makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【報道番組PR動画の話】これ、アカンやつや…

本日は、「燃えたてホヤホヤ」の話題をば。

 

テレビ朝日系列の番組に、「報道ステーション」というものがあります。

見たことのある方は、結構いらっしゃるのでは?

筆者も、拝見したことアリ。

www.tv-asahi.co.jp(2021/3/24閲覧)

 

この番組の新しい動画広告が、ネット上にて公開されました。

しかし、内容が問題視され、大炎上。現在は非公開となっています。

燃えた理由は、「意味不明」「女性蔑視」等々。

www.tokyo-np.co.jp(2021/3/24)

mainichi.jp(2021/3/24)

 

この手の騒動では、「問題の記事や動画を消せば、逆に増える」という現象が起こりがちです。

今回も同様。元ネタは消されても、記録はどこかに残っています。「無かったことにさせるな」と考えた人々の手により、増殖中。

twitter.com(2021/3/24閲覧)

 

当記事でも、「元ネタとなった動画を貼り付けておこう」と画策しましたが…。

よく聞くと、動画にBGMが入っていた。某JASRACに絡まれると嫌ですから、貼らないことと致します。

興味のある方は、上記ツイッター検索結果や、下記YouTube検索結果の方でご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+%E7%95%AA%E7%B5%84PR%E5%8B%95%E7%94%BB&sp=CAI%253D(2021/3/24閲覧)

 

 

なお、番組の公式ツイッターアカウントでは、今回の騒動に対する謝罪文が掲載されています。

この謝罪文が、「更なる炎上」を招かないことを祈ります。

 

------------------------------------------

 

恐らく、本日の「報道ステーション」の視聴率は、上がるでしょう。

いわゆる「炎上商法」のメカニズムで、瞬間風速的に数字が上がることは、あちこちで起こるもの。今回の話でも、同様のプロセスを辿ることは想像できます。

 

しかし、仮に数字が上がったとしても、所詮は炎上商法。燃えたものは灰になる。元には戻りません。

長く商売を続けたいのであれば、炎上商法は下策。やっちゃ駄目。

 

ネットを検索してみれば、「報道ステーション スポンサー」が検索候補に挙がってくる状況です。頭にきた人が、スポンサーへの抗議をする為に、調査しているんでしょう。

スポンサーは、宣伝の為に広告料払っているのに、売上アップの前に抗議が来る。これでは高い金を払う意味が無い。結果、広告を引き上げ、マスコミ側の収入が減る。

 

マスコミ関係者が最も恐れるのは、このスパイラルです。

 

特に、今回の様な「デマや誹謗中傷ではなく、正面からの批判が原因で炎上」となった場合は最悪。正当な抗議は、違法でも何でもありませんからね。

無視や揉み消しもできず、苦しい言い訳に終始し、更に泥沼にハマる。

普段から「誤報」や「キリトリ報道」が目立つ場合、ダメージは更に倍増。

 

 

さて、今晩の「報道ステーション」。トップニュースは何か?

その内容によって、炎上が更に酷くなる可能性もあり。

他者の危機管理を批判する者が、自らの危機に対してどういう舵取りをするのか?

勉強させて貰いましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

報道STATIONテーマ ORIGINAL COVER

報道STATIONテーマ ORIGINAL COVER

  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
炎上CMでよみとくジェンダー論 (光文社新書)

炎上CMでよみとくジェンダー論 (光文社新書)

  • 作者:瀬地山 角
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版