makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【関西ローカルネタ】京都のラジオのバリトンDJ

皆さん、ラジオはお聞きになっていますか?

筆者は、結構な頻度で聞いています。

朝日電器 ELPA(エルパ) AM/FMポータブルラジオ 大音量で聴ける大型9cmスピーカー ER-H100(提供:Amazon)

 

筆者がラジオを楽しむ場合、シチュエーションは様々。

上記画像の様な、「ラジオ受信装置」を使って聞く場合もあり。

小型音楽プレーヤー(MP3プレーヤー)に付属している受信機能を使う場合もあり。

カーラジオで聞く場合もあり。

ネット経由の受信アプリ「radiko」を使う場合もあり。

 

最も多く使っているのは、恐らく「radiko」でしょう。

パソコン仕事が多い為、そのお供にラジオ番組を流しています。

プレミア会員ではない為、筆者が住む関西地区のラジオ局のみ…ですが、それでも10

局を超えます。筆者にとっては、ボリューム十分。

 

----------------------------------

 

筆者が聴取可能なradiko登録局は、主に大阪・京都・神戸に拠点を置くラジオ局です。

そこに全国区の放送大学やNHK等が加わります。

なかなかの面子ですね。

 

その中でも、筆者がよく聞くのは、京都の放送局「エフエム京都」。愛称の「α-Station」の方が有名でしょうか。

α-STATION | FM京都 89.4 FM

 

京都に縁のあるDJさんを始め、結構な有名人の番組が多数放送されており、番組探しからして楽しい。

有名な方が沢山出演されていますが、関西地区以外の方でも御存知だと思われるのは、以下の方々なのではないか?…と。
(敬称略)

 

◆岡崎体育
◆UA
◆くるり
◆ヤバイTシャツ屋さん
◆10-FEET

 

上記は、ほんの一部。他にも名の知れたDJさんは多い。

 

----------------------------------

 

他方、「関西地区に根差して活動されている方が、番組DJをやっている」という話も多い。

これは、関西地区に限った話ではないでしょう。ご当地タレント的なDJさんは、全国にいらっしゃいますので。

 

そんなご当地DJさん方の中で、筆者が特によく番組を聞かせて頂いていた方がいらっしゃいます。

その方の名は、「佐藤弘樹」氏。

賢人の雑学 (知的シゲキBooks)(提供:Amazon)

 

同姓同名の役者さんがいらっしゃいますが、当記事で言及させて頂くのは、京都のラジオDJの佐藤氏です。お間違え無き様。

 

----------------------------------

 

佐藤氏は、長年「α-Stationの朝の顔」として活躍。ニュース解説&コラム中心の番組を担当されていました。

大変英語が堪能な方であり、時事ネタを独自の視点で解説する見識をお持ちであり、α-Stationで番組を持つ最古参として頼りにもされた方。

 

そして、とにかく声が渋い

バリトンサックスの様な響きのある声で、男女両方から人気がありました

音源を探してみましたが…残念ながら、公式と銘打って残っているものは見当たらない。

参考までに、「佐藤弘樹 α-station」で検索した結果は以下。いくつか動画がヒットしましたが、どれが正式なものか分からない為、個別に動画を埋め込みません。ご了承くださいませ。

https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%BC%98%E6%A8%B9+%CE%B1-station

 

----------------------------------

 

そんな佐藤氏ですが…残念ながら、2019年6月に、京都市内でお亡くなりになりました。享年62歳。

mainichi.jp(2019/6/18)

hochi.news(2019/6/17)

α-STATION(FM京都)の平日朝のラジオ番組「α-MORNING KYOTO」で25年余りDJを務めた佐藤弘樹(さとう・ひろき)さんが3日未明、肺がんのため京都市西京区の病院で死去した。

62歳だった。

 

葬儀は近親者で営み、17日の番組終盤で公表された

https://mainichi.jp/articles/20190618/ddl/k26/060/375000cより。改行は筆者によるもの)

 

亡くなる2週間ほど前まで、いつもの様にDJをされていた佐藤氏。

最後の放送でも、「フラフラですが、何とかやってます」といった感じは皆無。佐藤氏のプロ根性がそうさせたのでしょうか。

その為、佐藤氏の代打として、他番組のDJさんが番組を受け持つ様になった時、筆者は「ん? 何かあったの?」「編成が変わるの?」くらいにしか考えていなかった。

 

後日、佐藤氏の訃報を聞き、驚きました。

さすがに号泣とまではなりませんでしたが、「毎朝・当然に存在した声がもう聞こえてこない」と思うと、寂しい気持ちが湧いてきましたね。

 

----------------------------------

 

もし佐藤氏が今もご存命で、変わらず朝のラジオ番組を担当されていたら…

今の世界を見て、何を考え・何を言うのでしょう。

 

筆者が思うに…

コロナで大騒ぎになっている世間に対し、渋い声で「まぁ、ちょっと落ち着いて考えましょう」とブレーキをかけてくれる。そして、独自の切り口で世相を分析してくれる。そんな気がします。

 

どこか「仙人」みたいな感じのする方。それが佐藤弘樹氏。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

賢人の雑学 (知的シゲキBooks)

賢人の雑学 (知的シゲキBooks)

  • 作者:佐藤 弘樹
  • 発売日: 2016/07/13
  • メディア: 単行本