makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】『ブラックホール』だけに、黒歴史なのか?

本日は、レトロな映画をご紹介します。

作品のタイトルは、『ブラックホール』です。

The Black Hole [DVD](提供:Amazon)

 

当記事で紹介する『ブラックホール』は、1979年のアメリカ映画です。ジャンルはSF。それも、ホラー色の強いSF作品になっています。

何せ、公開当時のキャッチコピーが「もうすぐ宇宙は発狂する」ですから。心躍る冒険譚…ではなさそう。

yti 118 洋画映画チラシ「ブラック・ホール 」(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

この『ブラックホール』ですが…ちょっとビックリする映画です。

 

何にビックリするか?

それは、制作会社が「ディズニー」なのです。ミッキーやドナルドダックが所属している、あのディズニーです。

ディズニーが、ホラー色の強いSFを作っていた。今の姿からすれば、ちょっと想像できない。かなり意外。

 

----------------------------------

 

『ブラックホール』の内容を、ネタバレにならない程度で述べると、以下の様なものになります。

 

 

▼物語の舞台は、遥かな未来の外宇宙。

 

▼NASA(アメリカ航空宇宙局)の小型探索船「パロミノ号」が外宇宙を探索中していた。この船の乗員は5名。宇宙船操縦士、科学者、ジャーナリスト等の面々が乗り込んでいる。加えて、多機能ロボットの存在もアリ。

▼と、パロミノ号のレーダーに何かの反応が。詳しく調べてみると、反応の源は「巨大な宇宙船」であることが判明。この船を外から観察するに、どうも機能停止状態で漂っている風にしか見えない。まるで幽霊船だ。

▼幽霊船と思しき船に近付くパロミノ号。しかし、目の前の船は幽霊船ではなかった。この船は、20年前に行方不明となった大型宇宙船「シグナス号」だったのである。

 

▼機能停止状態に見えたシグナス号だが、実は健在。そのシグナス号とドッキングするパロミノ号。シグナス号に乗船したクルーを迎えたのは、多くの警護ロボット・作業用ヒューマノイド・そして唯一の生き残りである「ラインハート博士」であった。

▼博士は、現在のシグナス号がどういう状況にあるのか、パロミノ号のクルーに説明した。

▼実は、過去に大きな事故があり、乗組員のほとんどは脱出用シャトルに乗り込んで退避。残ったラインハート博士は、ロボットやヒューマノイドを開発。シグナス号を維持管理する体制を整えたのである。

▼現在のシグナス号は、間近にあるブラックホールの観測を続けている。

 

▼博士の話を聞いたパロミノ号クルーは、「それで20年間も行方不明扱いだったのか」と驚く。

しかし、シグナス号の内部を調べるうちに、ラインハート博士が隠していた真実が暴かれ、パロミノ号クルーが危険な状況へ追い込まれていく…。

 

----------------------------------

 

冒頭にも書きましたが、『ブラックホール』はホラー色の強いSF映画。制作はディズニー。このミスマッチが特徴といえます。

ディズニーっぽい部分といえば、「登場する味方ロボットが、愛嬌のある姿をしている」くらいでしょうか。

ディズニー セレクト クラシック/ シリーズ1 ブラックホール ヴィンセント & ボブ/Diamond Select Disney Select Classic Series 1 The Black Hole V.I.N.CENT & B.O.B. Action Figure
(提供:Amazon)

 

上記画像が、その「味方ロボット」です。

左側が、旧式ロボの「ボブ」。シグナス号の中で邪険に扱われている、気の毒なロボットです。

右側は、最新型の「ヴィンセント」。パロミノ号のクルーと共にやってきた万能ロボです。

どちらのデザインも、ディズニーっぽいといえばディズニーっぽい。

 

----------------------------------

 

で、この『ブラックホール』。

現在では「鑑賞しにくい作品」になっています。

 

「Amazonプライム・ビデオ」には、該当なし。

かつては、レンタルビデオ(VHS)で鑑賞可能。何度かテレビ放映もされていたそうですが、その後はストップ。

DVDに関しては、外国語版はあっても、日本語版は発売されていません。

(筆者は、子供の頃にレンタルビデオで鑑賞した記憶アリ)

 

現在の状況をザッと調べたところ、「TSUTAYA」と「楽天TV」あたりで鑑賞可能という情報が。

tsutaya.tsite.jp(2021/2/22閲覧)

tv.rakuten.co.jp(2021/2/22閲覧)

 

『ブラックホール』はレトロ映画になってしまいましたが、「ディズニーの意外な一面」を発見できる作品です。表に出さないのは、ちょっと勿体ない。

「夢と魔法のディズニー」から、あまりにもイメージが離れ過ぎている為に、表に出したくないのか?…と勘繰ってしまいます。

 

筆者は、「レトロSF好きには、かなりウケそうな作品」だと考えます。

もっと宣伝していいのでは?

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

The Black Hole [DVD]

The Black Hole [DVD]

  • 発売日: 2006/02/06
  • メディア: DVD