makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガ&映像作品の話】祖先は似ているが、進化は別方向(後編)

前回記事の続きです。

テーマは、『仮面ライダー』と『サイボーグ009』の違いについて

tenamaka26.hatenablog.com

 

前回記事では、『仮面ライダー』が”改造人間”という表記を薄めていったのは何故か?…について述べました。

 

今回記事では、なぜ『サイボーグ009』は『仮面ライダー』と違い、「改造人間である」という闇を強調するのか?…について、詳しく触れていきます。

 

----------------------------------

 

『仮面ライダー』と『サイボーグ009』は、共に改造人間(サイボーグ)が主人公の話です。

原作者は、どちらも「石ノ森章太郎」氏。

ishimoripro.com(2021/3/22閲覧)

 

ただ、『仮面ライダー』は子供向けで、『サイボーグ009』は青年以上向け。話の造りに違いアリ。

その違いが生まれた大きな理由は、「原作が固まっていたか否か」という点ですね。

 

仮面ライダー(1) (石ノ森章太郎デジタル大全) サイボーグ009(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)
(提供:Amazon)

 

『サイボーグ009』は、初アニメ化の2年前から、漫画連載が始まっていました。

アニメ化の前に、ある程度のストックがあったのです。

 

他方、『仮面ライダー』は、実写ドラマと漫画連載が同時進行。今でいう「メディアミックス」の形を採っていました。

その為、ドラマと漫画の方向性が違ってきても、それはあり得る話です。それぞれに制作の裏事情がある為、パラレルワールド的な作品になるのも仕方ない話かと。

 

----------------------------------

 

『仮面ライダー』では、実写ドラマの主演である「藤岡弘」氏のバイク事故が、大きな転換点となりました。

 

始まったばかりの実写版『仮面ライダー』は、シリアスでホラー色がやや強めであった為、子供受けが良くなかった。

さてどうしたものかと考えていた時に、撮影中のバイク事故で藤岡氏が大怪我を負って入院。

その代役として、2号ライダーが登場したのですが、この交代劇を切っ掛けにして「子供向けの修正」が始まります。

 

特に顕著なのは、「変身ポーズの採用」ですね。

最初期のライダーは、「バイクに乗りながら、ベルトの風車に受けた風圧をスイッチにして変身する」という変身方法でした。掛け声も、ポーズも無かったのです。

これが、2号ライダー登場時に「独特の変身ポーズでライダーに変身する」という方向へ路線変更。これが子供さんにウケた。

 

ウケた以上、その土台を壊すのはNG。

そうやって子供向け路線を積み重ねた結果、今の令和ライダーシリーズへ辿り着いたのです。

 

----------------------------------

 

一方、『サイボーグ009』は違います。

 

先述の様に、「原作が、ある程度固まった後で、アニメ化に至った」という流れがありました。

その為、原作の骨子「サイボーグの悲しみをメインに描く」という流れが、ライダーよりも強かった。

他にも、「人種差別」や「戦争の裏側」等、硬派なテーマが多数盛り込まれています。ライダーシリーズでは滅多に描かれない、大人向けの要素です。

 

とはいえ、009も「最初期のアニメ作品」は、子供向けの調整が施されています。

ただ、それは最初期だけ。1979年のテレビアニメ第二期あたりから、「原作に添った、大人向けアニメ」の雰囲気が強くなっていました。

何せ、テーマ曲のタイトルが『誰がために』ですからね。「誰の為に戦っているのか?」と、テーマ曲の段階から問いかけてくるアニメ。子供向きではないですね。

 

中でも、2012年に発表されたアニメ『009 RE:CYBORG』は、大人の視聴にも十分耐え得る名作として知られています。

「同時多発テロ」というキナ臭いテーマを軸に、骨太のストーリー展開が熱い。

003と009の、やや濃い目なラブシーンも有り。良い子は見ちゃ駄目。

009 RE:CYBORG(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

とまぁ、「009は大人向け」「ライダーは子供向け」という論調で語ってきたワケですが…

最後に、余談を。

 

『仮面ライダー』シリーズの中でも、「ガチの大人向け作品」はいくつか存在します。

有名な所では、『仮面ライダーアマゾンズ』の名が出ますね。あの作品、かなりホラー&スプラッター色が強い。視聴には、少々のグロ耐性が必要なライダーです。

Episode1「AMAZONZ」
(提供:Amazon)

 

他にも、『仮面ライダー龍騎』や『仮面ライダーSPIRITS』等、”子供向けと呼ぶには重厚過ぎる作品”もいくつかあります。

「いつものライダー」では物足りなくなった方には、その手の「重厚ライダー」をオススメします。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

サイボーグ帝国をたたけ!

サイボーグ帝国をたたけ!

  • 発売日: 2017/09/30
  • メディア: Prime Video
 
第8話 トモダチ

第8話 トモダチ

  • メディア: Prime Video
 
009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: Prime Video
 
CYBORG009 CALL OF JUSTICE Vol.1(初回生産限定版) [DVD]

CYBORG009 CALL OF JUSTICE Vol.1(初回生産限定版) [DVD]

  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: DVD
 
仮面ライダー(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

仮面ライダー(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

 
Episode1「AMAZONZ」

Episode1「AMAZONZ」

  • メディア: Prime Video