makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【東京五輪の話】Tokyoインパール2021(後編)

前回記事の続きです。

テーマは、「東京五輪のボランティアを、インパール作戦に重ねてしまうのは何故か?」

tenamaka26.hatenablog.com

 

先日から騒ぎになっている、東京五輪組織委員会の長・森喜朗氏の問題発言。

その余波は、森氏個人だけでなく、組織委員会やIOC、果ては国会にまで波及。国内のネットやメディアは勿論、世界中から疑問の声が出ています。

最早、森氏の個人的資質の問題で終わらず、「組織の自浄能力・問題解決能力が無い」として、運営全体の問題に発展している感アリ。

 

------------------------------------------

 

不安な面は沢山ありますが、前回記事から触れているのは「ボランティア」についての話です。

東京五輪は、10万人規模のボランティアで支えられる形になっています。このボランティアの扱いがおかしい…と、以前から話題になっていました。

今回の炎上騒動で、ボランティアを辞退する方も出ています。百人単位で。

 

この機会にもう一度、「五輪ボランティア」の意義や経緯について、振り返ってみましょう。

それと並行して、旧日本軍の支離滅裂さが露呈した「インパール作戦」にも触れていきます。

第二次世界大戦中の話ですから、もう80年近く昔の話になります。が、未だに「こういう光景、見たことがある」と言ってしまう要素アリ。

人は、80年経っても、進歩しきれていない面が残っている。そうとしか思えないのです。

 

------------------------------------------

 

先ずは、インパール作戦について、簡単に触れていきます。

 

この作戦が実行されたのは、1944年。

インドのインパールという町に、イギリス軍の拠点がありました。

その拠点を制圧する為に、旧日本軍がビルマ(現在のミャンマー)から出発して、攻撃を仕掛ける。これがインパール作戦の概要です。

 

しかし、この作戦。実施前から「無謀過ぎる」という反対意見が出ていました。

補給を考えず、険しい地形や悪天候などの条件を無視して、成功ありきで提出された作戦。失敗する確率の方が、遥かに高い。

しかし、「気合があれば成功する」と軍上層部が言い放ち、インパール作戦は実施されてしまいます。

 

作戦の結果は、予想通りの大失敗。

食糧どころか武器弾薬の補給までが滞り、険しい地形と悪天候で進軍が止まり、飢餓と疫病で兵士が次々と倒れ、その最中でも戦闘があり…と、事前に予想された事態が次々に発生。

資料によって数はまちまちですが、日本側には、少なくとも4~5万人の死者が出ました。

 

冷静に考えれば、問題が山積みの作戦。

その状況下でも、「根性で何とかしろ」という上層部。具体的な方策もなく強行すれば、失敗するのは当たり前。

なお、上層部の責任は有耶無耶で終わっています今の日本も、この時とそっくり。

 

------------------------------------------

 

一方、東京五輪のボランティアは、どんな状況なのか?

 

この件については、3年以上前から、問題視する記事が出ています。

 一言で言えば、酷い。

この状況を「ブラックボランティア」と評する方もチラホラ。

gendai.ismedia.jp(2018/8/4)

 

上記記事の後で、改善された点もありますが…。

五輪ボランティアに対して示された条件で、「これはちょっと酷い」という例を挙げると、以下の様なものが。

 

◆給料は出ない。

◆宿泊費・交通費・その他の費用は、基本的に自腹。補助が出るのは、ユニフォーム、大会開催中の飲食物、若干額のプリペイドカード、ボランティア保険程度。

◆「1日8時間程度の活動で、10日以上動ける」「事前研修に参加できる」等、結構な拘束期間がある。

 

上記の条件を見て、「ボランティアなんて、そんなもの」と考える方もいるでしょうが、それは恐らく災害ボランティアのことを仰っているのでしょう。

災害ボランティアの場合、相手は被災者。困っている人を助ける為に、無償奉仕するという図式は、理解できます。

 

しかし、五輪はスポンサー企業を多数抱える商業イベントです。単なるスポーツ大会ではない。莫大な広告費が運営に入り、上層部は長者番付の常連になれるレベル。

そこに無償ボランティア…となれば、それは「超低賃金労働者」と同じ。運営が金をガメているのに、現場はボランティア。ちょっとおかしい。

 

それに加え、運営が「医療従事者もボランティアで、無報酬」と言っている時期がありました。

さすがにそれはマズイと思ったのか、2020年12月に方針転換するとの発表がありましたが、医療従事者までタダ働きさせようというのは…絶句です。

なお、この医療ボランティア。元々は熱中症対策を中心に考えられていたボランティアです。コロナの話は考慮に入っていません。

コロナ禍で、ただでさえ医療が混乱している現状。これをボランティアで何とかしようとする。筆者には、その経緯が理解できない。

 

------------------------------------------

 

そのボランティアにかける運営の言葉が、「二度とできない経験」「就職活動で有利になる」等の曖昧なもの。

条件が厳しく、報酬も無く、精神論だけで募集するというのは、かなり苦しい。人が集まらない恐れもありました。その為、学校に働きかけて、「ボランティアに参加すれば、単位として認める」という話まで出る始末。

 

商業的には大成功している運営が、現場には対価を支払わない。

対価を与えず、精神論で何とかしようとする。

冷静な計算を無視して、現場に精神論を強要する。現場の状況よりも、組織上層部のしがらみを優先させる。

こういう姿をして、「インパール」と揶揄されるのです。

 

ちなみに、インパール作戦をゴリ押した張本人「牟田口廉也(むたぐち・れんや)」中将は、作戦で死んでいません。戦後の日本で、責任転嫁の演説をばら撒いていたとのこと。

上層部連中は、日本から芸者を呼んで、飲みまくっていたそうです。地獄の現場でバタバタ死んでいく兵士の存在を、よく知った上での宴会とは…。

bunshun.jp(2020/8/15)

 

------------------------------------------

 

2021年の日本。

新型コロナで本業が危うくなり、副業しないとやっていけない人は、1年前よりも増えました。

その流れで、ボランティアに従事する余裕も減る。これは間違いない。

 

そこへきて、森喜朗氏を発端とする、昨今の炎上騒動。

自民党の二階幹事長は、森氏を擁護し、ボランティアの気分を逆撫でしかねない発言で追加燃料投下。

ギリギリのラインで、何とか頑張ろうとするボランティアの方々は、あの会見を見てどう思うのだろう。

 

真夏に行われる五輪。熱中症対策ですら不十分なのに、コロナの対応などできるはずもない。

コンパクト五輪だったはずなのに、コロナ騒動が表面化する前から予算が青天井。

そもそも、色々おかしいことだらけだった。「国威発揚」みたいな感じで進んできましたが、新型コロナで一気にひっくり返り、今に至ります。

この辺りも、インパール作戦に通じるモノがある。80年経っても、変わらなかったのか…。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

ブラックボランティア (角川新書)

ブラックボランティア (角川新書)

  • 作者:本間 龍
  • 発売日: 2018/07/07
  • メディア: Kindle版
 
インパール (文春文庫)

インパール (文春文庫)

  • 作者:高木 俊朗
  • 発売日: 2018/07/10
  • メディア: Kindle版
 
戦慄の記録 インパール

戦慄の記録 インパール

 
全滅・憤死 インパール3 (文春文庫)

全滅・憤死 インパール3 (文春文庫)

  • 作者:高木 俊朗
  • 発売日: 2020/07/08
  • メディア: Kindle版