメとしてであり、日常生活にガチで取り入れるレベルではない。

寧ろ、オカルトをネタにして何かを強要してくる者には、怒鳴ることもしばしば。

本人さんが信じる分には、それは個人の自由。全く構わない。ですが、他者に強要する時点でアウトです。やっちゃ駄目。

 

島田さんの場合、”強要する人”とまでは言えませんが、かなり毒されています。

筆者は、「霊感商法とかもあるし、この機会に目を覚まして貰った方がいいかな」と考え、こう言いました。

 

筆者「島田さん。13階段のアパートに入りたくないんだよね?」

島田さん「そう。嫌」

筆者「でもさ。今・この話をしている私の部屋、13階段のアパートで、階段の目の前の部屋なんだよ

島田さん「!?」

筆者「自分がここに入居して数年経過したけど、何も起こってない。島田さん、何度か泊ったよね? お化けが出たことある?」

島田さん「…無い」

 

------------------------------------------

 

筆者は、学校や仕事の都合で、何度か引っ越しています。数か所の賃貸物件に居住した経験アリ。

そのうち約70%が、13階段のアパートでした。

しかし、ただの1度も心霊現象的なものは起きず。

 

この都市伝説を聞いた時、階段について詳しく調べたことがあります。

日本の場合、”階段が13段前後の物件”は多い。これは、建築基準法によって制限がある為、法に従って物件を建てた場合にはよくあることだそうで。

 

「13階段のアパートは、不動産業界で有名な話」というのも眉唾。

筆者には、お世話になった不動産業者さんが何人かいますが、皆が「そんな話は知らない」と仰います。

 

この話を島田さんにしたところ、それ以降は階段の話を気にしなくなりました。
(ただ、風水的なものには、妙にこだわっていましたが)

 

------------------------------------------

 

霊的な話を聞いたら、まずは冷静に考えてみることが重要。

その手の話は、ちょっと考えたり調べたりすれば、矛盾がゴロゴロ出てきます。

話を鵜呑みにせず、相談相手が近くにいれば迷わず相談してみてください。

 

オカルトは、話の種としては面白い。

しかし、オカルトのみを根拠にして生活環境を整えるのは、決してオススメできません。

あくまで論理的に、自分の頭で考えて決める。これが重要です。

 

 

-----------------(記事了)-----------------