makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【令和特撮の話】この時期になると、「新作情報の発掘作業」が盛んになります

毎年この時期になると、恒例行事の様に、とある番組の話が出て来ます。

その番組とは、『スーパー戦隊シリーズ』の次回作

 

放送スケジュール的には、来年3月から地上波で流れます。

ただ、放送より前に、権利関係を押さえておかねばならない。要は著作権保護です。パクリ製品を作られたら堪らないですから。

 

次回作の題名が、特許関連情報ページに載り、ネットユーザーが探し出して、大手メディアより先にリークされる。

これも、毎度お馴染みの風景です。ネット社会は凄い。

 

------------------------------------------

 

最初のリークから、2~3ヶ月ほど経過した本日。次回作の詳しい内容が報じられました。

タイトルは、『機界戦隊ゼンカイジャー』とのこと。

mantan-web.jp(2020/12/21)

 

スーパー戦隊シリーズ第45作のタイトルが「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)に決まり、2021年3月7日にスタートすることが12月21日、明らかになった。

 

主人公となる戦隊は5人で構成され、1人の人間と4人の機械生命体(=ロボット)の組み合わせという、これまでにない斬新な設定となる。

 

また、4人のロボヒーローたちは人間サイズの敵には等身大で挑み、巨大な敵には乗り物に乗らず巨大ロボ化して戦うという。

https://mantan-web.jp/article/20201220dog00m200029000c.htmlより。改行は筆者によるもの)

 

『機界戦隊ゼンカイジャー』(以下『ゼンカイジャー』と表記)は、主人公チームが「人間一人・ロボット四人」の構成。

上記引用には、「これまでに無い、斬新な設定」とあります。

そう言われてみればそうかも知れませんが…。

 

2013年の『特命戦隊ゴーバスターズ』では、相棒がロボットという設定アリ。
2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』では、主要メンバーの大半が人間ではなく、「ジューマン」という異世界人。
2017年の『宇宙戦隊キュウレンジャー』では、仲間が宇宙人だらけ。

「人間以外の者が、主要メンバーに食い込む」という設定は、言うほど斬新でもない気が…しなくもない。

 

ただ、「ロボットだらけの主要メンバー」という設定を、どう膨らませるのか。その点は興味深く、期待できますね。

ロボットですから、追加・改造パーツがワンサカ出てきても、ストーリー的に違和感がない。

 

------------------------------------------

 

追加パーツといえば…

どうやら、次回作『ゼンカイジャー』は、「過去の遺産のパワー」を使って戦う様子です。

 

過去の遺産とは、「歴代スーパー戦隊のネタを拝借する」ということ。

例えば、『ゼンカイジャー』の主人公キャラ「ゼンカイザー」は、スーパー戦隊の元祖である「アカレンジャー」がモチーフ。

他のメンバーも、歴代スーパー戦隊の巨大ロボをモチーフにした姿です。

秘密戦隊ゴレンジャー Vol.1 [DVD](提供:Amazon)

 

また、歴代スーパー戦隊の力を秘めた「ギア(歯車)」が、追加パーツ・パワーアップアイテムとして登場するとのこと。

この設定は、2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』に通じるものがあります。

恐らくは、「パーツ交換(ギア交換)によって、歴代の巨大ロボに変身する」等の演出があるでしょう。

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船(提供:Amazon)

 

この設定は、”親子”にウケが良い。

スーパー戦隊に夢中になるのは、小さな子どもさんです。が、スーパー戦隊が世に出て45年以上。親世代は勿論、祖父母世代も「小さい頃に見ていた」となる場合がチラホラ存在します。

 

子の好みを、親が理解する。これは大きなアドバンテージ。

加えて、「大きなおともだち」のコレクター魂を刺激する番組にもなりそうです。

過去作品のネタを、追加パーツで表現できるとなれば、グッズ作り放題。玩具店が賑やかになりそうですね。

 

 

色々な災難で、気が滅入る昨今の世界。

こういう時期に、親子三代に渡って楽しめそうな『ゼンカイジャー』。

大いに期待したいところです。

 

------------------------------------------

 

(余談)

先に述べましたが、『ゼンカイジャー』の主人公キャラ「ゼンカイザー」は、スーパー戦隊の元祖である「アカレンジャー」がモチーフだそうです。

確かに、アカレンジャーの面影が色濃い。

ただ、筆者の目には「仮面ライダーW」として映ってしまう。

まぁ、『ゴレンジャー』も『仮面ライダー』も、元は同じ「石ノ森作品」です。似ても仕方ない。

フィギュアライズスタンダード 仮面ライダーW サイクロンジョーカー 色分け済みプラモデル(提供:Amazon)

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

真赤な太陽!無敵ゴレンジャー

真赤な太陽!無敵ゴレンジャー

  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Prime Video
 
宇宙海賊現る

宇宙海賊現る

  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Prime Video