makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】毎日違う話を描くって、かなり大変でっせ

先日、「これは凄い」と言ってしまうニュースが流れました。

その内容は、読売新聞の四コマ漫画『コボちゃん』の連載回数が、歴代1位になったというもの。

www.yomiuri.co.jp(2021/1/7)

読売新聞朝刊社会面に連載中の植田まさしさん(73)の四コマ漫画「コボちゃん」が7日、通算1万3750回となり、一般全国紙の連載漫画として最多記録を達成した。

これまでの記録は、毎日新聞で東海林さだおさん(83)が1974~2014年に連載した「アサッテ君」の1万3749回だった。


「コボちゃん」は、1982年4月にスタート。

好奇心旺盛な男の子、田畑小穂と家族の日常をほのぼのとしたタッチで描く。

 

連載1万回に到達した2010年6月14日には、妹ミホ(実穂)が誕生。

長年、永遠の5歳児だったコボちゃんも、小学3年生にまで成長している。

単行本は現在計107巻まで刊行。

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210106-OYT1T50176/より。改行は筆者によるもの)

 

『コボちゃん』。

派手か地味か…と問われたら、間違いなく地味な部類の作品です。

しかし、この地味さこそが、凄さの裏返しである。筆者はそう考えます。

コボちゃん (1) (Soyosha comics)(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

『コボちゃん』のネタは、日替わり。

「田畑家族」を中心にした登場キャラクターこそ同じですが、話は日によって違います。

その内容は、「何気ない日常を切り取ったもの」もあれば、「ニュースを斜めに斬る社会派ネタ」まで様々。

そのどれにも嫌味は無く、安心して読める作品です。

 

この「嫌味が無い」「安心して読める」「日替わり」「四コマ漫画」という要素を満たし、なおかつ13750回の連載を果たすというのは、かなり困難

それを実現させた作者・植田まさし先生のパワーは、紛れもなく”本物”だと考えます。

 

筆者も「日替わりブログ」を運営させて貰ってますが、まだ700回程度。

ひとつの記事につき、2000~3000字の分量を基準にしていますので、四コマ漫画とは違いますが…それでもまだ700回。

で、700回も別の話を練ろうと思えば、めちゃくちゃ大変です。「前編と後編」という型式を取った記事もありますので、話の種類そのもので考えれば、700よりも少ない。

700程度でも苦しむのに、13750回も違うネタを持って来る『コボちゃん』。かなり高いモチベーションがないと、継続は不可能でしょう。

 

また、「四コマ漫画」という型式も、かなり難易度が高いと思われます。

明確な起承転結を描かねばならず、無駄を極限まで削ぎ落す必要がある。それが四コマ漫画。長文を掲載するのより、ずっと難しい。

これに、先程述べた「日替わりネタの難しさ」が加われば、更に難易度はアップします。

 

毎日見る四コマ漫画。

しかし、その裏には「地味に見えるが、実は凄いパワーを要求される」という、隠れた苦労がある。

 

----------------------------------

 

もっと言えば、作者の植田先生は『コボちゃん』の連載のみを担当されているワケではありません。他作品の連載も、並行して行っておられます。

 

例えば『かりあげクン』。

新聞漫画ではなく雑誌連載ですが、こちらも連載40周年を迎える長寿作品です。

www.futabasha.co.jp(2021/1/9閲覧)

 

『コボちゃん』の主人公は子供ですが、『かりあげクン』は社会人。その為、内容がブラックジョークに寄っているものが多い。

つまり、『コボちゃん』と路線が違うということです。

 

『コボちゃん』と『かりあげクン』に、同じネタを載せるワケにはいかない。何かしら変化を付けなければならない。

そうなれば、考えるネタの数が更に増える。

これを40年以上も継続するというのは、並大抵のことではありません。

作者の植田まさし先生に、ただただ感服。

 

----------------------------------

 

なお、余談ですが…

『コボちゃん』は、かつてテレビアニメ化されたことがあります。放送期間は、1992~1994年。

アニメの内容は、原作の四コマ漫画を下敷きにしたものになっています。『サザエさん』と同じ方式ですね。

原作連載35周年&TVシリーズ放送開始25周年記念企画 コボちゃん コレクターズDVD Vol.1 <HDリマスター版>【想い出のアニメライブラリー 第87集】(提供:Amazon)

 

このアニメ版、声優さんが豪華。ちょっと名前を挙げただけでも、以下の方が出演されています。

・「大谷育江」氏(ピカチュウ役)

・「矢島晶子」氏(野原しんのすけ役)

・「茶風林」氏(目暮警部役)

・「石田彰」氏(渚カヲル役)

 

新聞の四コマ漫画しかご覧になったことのない方には、アニメの存在自体が興味深いでしょう。そこに出演者の豪華な顔ぶれが加われば…。

『コボちゃん』に対する印象が、大きく変わること請け合い。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

コボちゃん 2020年11月 (読売ebooks)

コボちゃん 2020年11月 (読売ebooks)

 
新コボちゃん (47) (まんがタイムコミックス)

新コボちゃん (47) (まんがタイムコミックス)

 
かりあげクン(65) (アクションコミックス)

かりあげクン(65) (アクションコミックス)