makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】アメリカ大統領選挙 in かわぐちワールド

現在、世間は「2020年アメリカ大統領選挙」の話題で持ち切り。

共和党の現職大統領・トランプ氏と、民主党のバイデン氏との戦いが続いています。

 

日本時間の「2020年11月5日・午前11時30分」時点での速報値は、バイデン氏が264・トランプ氏が214となっています。

このポイント(正確に言えば「選挙人数」)が270を超えた候補の勝利となる為、どちらも未達。バイデン氏が王手をかけた形で止まっています。

 

特に、今年は新型コロナの影響で、郵便投票の数が多い。

郵便票は州によって扱い方に差異があり、選挙戦にどこまでの影響を与えるか未知数。

結果如何では、法廷闘争に突入する可能性もあります。

いろいろと異色で異質。

 

開票作業は今も続いており、最後まで目が離せません。

本日中に大統領選の最終結果が出るのは…困難かも?

 

----------------------------------

 

大いに盛り上がるアメリカ大統領選挙。ここまで来ると、最早エンタメです。見応え抜群のネタ。

このネタを、エンタメ産業の関係者が放置するハズがない。アメリカ大統領選挙をモトネタにした漫画・映画・ゲーム等々、多数の作品が発表されています。

当記事では、その手のエンタメ作品の中から、リアル路線を追求した名作をご紹介します。

作品のタイトルは、『イーグル』です。

イーグル(1) (ビッグコミックス)(提供:Amazon)

(著:かわぐちかいじ/小学館)

 

『イーグル』は、今から20年程前の1997年頃に連載されていた漫画作品。完結済みで、コミックスは全11巻が発売されています。

作者は、『沈黙の艦隊』『ジパング』『空母いぶき』等のミリタリー漫画で良く知られている有名漫画家「かわぐちかいじ」氏。

 

『イーグル』は、純粋なミリタリーものではありません。

しかし、かわぐち氏の作品には、頻繁に政治描写が出て来ます。氏の得意分野を描く作品には違いない。

 

----------------------------------

 

『イーグル』は、アメリカ大統領選挙の内幕を描いた漫画です。

舞台は、連載時期と同じ1990年代のアメリカ。42代大統領のビル・クリントンの時代を下敷きにしています。

 

主な登場人物は、民主党の候補者の一人「ケネス・ヤマオカ」と、その番記者である「城鷹志(じょう・たかし)」。

この二人を中心に据え、「民主党の候補者選び」の時点から物語が描かれています。

イーグル(2) (ビッグコミックス)(提供:Amazon)

(著:かわぐちかいじ/小学館)

 

『イーグル』の面白いところは、「細部まで、リアル路線を追求している」という点です。

 

例えば、遊説に向かう前の下準備を描くシーン。

他作品であれば、「私は勝つ!」「民衆の支持を得る!」「輝かしい夢を語る!」といった、ザックリ&モヤモヤのイメージ描写で済ませるところでしょう。が、『イーグル』は違います。

「握手は、こうやればイメージアップになる」
「テレビ映えするスーツは、この色」
「話す相手によって、表情・態度・話題を使い分けること」

こんな感じで、物凄く地味な所から話を始めていきます。

 

政治家たるもの、一挙手一投足に至るまで考えつくされたものでなければ、トップになれない。

この思想をガチガチに追求するリアル路線は、他作品には無いものです。

 

----------------------------------

 

勿論、そんな細かい話ばかりではありません。候補同士の駆け引き、スキャンダル対応、政策論争…等々、大きな話から泥臭い話まで盛りだくさん。

中でも興味深いのは、対立候補(敵役)の持つ政策が凄いこと。

対立候補は「情報スーパーハイウェイ構想」を持っています。これは、インターネットの雛型みたいなもの。

 

この構想は、主人公側のケネス・ヤマオカ陣営に無いものです。

「ネットの普及」をメイン政策に掲げる敵。この敵を相手に、ヤマオカ陣営はどんな方法で戦っていくのか?

ここが、『イーグル』の見どころです。

イーグル(11) (ビッグコミックス)(提供:Amazon)

(著:かわぐちかいじ/小学館)

 

----------------------------------

 

『イーグル』では、対立候補がバチバチ火花を散らして戦います。

そのメインとなるのは、「情報戦」です。

 

いかに効果的なイメージアップを図るか?

相手を貶めるネガティブキャンペーンをどうするか?

不倫を始めとするスキャンダル。それらの追求を、どうやってかわすか?

敵の持つ情報を奪い、自分の手柄にするにはどう動くか?

…頭脳戦・諜報戦・メディア戦略を主軸にした、目に見えない殴り合い。リアル世界に通じるものがありますね。

 

 

現実の大統領選が熱を帯びる現在。

熱心にニュースをご覧になっている方は、『イーグル』も楽しく読んで頂けるでしょう。

興味のある方は、この機会に是非読んでみてください。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

イーグル(1) (ビッグコミックス)

イーグル(1) (ビッグコミックス)

 
イーグル(2) (ビッグコミックス)

イーグル(2) (ビッグコミックス)

 
イーグル(11) (ビッグコミックス)

イーグル(11) (ビッグコミックス)