makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】ネタバレ回避と、光陰矢の如し

(お知らせ)

当記事は、超有名アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に関するものです。

が、本日公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』についての直接的ネタバレは含まれていません

筆者は、まだ映画を見ておりませんし、ツイッター上の反応をスルーしております。ネタバレ記事を書くのは不可能。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の情報を求めている方には、ちょっと物足りない内容になっているでしょうが、「ネタバレが嫌な方」にとっては安心できる内容になっています。

そのことをご理解頂いた上で、記事を読み進めてくださいませ。

 

----------------------------------

 

では、本題に。

 

本日、2021年3月8日。『新世紀エヴァンゲリオン』のリビルド(再構築)シリーズである、『新劇場版』の最終作、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が封切りとなりました。

www.evangelion.co.jp(2021/3/8確認)

 

この作品は、そもそも制作進行に時間がかかっていて、なかなか公開には至らなかったもの。前作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が2012年公開でしたから、9年ほど経過しています。

加えて、昨今の新型コロナウイルス騒動の煽りを喰らって公開延期に。今回、やっと鑑賞できる状況に…という紆余曲折があった作品です。

ヤキモキしていたファンから、歓喜の声が多数。

www.oricon.co.jp(2021/3/8)

 

庵野秀明総監督の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が8日朝、公開を迎えた。

前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開から8年と4ヶ月、さらに第1作公開から実に13年半の時を経てついに『新劇場版』シリーズが完結。

 

新型コロナウイルスにともなう緊急事態宣言で2度の公開延期を経て封切りを迎えたこの日、初回上映を鑑賞するため多くのエヴァファンが月曜早朝にもかかわらず劇場に集った。

東京・新宿のバルト9では、午前7時からの初回上映の座席は完売。

 

この日、出勤前に劇場に駆けつけたという30代の女性は

「前作から8年以上待ち続けて、ついにこの日が来たという思い。初回の上映に立ち会えたことを心から幸運に思います」

と興奮を抑えきれない様子で語ってくれた。

https://www.oricon.co.jp/news/2186424/full/より。改行は筆者によるもの)

 

今作は、『新劇場版』4部作の最終話ということで、否が応でも期待値が上昇。

第1作から13年以上も経過しただけに、ファンの熱気が物凄い。

 

筆者も、熱狂的とまではいいませんが、いちエヴァファンです。

今回の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』には、かなり期待しています。

この目で鑑賞するまで、全力でネタバレ回避に努めたいと考えます。

 

『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版』+『シン・エヴァンゲリオン劇場版 冒頭12分10秒10コマ』(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

しかしまぁ…

新劇場版の元ネタであるテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が世に出たのは、今から26年前。四半世紀前の話です。

当時生まれた方が、今はもう社会人。育児中の方もいらっしゃるでしょうね。

時の経つのは早いもの。

 

その頃にやっていた「懐かし番組」といえば、子役時代の「安達祐実」氏が主演を務めたテレビドラマ『家なき子』の名前が出て来ます。

当時の安達氏は、小学校を卒業したくらいの御年頃でした。

家なき子(劇場版) [VHS](提供:Amazon)

 

1995年近辺で放映されていた、『家なき子』以外の作品を探してみれば…

『愛していると言ってくれ』『超力戦隊オーレンジャー』『空想科学世界ガリバーボーイ』等の名前が。

時代を感じる作品がズラリ。

 

そんな時代から、未だに熱狂的なファンの絶えない『新世紀エヴァンゲリオン』。

『機動戦士ガンダム』等と並ぶ、日本ロボアニメの最高峰と言って差し支えないでしょう。

 

その魅力の源は、「”必要最低限の情報しか与えない”という謎解き要素」にある。これは確実。

「この描写は、こういう主張かも知れない」「この伏線は、こういう展開の前振りかもしれない」と仲間内で議論して盛り上がり、それが番組への愛情に昇華した。多くの人気作に共通する要素ですね。

 

この「謎解き」について詳しく触れてみたいのですが…

一歩間違えば、最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のネタバレになりかねない。その為、当記事では触れないことと致します。後日、別記事にて。

 

エヴァを深く理解するには、宗教的な知識も必要になってきますからねぇ。

なかなかに奥が深い。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

  • 発売日: 2007/09/01
  • メディア: Prime Video
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

  • 発売日: 2009/06/27
  • メディア: Prime Video
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

  • 発売日: 2012/11/17
  • メディア: Prime Video
 
新世紀エヴァンゲリオン(1) (角川コミックス・エース)