makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【今週のお題】いつまで経っても大人になりきれないので、万年修業中

今週のお題「大人になったなと感じるとき」より~

 

筆者は、「成人式を、10年以上前に済ませた人」です。年齢的には、十分に大人の域。

しかし、まだまだ不足している部分は多い。日々是修業。

 

そんな筆者が、ふと「以前に比べて、大人になったかな?」と感じる瞬間があります。

それは、「価値観の違う相手」との付き合い方を、何となく悟った時ですね。

 

------------------------------------------

 

「人間は平等」
「お互いを尊重することが重要」
…等々。成人前に学校で習った、人間関係に関する話は多い。

しかし、成人式を経て社会人になってから、それらがことごとく”不安定なもの”だと実感しました。

 

とにかく、自分と価値観が合わない人が多い。

「どんな相手でも、礼儀正しく接しなさい」という具合に習っていても、社会に出れば「礼儀?何それ」と言わんばかりの態度を取る人は大勢います。

 

そういう人が顧客や上司にいた場合、かなりのストレス源になります。

相手が変わってくれたらいいのですが、悲しいかな「こちらが先に耐える」ということを強いられます。

社会人あるある。

 

------------------------------------------

 

ここで、「相手が変わってくれるだろう」と期待するのは、生産的ではない。

自分が変わる方が、手っ取り早い。加えて、自分のことですからコントロールが容易。相手をコントロールする方が難しいのです。

 

相手が変わるまで待っていると、その分だけ相手の都合に巻き込まれ、ストレスが溜まる時間が長くなります。

ストレスを感じない様に自分を変化させるか、無理ならばストレス源と距離を置くか。心身をやられる前に、何らかの対応策を取った方がいい。

 

------------------------------------------

 

自分が変化する為には、大小様々な方法があります。

その中でも、割と具体的かつ効果的なのは、「相手を褒めること」です。

 

これは、「ゴマをすれ」とか「ヨイショしまくれ」とかいう意味ではありません。

どんなにムカつく相手でも、冷静に考えて”素晴らしい成果”といえる結果を出した時は、素直に褒める…ということです。

 

「冷静に考えて素晴らしい成果」を褒めずに貶した場合、それは自分の卑しさが増したということ。相手を認める云々の前に、自分が周囲から浮いてしまいます。

それではマズイ。

 

褒めるべきは褒める。そうすれば、相手の良い所も見えてきます。

価値観が違えども、理解できる部分が増えるかもしれません。

 

------------------------------------------

 

この「冷静に考える」というのが、なかなか難しい。

嫌悪感・苦手意識・思い込み等を元から持っていると、頭に血が上った状態になってしまい、相手の悪い所ばかりを見てしまう。

 

冷静に考えるスキルを磨くのは、一朝一夕では無理。

様々な本を読み、多くの映画を見て、いろんな人の話を聞いて、見識を深めることが大事。

 

「世の中には、こういう生活スタイルがあるのか」
「自分と考え方は違うが、話の筋は通っている」

こういう情報を蓄積していけば、冷静に考える下地ができます。「様々な価値観や生き方があっても良いんだ」と、理解する基礎が生まれるのです。

この作業に、時間がかかる。ここが難しい。

筆者は、未だに修業中です。

 

ただ、価値観の違う相手を認めることができた時は、自分が「新たな視点を得た」ということと同義。要はスキルアップしたということ

自分の成長を感じた時は、とても嬉しい。

昨日よりも成長できたかも知れない。そう思えた時に、「少しだけ大人になれたかな?」となります。

 

 

歳を食ったら、自動的に大人になるワケじゃない。

自分の成長を感じた時に、大人としてのレベルが上がる。

筆者はそう考えています。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

国連で学んだ 価値観の違いを超える仕事術

国連で学んだ 価値観の違いを超える仕事術